逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

サボンムーヴとは?

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180319210146j:plain
 

こんにちは、ブログを更新します。

 

今回はP.G.C.D.発のサボンモーブを取り上げます。

 

‥と、いきなり「P.G.C.D.発のサボンモーブ」と書きだしても何のことかわからない方もおられるかと思います。

 

なので、かるくサボンモーブの概要的なものを書きます。

 

目次

 

そもそもP.G.C.D.とは?

 

まず「P.G.C.D.」はメーカー名です。

 

アルファベット4文字「P.G.C.D.」読みは「ペー・ジェー・セー・デー」と言うそうです。

 

「ああ、あのペー・ジェー・セー・デー!?」なんて知ったかぶりはしません。

 

管理人は最近までぜんぜん知らないブランドでした。

 

いち企業さんに対し、わたしなんかがぜんぜん知らないメーカーと書き捨てるのはあまりに失礼なので、Web検索してこのP.G.C.D.についての評判などの情報を集めました。

 

その結果わかったこと。リスタートであるもののP.G.C.D.さんはポッと出のあやしいメーカーではなかった。たんに管理人が無知だっただけでした‥

 

P.G.C.D.はいま東京の恵比寿ガーデンプレイスタワーと港区南青山にそれぞれオフィス(南青山は本社)を構える立派な企業でした。従業員は41名ほどおられるようです。※記事更新時の情報です。こちらがP.G.C.D.公式サイト

 

合わせて社長さんのFBも拝見しました。熱い想いを抱き、前進するその姿勢、自分も見習わなければと反省するほどの確固たる信念を感じました。

 

P.G.C.D.コンセプトの一つ「肌育メソッド」

 

このP.G.C.D.さんはとくにソープと美容液に注力しており、それらを柱にした幅広いアイテムを開発、それらを通販でデリバリーしています。

 

そのなかでおもしろいなと感じたのがP.G.C.D.さんが公式サイト内で掲げる「肌育メソッド」というコンセプト。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180329193257j:plain

 

この肌育メソッド、どんなものかというと、

 

「肌は毎日生まれている。今日の食べ物があなたの身体にかわっていくように、育て方ひとつで肌は変わるチャンスがある」

 

というコンセプトです。※画像もふくめ肌育メソッドはP.G.C.D.公式より。

 

・泡立て
・洗顔
・保湿

 

シンプルですがこの3つのたいせつなスキンケア要素をブランドコンセプトに沿って徹底的に見直し、女性がもとめる洗顔時につかうべきソープと美容液づくりを日々追及しています。

 

高い評価を受けるスキンケアソープ・サボンフォンセ

 

とくにソープ製品には「P.G.C.D.ならではの自信」が感じられます。

 

その「ならではの自信」がとくに見受けられるのは、夜用スキンケアソープの「サボンフォンセ」

 

P.G.C.D.というネームにピンとこなくとも、洗顔ソープのサボンフォンセは知っているという女性も多いハズ。

 

このサボンフォンセ(緑色)は朝用ソープのサボンクレール(白色)とのセット使いがマスト。

 

その中でとくにサボンフォンセはWeb上の評価も高く、洗い上がりさっぱりでメイクもキレイに落ちツッパらないと評判のスキンケアソープです。

 

女性がもとめる毎日の洗顔へのニーズをうまくくみ取り、それを見事に製品に昇華しているP.G.C.D.のスキンケアソープ。

 

肌本来のチカラを目覚めさせ、それを「洗う・潤す」のわずか2ステップのシンプルケアで実現。高い評価を得ています。

 

トリプルエッセンス美容液のロシオン・エクラ

 

スキンケアソープに引きつづき美容液では、トリプルエッセンス美容液のロシオン・エクラの評判が高い。

 

美容液という「てい」のロシオン・エクラですが、その使い心地は「美容液と化粧水の中間」といったところ。

 

二つの中間、というとどっちつかずな中途半端な製品であるとイメージしがちですが、このロシオン・エクラは二つの「いいとこどり」な性質です。トリプルエッセンスというネームはダテじゃないようです。

 

さきほどの「洗う・潤すの2ステップ」のくだり。それも、そもそもこのロシオン・エクラがあってこそ成り立つシンプルスキンケアです。

 

サボンモーヴとは?

