逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観であり、特定の育毛方法の結果を推奨するものではありません。当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください。副作用が怖いチキンなブログ管理人がどこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます

名誉教授の発毛メソッドが興味深い!!ミノキシジルはいつ使うの!?⇒答え

 

※本記事中には広告リンクは一切ありません。幻冬舎・GOETHEさん、当ブログの過去記事へのテキストリンクがあります。

 


こんにちは、ブログを更新します。

 

約ひと月まえの情報になりますが、久しぶりに興味深い記事を拝見しました。

 

幻冬舎さんのGOETHE(ゲーテ)という情報サイトの記事「【発毛メソッド公開】皮膚科の権威が太鼓判! ミノキシジルが薄毛を救う!!」です。

 

幻冬舎さんはしっかり取材をして読みやすくユーザーに求められるコンテンツを届けている出版社だと思います。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20181008192752j:plain


私事で恐縮ですがこれまでも幻冬舎さんの書籍は愛読しており、個人的に好きな出版社さんです。すこしまえにも楽天市場CEOである三木谷さんの自伝を購入し、愛読しました。

 

さっそく本題ですが、東京女子医科大学の川島眞名誉教授にお聞きした「発毛メソッド」という内容です。


ミノキシジルの使い方にもふれ、久しぶりに信頼性の高い情報だと思いました(お医者さん発の情報なので当然ですが)


その川島名誉教授によると、AGAにおいてまだ特効薬と呼べるものは開発されてないそうです。

 

薄毛となる要因はひとつではなく解明はまだ困難である、という印象を受けます(遺伝的要素、男性ホルモンなどの影響もあるようです)

 

そしてミノキシジルについてですが、同じく川島名誉教授によるとミノキシジルは髪の毛が湿った状態のとき、あるいは食前に使うのがよいそうです。


‥とこのままゲーテさんの記事内容をなぞるのはNGですので、詳しい内容は前述のリンクでご確認ください。

 

わたしとしても、久しぶりに良いコンテンツに出会えました。やはり出版社さん+医師の方の情報は違いますね。

 

私事かつ以前のことをふり返り恐縮ですが、わたしが外用ミノキを使っていたころはこの川島名誉教授が仰られていることを無意識にできていたと思います。

 

当時は朝・晩と洗髪をしており、それから食事を摂っていました。朝は出先、夜は帰宅後‥という具合に。

 

サプリメントもマルチビタミンに加え、L-リジンもプラス。

 

いまはもうできませんが、ミノキシジルにくわえサプリ漬けの生活でした。※過去記事にも書いてます。

 

あくまで私の勝手な推測ですが、頭頂部が怪しくなったのはこのような生活ではなくなったことも要因としてあるのでしょうか?

 

いまとなってはわかりませんし、わたしは医師ではありませんので理由づけはできませんが。

 

先日の記事でも触れましたが、大正製薬のリアップシリーズにつづき、スカルプDでお馴染みのアンファー社から外用ミノキシジル「スカルプDメディカルミノキ5」が8月にリリースされました。

 

なかなか日本で新しいミノキシジル外用剤(どちらも第一類医薬品)が発売されていく状況にはなりませんが、今後のミノキシジルの展開に期待をしています。