逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観であり、特定の育毛方法の結果を推奨するものではありません。当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください。副作用が怖いチキンなブログ管理人がどこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます

haru kurokamiスカルプは失敗!?6つの変更点が合わない人はこれ読んで!!

スポンサーリンク

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180626185941j:plain

 

もくじ

 

発売5周年を機にharu黒髪スカルプ・プロをリニューアル

 

2018年で発売五周年をむかえるharu黒髪スカルプ・プロ。

 

それを機になんと7月10日(火)にリニューアルしました。

 

haru黒髪スカルプ・プロ⇒kurokamiスカルプへ。←リニューアルにつき、名前も変更に。

 

このharuシャンプーのような通販系シャンプーの製品リニューアルは非常に「まれ」です。

 

市販品、通販品問わずに多くの製品が作りっぱなしであるのが実情であるなか、2017年には100万本を突破しているharu黒髪スカルプ・プロ

 

もう通販媒体だけでは収まらないような予感もします。この人気は。

 

さっそく次項でharuシャンプーのリニューアル点をみていきましょう。

 

旧haru黒髪スカルプ・プロとの変更点

 

これまでの400mlの内容量と価格はそのままに、haruならではの品質をさらにアップデートしました。

 

すでに5年まえとなる旧haruシャンプーにはなかった最新技術&成分が新たに追加されkurokamiスカルプとなったのです。 

 

新しくなっても「たいせつなもの」は変わらない

 

得るものばかりという今回のharuシャンプーのアップデートですが、じつは5年前から「変わらないもの」もあるんです。

 

それはharuが掲げている「100%天然由来の素材・10の無添加」です。

 

ここは変わりません。ちいさなお子さまとも一緒に使えるよう配慮は製品が新しくなっても忘れていません。

 

※100%天然由来の素材、10の無添加の詳細。

 

  • シリコン
  • 合成ポリマー
  • カチオン系界面活性剤
  • 石油系界面活性剤
  • 合成香料
  • 合成着色料
  • 鉱物油
  • 紫外線吸収剤
  • 合成防腐剤
  • 合成保存料

 

が不使用です。やさしいまま、うれしいままです。

 

このようにユーザーのプラス要素だけを考えて製品造りをするharuシャンプー。

 

お世辞でもなんでもなく、わたしは今回のリニューアルニュースからそれを再確認しました。

 

kurokamiスカルプへ、6つのアップデート内容

 

今回のkurokamiスカルプへのアップデート内容を確認していきましょう。

 

ポイントをまとめると以下のとおりになります。

 

頭皮の汚れをスッキリ落とす!
リンス、コンディショナー不要。それでいて使用感はバツグン
5年、10年後も美しく艷やかな黒髪をキープ
新成分「欧州ホップエキス」にくわえて、8種のボリュームアップ成分で芯からフンワリ!
毎日の紫外線ダメージをケアして、カラーの色持ちもUP!
頭皮のニオイ・フケ・かゆみにもう悩まない!

 

ひとつずつ次項でみていきましょう。

 

最新技術で頭皮洗浄をよりアップデート

 

まず頭皮の汚れをすっきり落とす!ですが、ソープナッツエキス&ヤシ由来の天然の洗浄成分による頭皮洗浄が本品のキモとなります。

 

さらにこの配合の比率はharu独自のものとなっています。

 

※ソープナッツエキスとは木の果実です。

 

注目はサポニンという成分。

 

ソープナッツの果実や果皮に含まれているサポニンは天然の界面活性剤として古くから用いられています。

 

洗顔料にも配合され、多くの製品が販売されている信頼ある成分です。

 

最新技術によりマイクロカプセル化されたアミノ酸3種類がうるおいキープに貢献(こうけん)します。

 

haruシャンプーはもちろん男性もOKですが、それでもユーザーの多くは女性です。

 

そのため、より一層の頭皮ケアを実現する必要がありました。

 

今回のkurokamiスカルプはその理想をさらに突き詰めたもの。

 

頭皮の汚れや余分な皮脂はかゆみやフケ、臭いなどの頭皮トラブルにつながります。

 

汚れだけをスッキリ落としたいのに、うまくいかない‥シャンプーが合ってないのかなぁ?といった経験ありますよね?

 

そのひとつの原因として洗浄力のつよさが挙げられます。

 

頭皮の質やつよさは人それぞれ。それだけに過剰な洗浄力のつよさが頭皮トラブルを引き起こす原因にもなりかねません。

 

※この点は大手の製品でも心配ないとは言えないと思います。わたしは以前、テレビCMされている人気のシャンプーを買いましたが、それには刺激の強いとされる硫酸系成分がダブル配合されていました(ラウレス&ラウリルどちらもです。しかも成分表には「水」の次に記載されるという)

 

リニューアルされたkurokamiスカルプは、わたしたちにとってさらに「やさしいシャンプー」を目指しています。

 

どれくらいやさしいかは使ってみないとわかりません。私も楽しみです。

 

リンス不要

 

まずこれまでのharuシャンプーで好評だった「リンスがいらない」

 

これは新しいkurokamiスカルプも同様です。

 

リンス不要なシャンプーはこれまでもありましたが、この手の製品はバランスが取るのが難しく、「洗う」あるいは「仕上がり」のいずれかに不満を持つ方が多いのが実情です。

 

新しく生まれ変わってもharuはリンス不要です。

 

さらにリニューアルされたharuシャンプーは髪内部の水分をキープすることと保湿力を大切に考え、髪にうるおいを与えます。従来のノンシリコンとは一味違った、なめらかな指通りの髪にみちびきます。

