逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観であり、特定の育毛方法の結果を推奨するものではありません。当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください。副作用が怖いチキンなブログ管理人がどこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます

アミノ酸系シャンプーの何が良いの!?実は選択が困難なアミノ酸系

スポンサーリンク

 

※本記事内容は私個人の主観による感想が多くを〆ています。その旨ご了承ください。本文中には広告リンクは一切ありません

 


アミノ酸系シャンプーもヘアコスメ人気にすっかり定着したのでしょうか?

 

ヘアコスメのテレビCMを観たり、ドラッグストアでの品物チェック時につい「アミノ酸系」というワードを探してしまいます。

 

いまさら「アミノ酸系シャンプーとは?」と書きませんが、きっと多くのひとがアミノ酸系シャンプーについて深く考えず、イメージを優先して購入&愛用しているのだと思います。

 

植物性アミノ酸系

 

アミノ酸系シャンプーの成分でとくに有名なのが植物性のココイル系のもの。「ヤシ油脂肪酸~」と表記されたりも。

 

その製品が化粧品なのか、医薬部外品(薬用とも)なのか、でその表記が変わったりもする。「ココイル~」とつく成分がわかりやすいものと言えるでしょう。

 

「ヤシ油」ですからココナツからのもの。植物ですよねって話。

 

天然ものと石油

 

こういったコスメ類は「天然」といったワードがひときわ目につきます。

 

〇〇という成分はもとをたどれば石油系、なんてことを聞いたことありませんか?

 

考えてもみれば天然というと「石油」だって天然の資源ですよね。

 

でもコスメでは「石油」の印象がどうも‥という雰囲気が業界に漂っています。カラダ・肌に対してつかうものだから余計になんでしょうね。

 

たしかにユーザーとしてもカラダに使うものに「石油」なんて聞いたら敬遠されても仕方ありません。

 

植物性の話題から天然は天然モノでも「石油」へとお話が流れてしまって恐縮なのですが、アミノ酸系シャンプーでしたね話題は。

 

市販品と通販系

 

シャンプーをはじめとしたヘアコスメは市販品と通販系があります。‥というか自然とわかれます。

 

お店で市販されているもの、通販で売られているものがあるからです。

 

Webのクチコミをチェックしていると「市販系に満足しなくなり通販系へ」といった口コミを目にすることもあります。

 

それはそれで本人の考えですし、好みもあるでしょうから、良い・悪いではありません。

 

良いと感じて購入し口コミするのはなにも問題ありません。

 

たしかに「通販系」といったものは特別な感じがして、お店にあるものよりハイクラス、一段上というイメージを持つ方もけっこうおられます。

 

女性誌をみていても通販系のコスメ類は特別感があるような紹介をされることが多いです。

 

わたしもシャンプーが好きでそれなりの本数を購入・愛用させてもらい記事にもしています。

 

その経験から思うに、
市販品が質が悪く、通販系が質に優れるものではありません。

 

自身に合うか合わないかが大切でありポイントです。

 

その製品がどんなに優れた内容であっても、いざつかってみたら合わなかった、なんて口コミはたくさんあるのですから。


‥となぜかチカラが入ってしまいましたが、またしても話題がズレてしまいました。

 

価格が上昇している市販品シャンプー

 

アミノ酸系シャンプーでしたね。市販品です。

 

市販品と言えど、その価格が年々上昇している印象をうけます。

 

すこしまえでは1,000円を超えるものが目につきだしたな~と思っていたら、アッという間に1,500円台が中心です。

 

市販品で1,500円オーバーというのはかなり高額な印象(←実際高いです。口コミでも「価格がネック」との声が多いですし)

 

この1,512円を31日で割ってみると1日あたり約48円。これがコンディショナー・リンスも一緒となると倍ですよね。一日のコスパが100円近くなっちゃいます。

 

税込み1,512円という価格。ボタニストやクレージュシャンプー、ほかにもまだありますが、クチコミで人気のシャンプーはだいたいこの価格帯に落ちつきます。

 

でも不思議と?個人的にもお気に入りのシャンプーが多かったりも。

 

わたしの感想で恐縮ですが、クレージュシャンプーSいいですね。

 

あのヘッドスパ感覚は心地よさと感触の面白さを両立しています。男女問わず不思議な感覚を受けるハズ。

 

あの@コスメさんのランキングを覗いても、つねに上位をキープしている(1位~3位を行き来している)

 

ボタニストもその製品力に偽りなし、と感じます。いかにも植物的な感触、イメージを受けます。ボトルデザインもおしゃれ。

 

(ボタニストスカルプを愛用。わたしにはちと洗浄力がマイルドすぎが難点…)

 

メンズ向けアミノ酸系シャンプー

 

男性向けのアミノ酸系シャンプーというと、多くは「スカルプシャンプー」を指すでしょう。

 

