逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観であり、特定の育毛方法の結果を推奨するものではありません。当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください。副作用が怖いチキンなブログ管理人がどこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます

フォリックスFR15は大丈夫!?メリット・デメリットを考察

スポンサーリンク

 

こんにちは、ブログを更新します。

 

今回はボラリス後継と評されるフォリックスFRシリーズのミノキシジル15%外用剤FR15についてわたしが興味を持った点や、気になる点、調べたことを以下に列挙します。

 

さっそくいきましょう。フォリックスFR15について。 

 

ミノキシジルにくわえ、いま人気のアデノシンも配合されています(資生堂アデノゲンなど)

 

ミノキシジル15%の威力に期待。

 

ローションタイプとありますが、なんてことはないスプレーです。整髪料感覚で日々愛用できます。

 

一回の使用にあたり5プッシュ、それを一日2回しっかりと。頭に吹いたあとは4時間以上洗髪をしないことがキモ。

 

もともと心臓が弱い方、血圧を下げる薬を飲まれている方の使用はNGです。

 

15%という高濃度なミノキシジルのため、低温状況下で保管すると液が固まるおそれも。

 

万が一固まった場合、湯煎などで温めて液を戻して使えます(湯煎などで熱を与えて液を戻しても影響はないと製品説明にある

 

15%ミノキシジルなため、ポラリスからの引き継ぎという意味でフォリックスFR15に移る方も多い。

 

ポラリスNRと比べて使用感は後発製品のフォリックスの方が良いとするひとも(しかしながら使用後の髪のバリバリ感やベタつきは残るようです)

 

ほかのミノキシジルローションでは吹いたあとが白くなるものもありましたが、フォリックスは白くなりにくいよう。

 

眉毛に試す人も。

 

濃度に関係なく外用ミノキシジルの使用で頭皮が炎症を起こしたりかぶれたりする人もいますが、フォリックスFRはポラリスよりも後発なため、配合成分に期待感が持てる(わたしはポラリス08の使い始めにかゆくなった経験があります)

 

某タレントさんが推すタイ製の100%天然成分の育毛剤も期待できそうだが、とても頭に塗れたものじゃないという仕上がりになります。※経験済み。

 

その点フォリックスFRミノキシジルは使用感に優れていると期待できます。

 

高濃度なミノキシジルなため生え際、前頭部に用いる方も。クリームタイプとローションタイプで使い分ける必要も。

 

以前から変わらず内服と外用というダブル効果で発毛にいそしむ方も多いよう。

 

単純にリ○ッ○X5の三倍の濃度であることが大きい。そもそもフォリックスは価格も安く、送料もかからなくて良い。

 

海の向こうから届くので入手するまで日数がかかるのがネック。すぐほしいというせっかちな人にはマイナス点です。

 

フォリックスとリグロースラボで同じ15%ローションがあり迷っている方も。

 

(以前のポラリス、ジェンヘアーのようなもの。わたしはどちらも使ったが大きな違いは実感できず。どちらでも良いと思う。)

 

 

スポンサーリンク