逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観であり、特定の育毛方法の結果を推奨するものではありません。当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください。副作用が怖いチキンなブログ管理人がどこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます

サボリーノ シャンプー モイスト洗髪口コミ2018.12.17頭髪画像

 

※本記事内容はわたし個人の主観による感想が多くを〆ています。その旨ご了承ください。文中には広告リンクは一切ありません。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20181216090012j:plain 

こんにちは、ブログを更新します。

 

サボリーノシャンプーレビューをお届けします。

 

某イオン内のテナントでようやく買えたサボリーノシャンプー(しっとりモイストタイプ)

 

これまで使っていたシャンプーに区切りをつけ本日朝から使用。

 

まずそのサボリーノシャンプー(モイスト)で洗ったわたしの頭髪です。

 

※サボリーノシャンプーモイストの詳細記事です。

サボリーノシャンプーモイストの口コミや成分をレビュー - 逃げのAGA自己治療録

 

生え際・正面部分

f:id:shl77yuqdi4v:20181217191428j:plain

申し訳ありません。暗がりで撮ってしまったため、こんな写りになり恐縮です…

 

わかり辛い画像ですが‥髪のボリューム感が思った以上にアップします。

 

個人的にもこれはうれしい効果。素晴らしいです。

 

仕事で帽子を被るのがもったいないくらいのもの。仕上りは非常に満足です。

 

モイストタイプなのにブロー後の髪の感触はすごく「さらさら」です。

 

たしかにモイストな感触と思えるんですが、サラサラな髪に仕上がっているんです。不思議‥

 

ボリュームアップ効果がさらさらヘアーに思わせてるのかも。

 

しっかりと髪の根元から立ち上がり髪にハリを感じます。

 

帽子をかぶるのがもったない!!です。せっかく髪が整ったのにペッチャンコになりますから…

 

髪さらさら、ボリュームアップ、なのにモイスト感。

 

このサボリーノの独特な仕上り感。とてもいいものです。

 

髪の速乾性の感想

コンディショニング成分が頭髪を一本一本均一にコーティング。速乾性アップ、キューティクル保護、髪のハネやクセをおさえます。(サボリーノ公式HP参考)

 

〜といったサボリーノの特徴のひとつである「髪の速乾性」わたしは速いと感じます。

 

今年の夏にリニューアルしたharuシャンプーも髪の速乾性に優れます。

 

サボリーノは新しいharu kurokamiスカルプと同じレベル‥かな。

 

そう感じるこの両者はわたしの髪質に合っているのかも。

 

(仕上りの感想はここまで)

 

【こんな人は買うな!】haru黒髪スカルププロシャンプーを選んだ理由をクレーム覚悟で暴露する - 逃げのAGA自己治療録

 

サボリーノシャンプーモイストの使用感

ここからはサボリーノモイストで洗髪した感想になります。

 

泡の感触

ネットリした感触の液です。ジェルではなくふつうのローションタイプ。

 

泡立ち感

泡立ちは非常に良好。驚くほどのものです。

 

毛量的にわたしはワンプッシュで十分ですがそれでも「出し過ぎ!?」と思える泡立ちなので、びっくりしました。

 

豊富すぎる泡立ちで異様に洗いやすいです。ここまでのは未体験。

 

※よくシャンプーのテレビCMでモデルさんが頭皮をもみ込むように洗っていますが、あれが髪の本来の洗い方です。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180619134821j:plain

※画像はイメージです。

 

男性的なシャカシャカと髪をこすり合わせる洗い方は髪の表面であるキューティクルの剥がれや損傷につながりダメージヘアの原因にも。※髪の表面が傷つき、それで内部の大切な成分が漏れだしてしまうとイメージしてください。

 

サボリーノモイストの泡立ちなら髪をもみこむように洗うことが容易です。

 

やはり泡立ち感ってたいせつです。洗髪時の髪の保護にも。 

 

ダメージヘアが気になる方は洗髪時に注意してください。

 