 

※あくまで私個人の感想として、私は旧haru黒髪スカルププロの使用感は好みではありませんでした。ボソボソしたような洗い心地が受け入れられなかったのです。

 

リニューアルした黒髪スカルプの使用感に期待します。

 

つづく未来へ、つややかでうつくしい黒髪を保つ

 

ビタミンとちがい体の構成成分になっているミネラル。体内では合成できないものでもある。

 

わたしたちの髪の毛、とくにうつくしい黒髪に欠かすことのできないミネラル。

 

haruシャンプーは豊富にミネラルを含んでいる海塩や海藻エキスを配合。それによりシャンプーから直接摂取できるのがミソなんです。髪もうれしい。

 

さらに従来品では4種だった黒髪ケア成分を、kurokamiスカルプは6種に増やしました。

 

目玉の欧州ホップエキスを追加配合

 

これまでのharu黒髪スカルプ・プロは育毛も見据えて、登場したばかりのキャピキシルをいち早く配合しました。当時、最新の育毛成分としてキャピキシルは騒がれたものです。

 

このキャピキシルという成分は、医学的にも発毛効果が認められAGAクリニックでも処方されているミノキシジルの3倍の効果とうたわれるもの。

 

キャピキシル配合の育毛製品は非常に高価です。※ミノキシジル、国内ではリアップシリーズが有名です。 キャピキシルはさらに高価。

 

リニューアルされた黒髪スカルプではこのキャピキシルに加え、欧州ホップを追加配合。

 

欧州ホップは脱毛を促す男性ホルモンの一種「5αリダクターゼ」を抑制する効果が見込めるものとして、育毛系の化粧品にも広く配合されています。

 

旦那さんやパートナーにとってうれしいメリットですね。高品質は伊達ではありません。

 

日々の紫外線ダメージをケア、カラーの色持ちも

 

私たちの身体でお日様に一番近いのは頭皮です。

 

顔の2倍以上の紫外線を浴びる可能性にさらされる頭皮をkurokamiスカルプがやさしくケアします。

 

もともと旧製品には沖縄産のハイビスカスエキスが配合されており、ハイビスカスに含まれている「植物性ヒアルロン酸」の抜群の保湿力に定評がありましたが、以下の、

 

  • カボスエキス
  • コーヒー種子エキス
  • グアバ果実エキス

 

などをこの度追加配合し、髪の酸化を抑えダメージ保護に貢献。

 

さらにマテ茶エキスも加え、カラーの色持ちにも効果が。

 

頭皮のニオイ・フケ・かゆみにも

 

とつぜんですが、スメハラの原因にならないよう気をつけたいものです。

 

暑い夏や気温の高い日、ふいにいや〜なニオイがニオってきませんか?

 

空調やエアコンのそばに頭のくさい人がいるとエアコンの風に乗ってニオイを周囲にまきちらす恐れがあります。

 

頭のにおいが気になっている人は、すでに頭皮が臭っているのかも。

 

頭のにおいは頭皮の皮脂が酸化して発生するものです。

 

髪と頭皮を洗うものがシャンプー。それだけに、においケアにも大切なものです。

 

シャンプーを適切にえらび、日々洗うことで臭いケアにつながります。

 

新しくなった黒髪スカルプには、「飲むサラダ」とも評されるマテ茶葉発酵液を配合(マテ茶を発酵させたもの)

 

さらにサトウダイコンやヤシから抽出した天然の成分で、紫外線などや洗いのこしによる雑菌の増殖を抑制(よくせい)。フケ防止へ役立ちます。

 

セロリ種子エキスのチカラでかゆみ防止に。スキのないシャンプーとなっています。

 

体臭については風当たりが強い社会に年々なっています。

 

国内外とわずスメハラ事例もネットニュースで目にしますし、とくに満員電車内の体臭のキツい人への苦言もSNSで目にします。しっかりケアしたいものです。

 

さいごにkurokamiスカルプは買いか!?

 

従来のharu黒髪スカルプ・プロでも「高性能・高品質がウリ!!」でしたが、今回kurokamiスカルプへリニューアルし、さらに品質が向上しています。

 

(リニューアルにつきエイジングケア成分が計33種類に。公式HPより)

 

6つもリニューアルポイントがあるなんて太っ腹ですよね。

 

5年という販売期間はダテじゃなく、しっかり製品を提供しながら「さらに良いものを」という意識を忘れずに、今回のkurokamiスカルプとして新しい形にしたメーカーさんに感謝です。

 

もともとシャンプーのキモである洗浄力ですが、今回のリニューアルで柔軟性がさらに増し、多くの方の頭皮にマッチできるような改良を目指したと受け取れます。

 

わたし個人的にさらにプラス要素になったと感じたのは欧州ホップの追加配合ですね。

 

キャピキシルに目を付けたセンスもさることながら、それはもう5年まえのこと(さすがにあのリアップのおもな成分であるミノキシジルをシャンプーに配合するのは、いまでも困難でしょう)

 

こうなると新しいharuシャンプーは、もはやただのシャンプーではありません。

 

立派な頭皮ケア製品と言えるのではないかと。シャンプーというくくりではとらえられない予感がします。

 

昨年ですでに100万本を突破しているharu黒髪スカルプ・プロ、それだけ利用された方がいます。

 

今回のリニューアルに期待されている方も多いことでしょう。現役の美容師さんや美容ライターさんのチェックもすごく気になります。 

 

スポンサーリンク