逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観であり、特定の育毛方法の結果を推奨するものではありません。当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください。副作用が怖いチキンなブログ管理人がどこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます

新ハルシャンプーの人気度を察すると今後はエライことに⁉

スポンサーリンク


ハルシャンプーが今年7月にリニューアルして二ヵ月ほど経過しました。

 

名前も新たに「haru kurokamiスカルプ」となり、人気は変わらず順調のようです。

 

わたしが旧ハルシャンプーを購入し愛用したのは2015年4月ごろ。

 

その当時の記事がありますが、いま読み返すと懐かしいです⇒【こんな人は買うな!】haru黒髪スカルププロシャンプーを選んだ理由をクレーム覚悟で暴露する - 逃げのAGA自己治療録

 

もちろん、ちょこちょこ内容を修正してますが、大筋には変わってないので懐かしく思います(私の記事はどうでもいいのですが)それはさておき、

 

ここ数年、シャンプーの選び方や買い方に微妙な変化が起きているのを感じます。

 

それにはやはりネットの存在が大きいようです。

 

ネット通販はそもそもステマだとか、信憑性がない情報がひとり歩きする状況も一時期ありました。

 

しかし「自分に合った良いものを探す」ツール・情報源としてインターネットほど相性がよいものはありません。これはしばらくこのままでしょう。

 

ご自身のショッピングに際し、口コミ情報をチェックする行為がすでに常識の手段、という感じです。

 

とくに女性は情報に敏感。それは新しいharuシャンプーにしても同じこと。

 

これは市販品より通販系とされる高品質なシャンプーにより顕著です。

 

市販品はドラストやバラエティショップ、スーパー、コンビニなどに置いてあり、品物を手に取ってみることができるもの(=配合成分や品物のパッケージングをチェックできる)

 

多くの女性はお店でシャンプーを手に取ってボトルの裏側をチェックした経験があるでしょう。

 

通販系ではネットで成分チェックはできるけど、モノを手に取ることができません。

 

べつに手に取れなくてもいいじゃん、と思われるでしょうが、やはり心情的に違いがあります。

 

通販でしか買えないと思っていた品物が大きいショップに行ったら市販されていた、という経験あると思います。それってうれしいですよね。

 

「あ、あれが置いてある!!って」衝動買いするひともいらっしゃるかと思います。

 

‥と話が脱線してますが、新haruシャンプー。

 

わたしの勝手な予想だと、この人気はさらに盛り上がりそうな予感が。

 

もしかしたら、テレビCM放送など、いまよりメディアに積極的に登場しそうな雰囲気です。

 

ちょっとカテゴリはちがうけど、育毛シャンプーブームの火付け役とされる「薬用スカルプD」のような感じになりそう。

 

そうしたらえらいことです。いまよりもさらに爆発的に人気がでるでしょう。市販化もされたりして。

 

それでもわたしたちユーザーは喜ばしいことです。

 

【全て購入】スカルプシャンプーランキング7位~1位発表!! - 逃げのAGA自己治療録