逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観であり、特定の育毛方法の結果を推奨するものではありません。当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください。副作用が怖いチキンなブログ管理人がどこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます

ハゲた要因は○○!?ある社長のひと言が沁みる‥

スポンサーリンク

 

※本記事中には広告リンクは一切ありません。記事内容は私個人の主観によるものが多くを〆ています。ご了承ください。

 


禿げないひとがうらやましいです。

 

昨日の記事でも触れたけど、世の中には遅かれ早かれ「ハゲる人とハゲない人」がいます。

 

※昨日の記事。ハゲたら坊主にする行為は潔い!?⇒すぐやりましょう - 逃げのAGA自己治療録

 

当然私は後者。なのでこのブログを書いてもいます。ハゲなかったらブログを書いていません。

 

ハゲない人は何が違うのでしょうか?

 

対策法とかをメディアでよくやってますが、医学的に発毛の効果が認められているのは現状「ミノキシジル」くらい。

 

世に言われている対策法(育毛方法)が本当に効果が実感できるものか、いまでも疑いのまなざしがあります。


では、見方を変えてなぜ私がハゲたのか?

 

これなんですが、当の本人にもわかりません。

 

・なにがどうなって薄毛になったのか?

・なにがいけなかったのか?

 

…という「これ」といった明確なものがわかりません。

 

でも、多くのひとがきっとそうですよね。

 

「あれ」が悪かった、という明確なもの(理由)がわからないハズ。キチンと説明できるひとはいるのでしょうか?

 

よく言うのは、生活習慣・食事・ストレス・睡眠・遺伝etc‥といったもの。

 

しかし、あくまで私の勝手な推測では「遺伝」だと思っています。

 

もちろん、上記に挙げた要因はすべて通っているとも言える。

 

胸を張って「わたしは規則正しい生活をして、バランスのよい食事をとって、たっぷり寝て、ストレスフリーに生きてきた」とは言えません。

 

それにこの要因は誰しも当てはまることだと思うし、なにもハゲ・AGAに限ったことじゃないですよね。

 

‥でも、遺伝はクサイです。

 

母方からですし、残念ながら母方の親戚はみんな‥ですからね。わかりやすいのです。もう「みんなそうだから」

 

仮に要因が遺伝ならば、これはもう「さけられない運命」です。

 

わたしはいずれハゲる運命に生まれついていたのです。

 

まぁ、こうやって遺伝だの運命だのと悲観しても今さらなにも変わらないし、始まらないのでアレなんですが。

 

なにかこう、生まれつきお金持ちのひとをひがむみたいなものだし‥で。

 

いきなりここで恐縮ですが、とある社長さんが言ってましたが、将棋と違って「麻雀は人生」でもあると。

 

将棋はだれでもイーブンな状況から始まるけど麻雀は違うと。

 

牌によってはクソみたいな状況からのスタートになるけど、そこから自分でなんとかしなければならないとその社長さんは話してました。

 

まぁ、こんなときにその話を絡めても‥ですが、なんとかしなければいけませんね。自分の髪の毛なんだし‥で。

 

でも、ハゲない人とハゲる人がいるのは事実。こうしてあえて書かなくとも世間的にもわかっていることですけどね。

 

でも悔しいです。なぜ自分が‥と。思うときもあります。