逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観であり、特定の育毛方法の結果を推奨するものではありません。当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください。副作用が怖いチキンなブログ管理人がどこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます

コラージュフルフルプレミアムシャンプー口コミ&洗髪レポートも!!

 

※本記事内容はわたし個人の主観による感想が多くを占めています。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20181126180317j:plain

 

頭皮?髪の毛?どっちかわからないけど、なにやら頭の方から異臭が…

 

そんな経験ありませんか?

 

たとえば、しゃがんでから立ちあがったときや、エアコンなど空調の風を浴びたとき。

 

まわりにだれもいないならまだしも、ひとが密集するところにいるときにそんなニオイを感じたらすごく不安になりますよね。

 

ニオイは目に見えないけど鼻でわかるもの。

 

毎日頭を洗ってるのになぜニオイがするの‥?

 

そんな女性の頭皮の臭いケアに新製品のコラージュフルフルプレミアムシャンプーがオススメです。

 

その理由を以下に記していきます。よろしくお願いいたします。

 

まずは頭皮の臭い対策について説明します。

 

頭皮のニオイ対策ってどんなの?

f:id:shl77yuqdi4v:20180621214239j:plain

頭のにおいは主に頭髪と頭皮のにおいが混合されたもの。

 

さまざまな原因が複合されており、単一の方法では消臭が困難です。

 

そのため頭髪と頭皮、その両方をケアしなければなりません。

 

現状は頭のにおいを抑える薬はありませんし、頭用の消臭剤も市販されていません。

 

シャンプーは、必然的に高品質で特化したものを選ぶ必要があります。

 

40歳を過ぎると女性ホルモンが低下、加齢臭がキツくなっていく

f:id:shl77yuqdi4v:20181117141212j:plain

※画像はイメージです。

 

男性ならではの「おやじ臭い」というあのニオイ。

 

あの原因が加齢臭と言われる昨今。

 

加齢臭=男性というイメージが世間一般にありますが、じつは加齢臭が起こる仕組みは男女共通です。

 

女性は化粧品や服装に気をつかっている人が多く、ニオイが男性より目立たないだけ。

 

実際には加齢臭が出ている方も多いのです。

 

女性がなぜ加齢臭!?と驚かれる方もいらっしゃるでしょう。

 

それには「ホルモン」が影響しています。

 

女性らしさを保つための女性ホルモンは35歳を超えたあたりからホルモン分泌量が徐々に低下しはじめます。

 

そして40代ごろから急激に減少していく。女性の加齢臭の要因は女性ホルモンの減少が大きく関わっています。

 

皮脂の分泌は男性ホルモンと女性ホルモンのバランスにより分泌量が変わってきます。

 

・男性ホルモンが多い⇒皮脂分泌が多くなる。

 

一方の女性ホルモンは皮脂分泌をおさえる働きをします。

 

つまり、女性ホルモンが大きく低下しだす40代はホルモンバランスが崩れやすく、男性ホルモンが優位になりやすい傾向がある。

 

そのため、皮脂分泌が盛んになり、頭皮に皮脂が多くでてしまうことにつながるのです。

 

皮脂分泌がもっとも多いのが頭皮

 

その原因は加齢によるもの。

 

女性は更年期前の40代あたりからニオイが発生してくる。

 

その発生のメカニズムはひと言でいえば加齢になりますが、その発生するニオイの強さは個人差があります。

 

そのため「私のにおいは大丈夫!?」と余計に敏感になってしまうもの。

 

気になる臭いの原因はノネナールと言われる物質。

 

ノネナールは体中にある皮脂腺から分泌されます。

 

皮脂腺の分布は多い順に頭⇒顔⇒手足となっています。

 

本来、皮脂腺は男性ホルモンが分泌を刺激し、女性ホルモンが分泌を抑えることでコントロールされ、つりあいが成り立っています。

 

前述しましたが女性の場合、35歳あたりから女性ホルモンが減少。

 

そのぶん男性ホルモンが優位になり、皮脂分泌が盛んになります。

 

すると皮脂の中にパルミトオレイン酸が増加し、それとともに過酸化脂質という物質も増加します。

 

