逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観であり、特定の育毛方法の結果を推奨するものではありません。当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください。副作用が怖いチキンなブログ管理人がどこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます

クレージュシャンプーSのイケてる&残念なトコ

スポンサーリンク

 

クレージュシャンプーについてすこし。

 

新haruシャンプーことkurokamiスカルプとボタニストスカルプ、花王ホワイト石鹸という三つ巴バトルになってるこのところのわたしの洗髪事情ですが、クレージュシャンプーSタイプもそろそろ‥というタイミングです。

 

某大手コスメサイトでは相変わらずの人気度を誇っているクレージュ・シャンプー。

 

そのクレージュとアミノメイソンのステラシード、そしてパンテーンミセラーシャンプーの三つはランキングにおいて、もはや鉄板の存在です。

 

これらの牙城を崩すのは難しい状況です。

 

まぁ、ネットのランキングが「シャンプー界のすべて」とはいわないけど、世の女性にとってはある種「指標」となっているのは間違いないと感じてます。

 

わたしもシャンプー好きなのでついついチェックし、買っちゃったりもします。

 

お話をもどしてクレージュシャンプー。わたしが買ったのはSタイプ。サラサラになると評判のSです。

 

一方のDタイプはダメージと聞きます。このようにタイプが今後増えていくのでしょうか。

 

てっきりSタイプって「スカルプ」だと思ったんですがすこし違うようです(ハッキリとはわかりませんが)

 

株式会社多田というメーカーが販売しているクレージュ。

 

こちらのメーカーはサロン業界では知られた会社。そのためクレージュはプロの現場からのフィードバックエッセンスとも言えますよね。

 

わたしも前にクレージュSを使って感じたのは、「感触の妙」です。

 

たしかに髪がサラサラになると感じました。

 

これってすごく大切なことで、この感触を求めて開発をしているのではないかと思うほどのデキです。

 

これがサロン品質なんでしょうね。わたしもこのところサロン系のシャンプーについての興味関心を記事にしてますが、もしかしたら身近にクレージュシャンプーというのがあったのかと気付いたほどです。

 

クレージュシャンプーSのサラサラ感はわたしも納得するところですが、ひとつ残念なところがあって。

 

それはボトルデザインです。あくまで私の感覚で言いますけど、デザインが古すぎます。

 

もう90年代‥?という雰囲気が漂うボトル。これはいただけないな‥と思います。

 

もしリニューアルする予定があるならまっさきにボトルデザインを変えるべきじゃないかと。

 

内容量はたくさんあって、市販品で買える。そこはすごくいいけど、ボトルのダサさで大きなマイナスポイントと言うのが率直な感想です。