逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

成人男性の半数以上はシャンプーのみらしい-洗髪時の注意点とかも

スポンサーリンク

 

f:id:shl77yuqdi4v:20171229194124j:plain

 

こんばんは、ブログを更新します。

 

さっそくですが、@DIMEさんから気になる統計が。

 

なんでもネットリサーチのDIMSDRIVEさんがシャンプー・リンスについてのアンケートをし、日ごろの洗髪について色々とまとめたそうです。

 

その中で目を引いたのがあります。それは「男性の半数はシャンプーのみ」という点。

 

アンケート調査の詳細はこちらの@DIMEさんの記事からご覧いただきたいのですが、女性に比べて男性の約半数(48.7%)がシャンプーのみという回答だったそう。

 

ちなみに洗髪をする頻度ですが、日本のすべての季節で毎日洗髪すると答えた方が最も多かったそうです。夏は1日2回以上洗髪すると答えた方もいたそうです。※冬より夏のほうが洗髪頻度が高い。

 

個人的には意外というか、まぁ寒い冬になんども髪を洗う理由もありませんが、やはり夏場は暑くて汗もかくし、からだの臭いも気になる時期。仕事やスポーツをしてシャワーを浴びるだけでも気持ちいいですよね。

 

しかしながら、1日になんどもシャンプーするのは考えもの。

 

男性は女性よりも皮脂分泌が盛んではありますが、一日になんども洗髪をすると頭皮にとって必要な皮脂までも洗い流してしまい、それにより頭皮が乾燥したり、頭皮本来の皮脂分泌のコントロールが乱れるきっかけにつながる恐れが。

 

加えてシャンプー自体の洗浄力がつよすぎると、皮脂分泌のコントロールの乱れに拍車をかけてしまいます。シャンプーの洗浄力とは配合されている成分が影響しています。

 

そういった成分でとくに有名なのが、石油系界面活性剤というもの。シャンプーにも含まれているケースが多く、とくに安価な銘柄(シャンプー)ですと、その傾向は顕著です。

 

そんな石油系界面活性剤で有名なのは、ラウレス硫酸Naとラウリル硫酸Na(ナトリウム)。

 

硫酸とつくだけに"りゅうさん"です。いくら薄めてようが硫酸なのです。それだけ強いものと容易にイメージできますよね。気になる方はお使いのシャンプーのボトル裏に記載されている成分表をチェックしてみるといいでしょう。

 

ほかには「スルホン酸系」と呼ばれるものも洗浄力がつよいとされています。

 

そういった成分配合以外にも、お風呂に入る前に髪をブラッシングしてホコリをあらかじめ落としたり、シャンプーするまえによく頭をすすいだり、すすぎをしっかりと意識したりと、シャンプーをする上で気を付けるポイントがいくつかあります。

 

‥と@ダイムさんからのシャンプー記事の内容と多少ズレてしまってますが、頭皮ケアや髪の毛をやさしく洗いたい方はぜひ意識してもらいたい点がある、ということでした。