その二つが結びつくことにより加齢臭の原因物質ノネナールが発生。

 

そのノネナールが空気中の酸素により酸化し、ニオイがさらに強くなります。それが加齢臭となるのです。

 

文字通り加齢臭は加齢によるもの。

 

個人差こそありますが、体臭はデリケートな問題なだけに、性別問わずだれもがケアしなくてはならないものです。

 

効果的な洗髪は!?どう洗えば防臭につながる?

f:id:shl77yuqdi4v:20180727184511j:plain

主に以下の3つを意識しましょう。

 

1.シャンプーで洗いすぎない

 

皮膚の表面にいる「常在菌」を根こそぎ洗いすぎないことがたいせつ。

 

表皮ブドウ球菌がいなくなると、ニオイを発生させる黄色ブドウ球菌が増えます。

 

そのためニオイが発生しやすい環境になります。

 

※シャンプーする回数を増やすと皮膚の表面にいるニオイをおさえる常在菌まで除去してしまいます。

 

※さらにシャンプーの回数が増える=「頭皮に必要な皮脂が少ない状態」が長くつづいてしまうことにもなります。

 

1日に何度も洗髪することはさけましょう。

 

2.頭皮の皮脂をとりすぎない

 

女性の頭皮は男性にくらべて皮脂分泌がそれほど多くはありません。

 

そのためシャンプーの洗浄力がつよすぎると頭皮の皮脂を根こそぎ除去してしまいます。

 

その結果、頭皮が乾燥し皮脂の分泌が過剰になり、フケの原因やノネナールの発生につながります。

 

そうならないために、頭皮の皮脂をコントロールすることが大切です。

 

3.ゴシゴシ洗いをさける

f:id:shl77yuqdi4v:20180619134821j:plain

頭の汚れはチリやホコリ以外にも余分な皮脂や雑菌などいろいろです。

 

とくに女性は毎日シャンプーしないと気持ち悪く感じるし、精神的にも不安です。

 

普段なにげなく頭を洗っていると思いますが、多くのひとがゴシゴシ洗いをしています。

 

それも無意識に(クセになっている)「洗うことはそういうもの」と多くの人が思っているのです。

 

しかし、それはおおきな間違いです

f:id:shl77yuqdi4v:20180621214657j:plain

シャンプーのCMをイメージしてください。

 

CMで髪をゴシゴシ洗っているモデルさんはいません。CMのひとは頭皮をもみこむように洗っています。

 

髪をゴシゴシ、シャカシャカとこすりつけると髪の表面のキューティクルにダメージを与え、表面がはがれたりすると同時に髪のダメージにもつながっていきます。

 

さらにゴシゴシ洗いは頭皮を傷つける原因に。今日からやめましよう。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20181128120341p:plain

洗浄力が強いシャンプーは頭皮に必要な脂分までおとします。

 

失った脂分はじきに供給されますが、すぐにではなく時間がかかります。

 

そのあいだは頭皮の皮脂バランスが不安定になります。

 

※頭皮の脂分はいわゆる肌のバリア機能のひとつです。

 

頭皮タイプも人それぞれ。乾燥タイプだったり、オイリーだったり。

 

皮脂のバランス量がくずれることは不安定な頭皮コンディションに拍車をかけます。

 

前述したとおり、女性は男性よりも皮脂分泌が抑えめ。

 

シャンプーの洗浄力が強くなくても十分に洗えます。

 

アミノ酸系洗浄成分配合のシャンプーは洗浄力がひかえめ。肌にもやさしいシャンプーです。

 

毎日洗う頭と髪。そのために頭皮の皮脂コントロールが上手にできるシャンプーを使いましょう。

 

結果としてニオイ軽減にもつながります。

 

アミノ酸系シャンプーが人気な理由

f:id:shl77yuqdi4v:20180621213439j:plain

<まず頭皮について>

 

アミノ酸シャンプーは洗浄成分にアミノ酸系の界面活性剤を使用しています。

 

弱酸性のやさしい洗浄力のため、髪や頭皮への刺激もすくない。

 

その理由のひとつにわれわれの肌の表面はpH(ペーハー)5~6の弱酸性であることは有名です。

 

