逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観であり、特定の育毛方法の結果を推奨するものではありません。当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください。副作用が怖いチキンなブログ管理人がどこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます

外用ミノキシジル一番人気は15%のフォリックスFR15

 

※本記事中には広告リンクは一切ありません。過去記事へのテキストリンクがあります。


フォリックスFRシリーズ、自己責任でAGA改善を目指す方にすっかり受け入れられた印象です。

 

ポラリスなき後、とってかわる外用ミノキシジルは数少ないもの。

 

ほかにはドクターゼロやロゲイン(カークランド)、リグロースラボといった製品がある中、往年のポラリスを彷彿とさせるラインナップはフォリックスFRシリーズのみ(記事作成時点で)

 

フォリックスシリーズでもとくに人気の高い製品は10%以上のミノキシジルに絞られそうです。

 

その理由は「高い濃度である」こと。FR15が一番人気と言えそうです。

 

おもえば、ミノキシジル15%外用剤はわたしが塗りミノをしているころから人気がありました。

 

例をだすと

 

・ポラリスNR-09

・ジェンヘアー15%ミノキシジルローション

 

わたしはNR-09は未購入・未体験でしたが、ジェンヘアー15%ミノキシジル〜は愛用していました⇒AGAをミノキシジルだけで戦った273日間の軌跡@Genhair M15まとめ - 逃げのAGA自己治療録

 

わたしが15%ミノキシジルローションを選んだ理由は、高い濃度による発毛への期待と、価格の安さです。

 

NR-09とジェンヘアーM15は大きな価格差はないものの、値段はジェンヘアーが安かった。それが理由です。

 

※ポラリスは成分的にこだわりが感じられ、豊富な成分配合が魅力でした。一方のジェンヘアーは「ミノキシジル混じりっけなし」という印象でした。

 

幸いにもポラリス、ジェンヘアーともに名前はかわりましたが復活していると言っていいでしょう。

 

・NR-09⇒フォリックスFR15に
・ジェンヘアーM15⇒リグロースラボM15に

 

さて、この外用ミノキシジル15%の効果のほどは?ということですが、わたしはM15の経験がありますが、やめてしまったことへの後悔はあります。

 

なぜやめたのか?それはミノキシジルの副作用への不安の大きさがありました。

 

やはりジェンヘアーM15の使い始めは色々と不安要素があった(過去記事参照)

 

すぐに慣れたのですが、ある期間を境に見切りをつけてしまった。これからは、別の方法を模索しようと。

 

しかし、逆をいえば効果に満足していたのかも知れません。だからべつの方法を模索した、ともいえる。(チキンな性格もありますが)

 

フィナステリドに続き、ミノキシジルすらもやめてしまった。

 

それからまたノコギリヤシにもどったり、非ノコギリヤシサプリメントであるモサインに移ったりと色々ありながらここまで来ています。

 

フォリックスFR15といったミノキシジル15%外用剤はどうなのか?

 

わたしはもうミノキシジルをやるつもりはありません。

 

どうしても気になるならオオサカ堂のカスタマレビューなどを数多くチェックして情報を精査することをおすすめします。いきなり注文するのはやめてください。

 

※本記事内容はわたし個人の主観による感想が多くを〆ています。ご了承ください。