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180329193540j:plain

 

まえおきが長くなり&唐突な流れで恐縮ですが、サボンモーヴとは?

 

2014年発売のP.G.C.D.のスカルプケアソープ、サボンモーヴ。

 

髪を頭皮から変える、ノンシリコンでスカルプケアを実現したはじめての石鹸、との公式サイトのキャッチが印象的です。

 

今どきノンシリコン要素なんてなにも珍しくないですが、さらにリンス・コンディショナー不要のスカルプケアソープとなると数はぐっと絞られます。

 

そのなかでサボンモーヴなんです。前述した肌育メソッドは主に洗顔に焦点を当てたもの。P.G.C.D.は洗顔のみならず髪と頭皮にもその目を向けました。こちらは名付けて髪育サロンというもの。

 

髪育サロンはサボンモーブお試しセットを購入された方のみぞ知るコンテンツ。P.G.C.D.独自の世界観を満喫でき、髪育にもつながるコンテンツです。

 

そんなP.G.C.D.のソープはフランスでつくられています。(Made in France)

 

げんざいの固形石鹸の原型を生みだしたというフランス。

 

P.G.C.D.公式サイトにもあるように、石鹸の本場フランスでもよりすぐって製造メーカーを選び、なんども試作品をつくっては試し、つくっては試し…を繰り返します。

 

そうしてブランドが納得するラインに到達するまで製品化はしないそうです。(フランスでも指折りの石けんメーカーのロルコス社と提携し試作・試用を繰り返す、その数200回を超えるそうです)

 

ぶっちゃけ安くはないこのサボンモーヴ。主なターゲット層は30代から50代まで。

 

それより若い層は圧倒的シャンプー支持率高いですが、さきに挙げた層は髪の毛と並行して頭皮ケアも一緒におこなっていきたいと考える層です(ひととおりシャンプーは通ってきて、髪そのものより頭皮に向けた効果的なケア方法かつオーガニックで良質なものをもとめている)

 

スカルプケアソープで洗う感覚は、髪の毛を洗うよりもその髪が生えている頭皮から洗いあげる感覚が味わえる。

 

頭皮の毛穴をダイレクトに洗えている感触が非常に心地よいとの感想がネットの口コミにあふれています。ヘッドスパ感覚との声も。

 

サボンモーヴはリンス・コンディショナー不要。

 

わずらわしいその手間が省け、お風呂にいる時間が短縮できる。そしてリンスやコンディショナーがいらないってことはブロー時間も短くできる。

 

こうしたサボンモーヴによる時短効果はトータルで考えるとおおきなメリットです。

 

毎日がいそがしい女性にとって、手間が省け、時短効果も望めるのはおおきい。

 

メリットは時短効果だけではありません。

 

思わぬ肌トラブルに発展しかねないのがリンスやコンディショナーのすすぎ残しです。

 

これらはリンスやコンディショナーをするため起こりやすいもの。

 

シャンプーをしたあとでリンスをする。←ここです、思えば手間であり、時間もかかります。

 

手間と時間がかかるってだれしも面倒に感じること。それでつい雑になるんです。その結果肌トラブルを引き起こす…よく言われるパターンですけどね。

 

手堅く改善するなら、シャンプー・リンスが一緒になったものを選べばいい。

 

でもノンシリコンやリンスがいらないコスメって、実際につかわなきゃ自分に合うかどうかはわかりません。

 

それでも自身にハマッたらおおきいこのメリット。このさきどれほどの手間と時間が短縮できるのか?を考えてください。

 

そんなメリットがあることを意識すると試してみたくもなる。なんかギャンブル?みたいですけど。

 

いや、信じるものはきっと救われます。

 

サボンモーヴの特徴

 

P.G.C.D.さんのサボンモーヴの説明によると、おもに四つの配合成分がフューチャーされています。

 

ポリフェノール

 

一概(いちがい)にポリフェノールといっても実はたくさんあります。ポリフェノールはさまざまな植物から抽出でき、一説には五千種類にのぼるとも。

 

そんなポリフェノールはカラダによさそうなイメージがあります。

 

どんなものかというと、まず高酸化作用がひろく知られています。

 