アミノ酸系シャンプーはできるかぎり肌のpHにちかい状態で洗浄能力を発揮できるように工夫されています。

 

そのため頭皮の皮脂腺を過度に刺激せず、頭皮と髪をやさしく洗えるのです。

 

・以下のふたつがアミノ酸系洗浄成分とされる代表的なもの。(ほかにもあります)

 

・ラウロイルメチルアラニンNa(医薬部外品はラウロイルメチル-β-アラニンNa液)

・ココイルグルタミン酸Na

 

化粧品扱いのシャンプーは本来「配合量が多いもの順に記載」されています。

 

水(精製水)の次にこれらの記載があればアミノ酸系として安心です。

 

洗浄力も石鹸シャンプーや石油系シャンプーなどよりもマイルド。皮脂腺への刺激もひかえめ。

 

よってアミノ酸系洗浄成分のシャンプーは、頭皮の皮脂分泌がすくない女性にとって魅力的なシャンプーと言えるでしょう。

 

そもそも人体の素となるたんぱく質はアミノ酸で構成されています。

 

アミノ酸系のシャンプーを使うことにより、肌の酸化や炎症をおさえる以外に肌をうるおす作用もあるため、頭全体を洗いながら頭皮の状態を整えることにもつながります。

 

※コラージュフルフルプレミアムシャンプーには前述の「ラウロイルメチル-β-アラニンNa液」が配合されています。

 

さらにコンディショニング成分として「塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース」を配合。シャンプーだけで髪なめらか。

 

髪についてのおさらい

f:id:shl77yuqdi4v:20181117181751j:plain

※画像はイメージです。

 

人間の体の多くはたんぱく質で出来ています。

 

もちろん毛髪もたんぱく質で出来ており、その割合は80%~85%程度とも言われています。

 

たんぱく質は小さな分子のアミノ酸が集合してできたもの。

 

髪は18種類のアミノ酸が結合した硬質のたんぱく質である「ケラチン」により構成されています。

 

水分量をどれだけ保っているかは肌だけでなく髪にとっても大切です。

 

髪の水分をたもつにはキューティクル(毛表皮とも)と呼ばれる毛髪表面の組織で、アミノ酸はキューティクルの保湿成分にもなります。

 

シャンプーの洗浄力

洗浄力がつよい成分として、硫酸系・スルホン系と呼ばれるものがとくに有名です。

 

これらの成分はボトル裏にある成分表をチェックすることで配合されているかがわかります。

 

シャンプーの洗浄剤とも言われる界面活性剤。

 

相反する水と油をつなぎとめる役割をもつ界面活性剤はおおきくわけて4種類あります。

 

そのなかの陰イオン系(アニオン系)界面活性剤の硫酸・スルホン酸系は高い脱脂力、タンパク質変性について叫ばれる成分です。

 

硫酸系は、

 

・ラウリル硫酸Na(ナトリウム)

・ラウレス硫酸Na

 

などがありこの二つはネットでもとくに有名。

 

化粧品・シャンプーには粒子が大きいラウレス~が配合されることが多いようです。

 

文字通り、硫酸と書くだけに"硫酸(りゅうさん)"です。

 

これらは髪の素でもあるタンパク質への融解作用もつよく、髪によい影響をあたえません。

 

スルホン系

 

・オレフィンスルホン酸Na

・キシレンスルホン酸アンモニウム

 

などが代表的なもの。

 

(別名で記載されている場合も。例としてラウレス硫酸Naが"ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩"と記載されているなど)

 

なぜこれらが使われているのか?よく言われるのは「作る側の都合」という表現です。コスト面で使いやすい。

 

もちろん配合されていない製品もありますが数としてはすくなく、価格も高め。

 

※洗浄力どうこうやアミノ酸系シャンプーなんて知らない、という方はこれまで述べた内容をふまえ、いまお使いのシャンプーや、興味があるシャンプーを片っ端からチェックしてください。

 

(ドラッグストアで実物を見るのもいいですし、ネットでもその製品の公式HPで全成分がチェックできます)とくに安価なものはこの傾向が顕著です。

 

