逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観であり、特定の育毛方法の結果を推奨するものではありません。当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください。副作用が怖いチキンなブログ管理人がどこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます

頭頂部ハゲはミノキで生える!?そう確信した方へ半年間のミノタブ費用を考えてみた

スポンサーリンク

 

※本記事内容および価格情報は記事作成時のものです。ご了承ください。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150819111203j:plain

 

いまは便利な時代です。知りたい情報が手軽にネットから入手できます。

 

あの商品の口コミとか、芸能人だれだれの噂とか。 

 

もちろん育毛や発毛まわりの情報もWeb上に溢れており、長年悩んだ頭頂部の薄毛・ハゲを克服した、という事例も画像検索すればいくらでも出てくる。

 

search.yahoo.co.jp

 

かくゆうわたしも外用ミノキシジル(生活改善などのプラスαも)で、生え際・M字部分の改善に取り組んでいます。

 

ちなみに外用ミノキシジルを用いて4か月ちょいになります。M字を改善するのが今後の課題です。

 

さらにミノキシジルタブレット2.5mgを追加すればいい感じになりそうです。

 

わたしは過去に「塗り」でフィナステリドをひと月ほど使用しました。

 

しかしわたしは元々フィナステリド特有の副作用に大きな不安を抱えていたので、ひと月ほど使って中止しました。

 

あの時にやめていてよかったな、と思えるある結果がつい最近メディアでも報じられました。

 

※記事にもしてます⇒【Yahoo!ニュース】精子に影響!?薄毛治療「フィナステリド製剤」に隠されたリスクとは、を読んで - 逃げのAGA自己治療録

 

‥やっぱりフィナステリドは怖いなと。

 

いま提示されている「AGAガイドライン」も2010年と古いものです。もうそろそろ新しい調査報告にアップデートしてもらいたいものです。

 

※2018年7月18日追記で、日本皮膚科学会のAGAガイドラインは2017年末に更新されています。「外用に限り」ミノキシジルはAランクのまま(行うよう強く勧める)です。

 

男性型脱毛症診療ガイドラインが昨年末に更新されていた - 逃げのAGA自己治療録

 

ミノキシジルで頭頂部ハゲを治したい

f:id:shl77yuqdi4v:20150814110753j:plain

 

ミノキシジルで頭頂部ハゲを改善したい。

 

現状では、主にAGAクリニックに通う手段と、自分でミノキシジルやフィナステリドといったものを個人輸入代行サイトを介して入手し自分で治療する二つにわかれます。 

 

わたしは後者です。実践して先ほども言いましたが4か月弱。

 

もうフィナは使わず、発毛はミノキシジルのみ。後は日々の運動とサプリメントでがんばっています。

 

ミノキシジルにもご存じの通り、外用剤と内服・錠剤があります。

 

どちらを用いるかは、当人の薄毛・ハゲの状況と気持ち次第といったところ。 

 

自分は4か月外用剤を続けて、生え際部分に、より発毛パワーを届けたいので、ミノタブ使用を検討しています。

 

やはり副作用に不安がありますので、さすがにミノキシジルタブレットの10mgはムリですが。

 

いまのところ1錠あたり2.5mgのミノタブが有力。

 

そんなミノタブも5㎎を半分に割って飲むのと、最初から2.5㎎の錠剤を買うのとでは、だいぶ費用に違いがでてきます。 

 

オオサカ堂のミノキシジルタブレットの費用を比較

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150819112129j:plain

 

ミノキシジルタブレットボトルタイプ5mg100錠一箱 2,296円(どちらも送料無料)

ミノキシジルタブレット2.5mg100錠一本 4,044円

 

用法はどちらも1日2回朝晩服用します。

 

どちらも100錠入りなので、用法通りで使うとなると、一箱でだいたい50日前後ですね。 

 

そしてオオサカ堂が行った育毛経験者41名に対してのアンケート調査結果で、以下のような結果がでています。 

 

その中の項目Q9の「育毛剤を使用後、どのくらいで効果が見られましたか。」のアンケート調査結果によると、なんと約半数の方が3か月未満から3か月~半年で効果を実感しているそうです。

 

ミノキシジルタブレットで発毛したレビューをオオサカ堂でみていても、だいたいその期間で効果を感じたという声が多いです。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150818110403j:plain

 

育毛期間を多くみつもって半年というと、181日ですね。

 

どちらのミノタブも100錠入りで約4箱必要になります。

 

先ほどのミノタブ5㎎でいうと4本=9,176円

ミノタブ2.5㎎4本=16,176円

 

※↑ですがミノタブ5㎎は2本買いですと大幅に割引きされ、記事追記時、送料込み2本で4,124円で買えます。

 

そして2.5㎎使用目的ですから、割ることで1日2回の使用が1錠で済むわけです。

 

ざっくり計算して効果を実感できるまで半年として、ミノタブ5㎎2箱買いして200錠を使用するごとに錠剤割りで半分に割り、1錠=1日分とする。半年分持つ、ということになります。

 

くどいですが、2本買いすると割引きになり=4,124円。送料込み。 

 

ミノキシジルタブレット2.5は3本複数個買い可能ですが、3本までで、3本あたり送料込み10,425円です(記事作成時) 

 

なるべく費用を抑えたい、というケースで考えてみましたが、元々5㎎の錠剤を半分に割るのはよくありません。

 

今回の内容はあくまで参考ということでお願いいたします。