スカルプ系は洗浄力がつよいというイメージが世間に根付いてます。

 

たしかに以前のものは「頭皮を根こそぎ洗浄!!」という荒々しい感触でした。頭皮を洗浄!!毛穴すっきり!!みたいな。


いまはシャンプーのトレンドが変わってきており「余分な脂を落としつつも頭皮に必要な皮脂は残す」という方向性になっています。

 

(‥ですが、時代が移ってもスカルプシャンプー=育毛シャンプーという図式は変わらずという印象も)

 

なかにはかつての荒々しい洗浄パワーをもつスカルプシャンプーもあります。

 

そういう製品の成分表を確認すると脱脂力が高めな成分が入っていることが多々あります(さらに市販品に多く見られる)

 

市販品だからダメとは言いませんが、コストを優先するあまり成分までおざなりにされるのは使う側としても迷惑なハナシ。あまりにも値段が安いものは選びたくないのが本音です。

 

もちろん値段が安いのはうれしいし素晴らしいことですが、成分表である程度どんな内容なのか把握できないと不安です。

 

硫酸系

 

先の項目でもありましたが、個人的に不安に感じる洗浄剤(界面活性剤)をバンバン配合しているものも不安です。

 

例を挙げると「硫酸系」といったもの。サルフェートとも言われますね。

 

ここ最近のは市販品のシャンプーでも「サルフェートフリー」とするものが増えてきました。

 

いわば硫酸系とされる成分を配合していないってことですが、かわりにおなじくらい脱脂力に不安をかんじる「スルホン酸」が入ってたりして。それを見つけると萎えてしまいますが‥


話はかわりますが、すこしまえに市販品のアミノ酸系シャンプーでは人気の「いち髪」からナチュラルケアセレクトシリーズを買いました。

 

新製品のいち髪ナチュラルケアセレクトは配合成分数がすくなめで、ボトルデザインの良さもあって購入。

 

洗ってみて良いシャンプーと感じたのですが、あの独特な香りが受けつけられません‥スパイシーなあの香りが。

 

香りは置いといてこのような配合数がすくないシャンプーって意外と多くて。石けんシャンプーになっちゃうとさらに少ないみたいで。

 

2eシャンプーやNOVシャンプーあたりはあえて配合数を少なくしている旨の記載が公式HPにあった気が‥

 

アミノ酸系シャンプーでフケは改善されるのか?

 

これについては私自身がフケで悩んでないのでナンとも‥というのが本音です。

 

でもフケ・かゆみに向けたアミノ酸系シャンプーは世の中にたくさんあります。

 

これは市販品、通販系ふくめてたくさんある。

 

わたしもこれまで使ったアミノ酸系シャンプーの中でこういった頭皮トラブルのケアに向けたシャンプーがいくつもありました。

 

最近では、コラージュフルフルシリーズやコラージュシャンプーS、資生堂の2eシャンプーもそうです。

 

さらに10代向けにあのフケミンからフケミンユーシャンプーも2018年9月に発売されました(若年層向けですが、それ以上の世代が使ってもOKです)

 

頭皮のタイプも人それぞれ

 

頭皮にもタイプがあります。

 

・敏感肌

・乾燥肌

・オイリー肌

 

だったり。人よっていろいろです。

 

※花王は乾燥敏感肌向けにキュレルシリーズをリリースしています。

 

わたしはオイリー頭皮。けっこう脂っぽいです。

 

オイリー頭皮のひともほかのタイプ同様にシャンプー選びに四苦八苦します。

 

理由はあまりにマイルドな洗浄力のシャンプーですとしっかり洗えてないと感じて気持ち悪いし、落ちがよくないとベタつきだす時間も早まるからです(同時にわたしはかゆみも気になり出します)

 

しかし、だからといって洗浄力がつよいタイプだからOKというものでもない。

 

洗浄力(脱脂力)がつよいシャンプーは一度の洗髪でゴソッと頭皮に必要な脂分(皮脂)までを奪っていきます。度がすぎるといいましょうか(個々にもよりますが頭皮の皮脂が揃うまで最低でも6時間ほどかかるそうです)

 

マイルドな洗浄力ですと心元ないけど、つよすぎる洗浄パワーもまたよろしくないと感じるのです。

 

この辺りの兼ね合いがむずかしいところ。合わないと感じるポイントもそこのウエイトが〆ています。

 

悲しいかな、アミノ酸系ですと洗浄パワーがマイルドな傾向。もどかしい。

 

とくにボタニストやキュレルシャンプー、カウブランド無添加シャンプーあたりはわたしにはマイルドすぎるシャンプー。

 

ところが、これがひとによってはバッチリ!!になるわけです。使わないとわからないんですね。

 

低刺激性シャンプーを集めてのまとめ記事 - 逃げのAGA自己治療録