逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観であり、特定の育毛方法の結果を推奨するものではありません。当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください。副作用が怖いチキンなブログ管理人がどこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます

フォリックスFR10が最適!!と思える方はこの口コミと副作用談をご覧下さい

 

フォリックスFR10でAGAに望む

外用ミノキシジルで国内外関係なく選ぶのならばフォリックスがもっとも人気の製品だと思われます。

 

理由は

 

・最大16%の高濃度ミノキシジル

・ミノキシジル濃度の選択肢が幅広い

・国内ミノキシジル外用剤よりも安価

 

に集約されます。

 

国内のものとはモノが違います、まさに。

 

高濃度でいてリーズナブルという日本で例えるとユ〇クロのような印象をもちます。

 

 

フォリックスFR10の副作用

※この項目はフォリックスFR10を使っての内容ではなくわたしの過去の外用ミノキシジルについての感想ということでお願いします。

 

ミノキシジルの副作用については検索すると様々なケースがあることがわかります。

 

わたしもミノキシジル、フィナステリドどちらも外用剤での経験があります。副作用らしからぬ症状を感じたこともあります。

 

あくまでわたしのケースでは、


・頭皮の痒み

・息苦しさ 


です。この症状はとくにミノキシジル使用時に感じたものです。

 

いずれも「深刻なもの」ではありませんでしたが、とても不安になったのをおぼえています。

 

なにせ、どちらもこれまで生きてきて感じたことのない症状だったので、余計に不安になったワケで。

 

外用剤でこれなのだから、内服なんてとてもじゃないなとも思いました。

 

幸い、かゆみも息苦しさも使い始めにみられただけで、ずっと続いたワケではなかったです(あくまでわたしのケースですが)

 

なにより怖かったのがP.F.Sです。

 

わたしが五年前にミノフィナに興味をもち、ネットで情報を集めていたころ、たびたびあがる副作用で怖いと思ったのがP.F.Sです。

 

それだけにフィナステリドはやりたくないのが本音でした。

 

※のちにノコギリヤシと亜鉛のサプリメント→外用フィナステリドとやりますけども。内服のフィナステリド、ミノキシジルの服用経験はありません。

 

 

フォリックスFR10の口コミで気になるものは?

フォリックスの口コミは製品名で検索すると実際につかって育毛された方々の口コミ記事がたくさん出てきます。

 

実践的な内容が多いのでご自身に合う、求める内容にあたるまで口コミを検索するのが良いと思います。

 

それともうひとつ。

 

フォリックスを取り扱っているオオサカ堂やアイドラッグストアーでも購入者によるカスタマーレビューが数多く投稿されています。

 

そちらも合わせてチェックすることで、フォリックスFR10をはじめとしたフォリックス・ミノキシジルの詳細をより理解できます。

 

海外製でかつ個人輸入代行サイトを介しての入手になるため、こういった口コミ情報はとても大切です。

 

いくつかフォリックスFR10の口コミ情報を紹介します(そのまま内容を転載するのはよくないので要約した形で取り上げます)ここから↓↓↓

 

・ポラリスを愛用していたが終了してフォリックスになったのでそのまま移行。なにも問題なし。

 

・国内の某リ○ッ○からステップアップしました。まだ使い始めですが、よい感触です。

 

・液の感じで強力そうなのが伝わります。においが少し気になります。

 

・頭頂部が薄いのでローションタイプを選びました。国内は5%どまりなので不満でしたが、フォリックスはさらに高い濃度で期待してます。

 

 

フォリックスFR10は頭頂部に適しているか?