サボリーノシャンプーモイストはアミノ酸系洗浄成分

サボリーノはアミノ酸系の洗浄成分です。

 

その旨公式HPにも記載があり「この成分がアミノ酸系の成分」といった風に表示されています。

 

以下に示すと、

 

・ラウロイルメチルアラニンNa

・ココイルメチルタウリンNa

・ココイルグルタミン酸2Na

・ココイルグルタミン酸Na

 

の4種類。

 

※アラニン系、タウリン系、グルタミン酸系とバラエティに飛んでますが、上記成分はヤシ油系の植物性のものです。

 

アミノ酸系シャンプーは主に洗浄成分がアミノ酸系とされるもので、マイルドな洗浄パワーで肌への刺激をおさえたものが一般的です。

 

「頭皮ケア」と銘打ったイマドキのシャンプーの洗浄成分の多くはアミノ酸系です。

 

そのマイルドな洗浄パワーは頭皮に必要な皮脂までを除去しない程度に、余分な皮脂分を落としてくれます。

 

※アミノ酸系とされる洗浄成分は配合数が多ければ多いほど洗浄パワーがつよいとは言えなさそうです。

 

サボリーノシャンプーよりも配合数が多いシャンプーも沢山ありわたしも経験済みです。ボタニストスカルプシャンプーあたり顕著です。

 

しかしながら、数も量もわずかな配合であっても堂々と「アミノ酸系洗浄成分配合」と掲げることができます。

 

アミノ酸系のシャンプーに深く感心がある方はしっかり成分チェックをされることをおすすめします。

 

デメリットも

いっぽうでアミノ酸系のデメリットとして泡立ちの乏しさがあり、ほかのシャンプーでそれを感じることもあります(水っぽかったり、シャバシャバだったり)

 

サボリーノシャンプーは泡立つ 

サボリーノシャンプーはアミノ酸系のイメージをくつがえすほどの豊かな泡立ちで洗いやすい。

 

アミノ酸系に加え、バラエティにとんだ各種保湿成分を配合している点も見逃せない特徴。

 

使用感および機能的にもすぐれている一本であると思います。

 

サボリーノシャンプーモイストの5つの特徴

今回つかったサボリーノシャンプーは5inシャンプーとの特徴があります。

 

それら特徴を以下に示すと、

 

1. シャンプー

2. トリートメント

3. コンディショナー

4. 頭皮ケア

5. ヘア速乾

 

これらの効果がサボリーノシャンプーに詰まっていると。

 

シャンプーとリンスが一緒になっているものは珍しくないけど、頭皮ケアと髪がすぐ乾くとの特徴は見かけません。

 

これらの特徴って何につながるのか⁉︎

 

やはり「時短」ですよね。

 

さらにはコストカットにも。これ一本で‼︎なワケですから(わかりやすいのが水道代)

 

※リンスが必要な方は別途ご用意ください。

 

サボリーノの個人的にイマイチな点…

 

サボリーノシャンプーって実物を改めて手に取ってみると、思いのほかパッケージにチャチさを感じます(メーカーさまには申し訳ありませんが)

 

安っぽいというか‥なんというか一昔まえの製品って感じを受けます(とくにボトル裏とか)

 

しかしながら安っぽいと感じても市販品ではハイクラス帯の1,512円(税込)という価格。サボリーノは許せてしまう仕上りの良さがありました。

 

頭頂部

f:id:shl77yuqdi4v:20181217191424j:plain

撮影場所が暗がりなため頭頂部の不安がカバーできています。(いまさら隠してもって感じですが)

 

このようなわたしの頭髪状況であります。

 

サボリーノシャンプーモイストのまとめ

よいシャンプーと思います。

 

リンスインではなくトリ・コンインという性質ですが、それもあって髪の手触りや感触は良好。

 

女性ではなく男性が試しているので、感覚のズレなどもあると思いますが、がんばってレビューしました。

 

わたしは毛量がすくなく薄毛でありますが、髪自体にクセはなく、極端に髪が細いこともありません。いたって普通?なストレート毛です。

 

記事内容が参考になれば幸いです。