これまで述べてきた洗浄力の強いシャンプーを使いゴシゴシ洗いを繰り返すことのデメリットをまとめると、

 

・皮脂が枯渇(こかつ)し、髪が乾燥しやすくなる

・髪の表面・キューティクルが傷つき、ダメージやキシみの原因に

・痛んだ箇所から周囲の空気中のニオイ成分を吸収しやすくなる

 

といったことが挙げられます。

 

※とくに髪の乾燥は季節によってその感触が顕著にあらわれる。

 

このようにあたまのニオイは頭皮のみならず、髪の毛が痛むことで空気中のニオイ物質を吸着してしまうことも考えられます。

 

女性はロングヘアの方も多く、髪の面積から言っても頭にニオイが付きやすい背景がある。

 

しかし、ケアの仕方により頭のにおいに違いがでるケースも。

 

髪の毛と地肌を洗っているのがシャンプーです。日ごろ使うシャンプーを見直すこともケア方法のひとつです。

 

ここまでの簡単まとめとして、肌に低刺激なアミノ酸系洗浄成分のシャンプーをえらびましょう。

 

コラージュフルフルプレミアムシャンプーの特徴

f:id:shl77yuqdi4v:20181126180309j:plain

ということでコラフルプレミアムシャンプーです。

 

なぜこれなのか?理由は日本初の成分配合の新製品だからです。

 

頭皮のニオイ向けシャンプーって記事作成時では非常に少ないのが現状。

 

コラフルプレミアムは2018年9月4日に発売された持田製薬の新製品。

 

・医薬部外品

・3種類の有効成分配合

・アミノ酸系洗浄成分

・低刺激性

・無色素

・ノンシリコーン

・弱酸性(メーカーに問い合わせました)

・コンディショニング成分配合(リンスインではない)

・パッチテスト済み

 

といった特徴があるシャンプーです。

 

コラージュフルフルプレミアムの配合成分

 

・ミコナゾール硝酸塩        (有効成分)
・ピロクトンオラミン        (有効成分)
・緑茶乾留エキス          (有効成分)
・ラウロイルメチルーβーアラニンNa液(以下、その他の成分)
・ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド
・ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
・濃グリセリン
・プロピレングリコール
・塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース
・無水クエン酸
・エデト酸塩
・香料
・水
・無水エタノール

 

有効成分3種を含め成分配合数は14種。

 

コラージュフルフルネクストシャンプー(すっきりさらさら)は10種。プレミアムは4種類ほど多いです。

 

おもな洗浄成分は「プレミアム」も「フルフルネクストすっきり」も変わりません。

 

アミノ酸系でおなじみの「ラウロイルメチル-β-アラニンNa液」が配合されています。

 

※「フルフルネクストシャンプーすっきりさらさら」には、さらに「アルキルカルボキシメチルヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン」(ココアンホ酢酸Na)が配合されています。

 

ニオイ向けの製品からか"プレミアム"には香料が配合されています(フルフルネクストすっきりは無香料)

 

緑茶乾留エキスを配合したシャンプー

 

「日本ではじめての薬用シャンプーの有効成分として消臭作用が認められた「緑茶乾溜エキス」を配合している点が最大の差別化ポイント」

 

※上記はコラフル公式HPより参考。 

 

※緑茶乾溜エキス(りょくちゃかんりゅうえきす)はボディソープに配合されている例がありましたがシャンプーはコラフルプレミアムが初とのこと。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20181128144539j:plain

※緑茶乾溜エキス(緑茶エキスとも)配合のボディソープは過去に愛用経験があります。

 

以下の記事のルシード薬用デオドランボディウォッシュに配合。大手企業マンダム発のミドル脂臭向けボディソープです。

今すぐ始めるミドル脂臭対策-オジサン臭を予防せよ!! - 逃げのAGA自己治療録

 

ほかに大手企業製品では花王8×4 MEN フットスプレーも緑茶乾溜エキス配合。

 

このようにニオイ対策向けの製品に配合の緑茶乾溜エキス。

 

この緑茶乾溜エキスをはじめとし、コラージュフルフルとおなじ有効成分配合のコラージュフルフルプレミアムシャンプー。

 