フォリックスにはローションとクリームがあり、頭頂部の使用に適しているのはローションタイプではないでしょうか。

 

本人の薄毛の状態に影響しますが、丸っきり髪がないならまだしも、薄い程度であれば、フォリックスFR10を適切に使うことでAGAに立ち向かうことが可能です。

 

液体のミノキシジルをスプレーするワケでして、広範囲にアプローチできます。一回あたり5プッシュしてください。

 

 

フォリックスFR10の使い方

用法は製品説明にあるとおりです(スプレーは一回あたり5プッシュ)一日二回使用します。

 

朝晩と使うのがセオリーです(スプレー、クリームともに)

 

使い方というほどだいそれた方法ではありませんが、スプレーはローション(液体)なため、広範囲にワイドに飛びます。

 

クリームは一箇所にとどまる性質。ミノキシジル濃度としてはフォリックスFR16がシリーズ最高濃度なので効果も期待できる一品です。

 

クリームタイプのFR16は気になる箇所にクリーム液を直接塗りこみます。

 

わたしは前進ともいえるポラリスNR16クリームタイプの経験があります。

 

ミノキシジルクリームの使用感は「独特」のひと言。

 

ミノキシジルをクリームにしたらこんな感じなのか!?と言わんばかりの使用感です。いわゆるオロナインやムヒなどとは異なり、ホントに頭皮にすり込む感じです。

 

キャピキシルのボントレスローション(ボントレスヘアセラム)とも使用感は異なります。キャピキシルは液にみずみずしさを感じます。

 

キャピキシルは透明でしたが、ミノキシジルは塗った箇所に色が残ります。

 

そのため出先にフォリックスFR16を塗って外出する…というのは控えたほうが無難です(とても目立ちます)

 

海外製外用ミノキシジルのパイオニアだったポラリスNRの後継とされるフォリックスFRシリーズ。

 

その中でもフォリックスFR10への注目度が高まっています。なぜでしょうか?調べてみました。

 

フォリックスFRシリーズは外用ミノキシジル。使いやすいスプレータイプと、おもに生え際に塗りやすいクリームタイプの二種類があります。

 

クリームタイプは最高濃度のフォリックスFR16のみ。そのほかはスプレータイプです(シャンプーもあります。フォリックスだけにミノフィナ配合もあり)

 

 

フォリックスFR10はアマゾンで買えるの?

Amazonって海外の製品も普通に買えるんですよね。

 

わたしも海外製のリジンや亜鉛、シトルリンなどをAmazonから購入したことがあります。通常の国内の通販と全く同じに海の向こうの製品が注文・購入できます。

 

ということでアマゾンでフォリックスは買えるの?という問いですが「買えます」

 

買えるのですが、フォリックスでも「ルグゼバイブ」のみです。

f:id:shl77yuqdi4v:20190319195344j:plain

※Amazonフォリックスルグゼバイブの商品説明ページよりキャプチャーしたもの。 

 

FRシリーズのミノキシジルはありませんでした(記事作成時の情報です)

 

 

フォリックスFR10の効果

愚問でもありますが、なにを期待してフォリックスを使うのか?ってことですよね。 

 

 

フォリックスFR10は汗に弱い?

ローション・クリームとタイプが二つあるフォリックス。

 

汗が気になる方は良いカンをしていると思います。

 

激しい運動をして汗をかくと不安ですよね。

 

もちろん、汗の量にもよりますが。

 

フォリックスも同様でやはり気になる程度ではあると思います。

 

この日は運動をするという日は無理に使わないほうが無難だと思います。

 

 

フォリックス1日1回はダメです

これは用法どおりを守ってください。フォリックスは1日2回の使用です。

 

1日1回では足りないということです。

 

 

フォリックスの選び方

外用ミノキシジルの選び方は自己責任でやる人は悩まれるポイントです。

 

わたしも悩みました。はじめての外用ミノキシジルはポラリスNR-08。ミノキシジル7%のものでした。

 

のちにミノキシジル12%にステップアップするのですが、はじめての1本は悩みました。

 

最初から高濃度タイプは怖いし、やめてしまったら無駄になるので、ちょうどいい濃度にしました。

 

 

ポラリスとフォリックスの違い

違いが気になるのもわかりますが、ポラリスがなくなってフォリックスに移行になったようなものです。

 

どちらか選べるのならいいですが、いまはフォリックスが残ってポラリス終了という状況です。

 

それでも言うなら個人的にはポラリスNRの方が成分的に良さそうな印象を受けます。

 

シャンプーはフォリックスが選びやすくグッドです。ミノフィナ、キャピキシルと選べる点が。