逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観であり、特定の育毛方法の結果を推奨するものではありません。当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください。副作用が怖いチキンなブログ管理人がどこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます

初期脱毛の有無 私のケースを語る

スポンサーリンク

 

※本記事内容は管理人個人の主観による感想です。ご了承ください。

 


初期脱毛についてふり返ります。

 

わたしが初期脱毛に恐れおののいていたのはだいぶ前ですが、ミノフィナ(デュタステリドも)を用いてAGA治療に望まれる方にとっては最初の関門というか、気になるのが初期脱毛です。


初期脱毛が起こる、起こらないは人それぞれのようですが、わたしの場合、初期脱毛があったかどうかは不明でした。

 

わたしの場合は、ミノフィナともに「タブレット」は全くの未体験。

 

過去に興味本位でミノタブ5mgを1箱購入したものの、ミノタブの発毛パワーの期待よりも副作用への不安が上回ってしまい、ミノタブを購入したものの一度も使っていません。

 

そして、わたしはミノフィナはスプレー(外用剤)でした。

 

外用でも豊富にそろっているミノキシジルですが、じつは外用フィナステリドは希少です。

 

わたしの当時は「ジェンヘアー」というメーカーがあり、そこから出ていた「ジェンヘアーFIN025」という外用フィナがありまして。それを一本使いました。

 

※ジェンヘアーというメーカー自体2016年ごろになくなったようですが、いまはリグロースラボというメーカーから外用フィナ「リグロースラボFIN25」が発売されています。

 

…とわたしのケースをふり返ることで話がすこし脱線しましたが、初期脱毛、わたしはなかったように思います。(ガバッと抜けるような明確な脱毛を感じなかった)

 

オオサカ堂などでミノキシジルやフィナステリド製品のカスタマレビューをチェックしてると、多くの方がご自身の初期脱毛の有無についても書かれています。

 

それらによると初期脱毛の有無は人それぞれ、という印象をもちます。

 

もっと言うとミノキシジルタブレットの服用に際し、副作用から多毛症になるというハナシもネット上で聞くのですが、こちらも有無は人それぞれという印象です。

 

そして初期脱毛の期間については幅ひろく、1週間からひと月程度というケースが多く聞かれます。

 

とうぜん脱毛する期間が短いほうがいいのですが、いつ終わるのか読めないところもあります。

 

ちなみに、自己責任であろうが、AGAクリニック通院であろうが、初期脱毛は起こります。基本的に「やっているものが同じ」なためです。

 

※やっているもの=クリニックであろうがミノキシジル・フィナステリド・デュタステリドであることはかわらない。

 

クリニックでお医者さんが診察していようが、他人の初期脱毛を止めることはできません。

 

起こるのはご自身の身体・頭髪なのです。

 

しかしながら、まったくの自己責任だと不安ばかりが大きくなっていくもの。

 

わたしも同じ経験をしたので、ひとりでがんばるよりはお医者さんがいる専門のクリニックで診察・治療を受けるのがベターです。

 

万が一、初期脱毛が起こったとしてもお医者さんにいろいろと不安な点を相談できます。

 

AGAブログ(orサイト)はほかにもたくさんありますが、当ブログもふくめほとんどの運営者が医師ではありません。

 

そして自身の身に起こったこと、育毛結果などはあくまでも「その人のケース」です。

 

情報を広く多く仕入れるのは大切なことですが、上記のことも年頭においておくのを忘れないでください。