3種類の有効成分のはたらき

 

・緑茶乾溜エキス=消臭

・オクトピロックス=抗菌

・ミコナゾール硝酸塩=抗真菌

 

上記がコラフルプレミアムの3つの有効成分の働きです(公式HP参考)

 

※コラフルプレミアムは医薬部外品です。

 

コラージュフルフルプレミアムの効果・効能

f:id:shl77yuqdi4v:20181126180304j:plain

・フケ・かゆみを防ぐ

・毛髪・頭皮を清浄にする

・毛髪・頭皮をすこやかに保つ

・毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ

 

これまでコラージュフルフルシリーズを愛用していた方でもつかいやすい内容です。

 

コラージュフルフルネクストにはリンスがありましたが、コラフルプレミアムはリンスはありません。

 

プレミアムはコンディショニング成分を配合しており「これ1本で髪サラサラ」と公式HPにあります。※リンスインではないそうです。

 

コンディショニング成分=塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース。

 

価格・最安値情報

f:id:shl77yuqdi4v:20180123140010j:plain

※価格は記事作成時のものです。

 

まず、メーカー希望小売価格は

 

・200ml通常ボトル=1,922円(税込で計算しています)
・340mlキャップつきつめかえ用パック2,592円(税込)

 

※ちなみにお試し品はありません。

 

ネット通販で価格をリサーチしたところ楽天市場内の某ショップが最安値でした。

 

200ml=1,550円(税込)※送料別

 

興味がある方は楽天市場にて商品検索をし、「値段の安い順」にソート(並び替え)をしてみてください。

 

Amazon、ヨドバシ.comほぼ値引きなしの1,920円(それでも2円引き)

 

※AmazonはAmazon.co.jp が販売、発送の製品は2,000円以上注文で通常配送料が無料に。

 

ヨドバシ.comは送料無料です。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20181126180300j:plain

通販は上記のような状況だったのでわたしは仕事帰りに寄れる最寄りのドラッグストアにて1,922円で購入しました。

 

公式ショップのコラージュオンラインでも購入できます。

 

コラージュフルフルプレミアムで洗ってみた感想

 

結論としては、コラージュフルフルの弱点だった髪のキシみ感がかなり改善され、さらにつかいやすいシャンプーになりました。

 

記事にもしてますがわたしはコラフルネクストすっきりとコラージュシャンプーSを経験しています。そして髪のキシキシ感も感じていました。

 

それがプレミアムではキシみが気にならない程度になっています。

 

ネットのクチコミでも「モノはいいけどキシむのがざんねん」という声を多く目にしており、わたしも"実際そうだな"と洗って感じたほど。

 

これは「バランスを取る」という意味でも製造する側はたいへんだったと思います。

 

効果・効能を追及すると失うものがある‥人生でもそうですね(苦笑)

 

プレミアムという名のとおりです。コラフルネクスト・コラージュシャンプーSよりも洗いあがりは優れています。

 

ただひとつ気になるのは、わたしのオイリー頭皮では洗浄力が不足していると感じてます。

 

髪と頭皮のベタつきが早めにやってくるのです。

 

コラージュフルフルプレミアムはボタニストスカルプシャンプーなみに洗浄力はひかえめに感じます。

 

これは「悪い」という意味ではありません。

 

あくまで「わたしのオイリー頭皮では」ということです。

 

そういった面でも自分に適したシャンプーを探すってむずかしいことなのです。

 

頭皮と髪にやさしいと人気のアミノ酸系。しかしすべてのひとに当てはまるとは必ずしも言えない、のです。(ネットのクチコミをみても顕著です)

 

もちろんこれは「わたしという他人」の意見ですので、この記事をご覧になっている方に当てはまるとは言えません。確かめるにはつかってみるしかないのです。

 

※追記で、コラフルプレミアムで実際に洗ったわたしの頭髪画像です。

【コラージュフルフルプレミアムシャンプーで洗髪】2018年12月1日頭髪画像 - 逃げのAGA自己治療録

 

 

低刺激性シャンプーを集めてのまとめ記事 - 逃げのAGA自己治療録