世間一般でポリフェノールというと「ワイン」や「りんご」を連想すると思います。

 

そんなポリフェノールをフランス産ブドウエキスから抽出し「保湿」としてサボンモーヴは配合しています。

 

若しさの秘訣=目で確認することがむずかしい頭皮のキメ、そしてうるおいのバランスをととのえること。

 

高酸化作用と保湿の関係、その効果は未知数。それだけにおもしろい試みです。

 

レッドクレイ

 

クレイ=泥なのはいわずもがな。

 

コスメ製品で「クレイ」というと、その吸着力がウリのクレンジング、洗顔フォームをイメージします。

 

そんなクレイにも種類があります。数あるクレイからサボンモーヴはレッドクレイを配合。

 

レッドクレイならではのすぐれた吸着力。肌の汚れや毛穴のおくまで入りこんだ過剰な皮脂をも吸着します。

 

アルガンオイル

 

アルガンオイルは貴重品です。「モロッコの黄金」あるいは「生命の実」ともされ珍重されています。

 

サボンモーブはアルガンオイルを贅沢に配合。

 

アルガンオイルのエモリエント成分が、髪をすこやかにし、乾燥を防ぐことにもつながります。

 

海藻エキス

 

未来の髪のためのコンディショニングとして。ブルターニュ産のヒバマタエキス配合。さらに亜鉛・ヨウ素といったミネラルを厳選配合。健やかな頭皮環境に整える要素がそろっています。

 

3つの香りが楽しめる

 

女性にとって香りはたいせつな要素です。いくつになってもそれは変わりません。

 

女性には香りがあり、それは年齢と共に減少していくのをご存じですか?若いときのあの香りのことです。ラクトンと言うそうです。※ラクトンはあのロート製薬が発見したそうです。

 

サボンモーブは香りにもこだわっています。

 

香りにこだわっているといってもそのこだわりはほかとは違うもの。なんと、

 

・洗うまえ

・洗っている間

・洗ったあと

 

‥と香りが変わっていきます。

 

サボンモーヴデビューへの注意点

 

f:id:shl77yuqdi4v:20171228125940j:plain

 

サボンモーヴを使う上で意識すべき注意点をいくつか。

 

まず、これまでの愛用シャンプーがシリコン入りである場合。サボンモーヴで洗うと髪がキシむ感触を受けることもあるようです。

 

とくにサボンモーヴの使いはじめ。そして慣れるまで。

 

多少の髪のキシみ感は人によってあるかもしれないと。※Web上の口コミ参考。

 

もし、サボンモーヴで洗ってキシみが気になったら、髪が慣れるまで洗いながさないトリートメントをプラスするとよいそうです。(なるべく頭皮につけず毛先につかう)

 

そして溶けやすい点。

 

これについての声がネットの感想で上がっていました。

 

減りが早いという意味ではなく、お風呂場にソープを置きっぱなしにするのは控えたほうがよいとのこと。

 

使ったらキチンと別の場所に保管しておきましょう。

 

P.G.C.D.製品のデリバリーはオンライン通販

 

現状、P.G.C.D.製品はネット通販でしか買えません。

 

そのためネームバリューという面では大手化粧品会社の市販品に劣る感は否(いな)めませんが、通販系ソープならではのプレミアム感とその高い品質が「キレイに敏感な女性」の感性を揺さぶり、ネット上の評判を高めています。

 

P.G.C.D.製品およびサボンモーヴ取り扱い情報を調べてみました。

 

・P.G.C.D.公式オンラインショップ

・楽天市場

・アマゾンジャパン

・ヤフーストア

 

以上の大手通販ショップでP.G.C.D.製品が購入できます※記事更新時。

 

では上記に挙げた通販ショップから一番お得にサボンモーヴセットを買えるのはどこかと言うと、

 

P.G.C.D.公式オンラインショップが一番お得!!

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180123140052j:plain

 

後述しますが、今回のサボンモーブお試しセットはP.G.C.D.公式オンラインショップのみの特典がついており、初回購入の方のみに限定されるものです。

 

P.G.C.D.公式からの購入でないとお得な初回購入特典は得られない(たいせつなのでもう一度言います)よくおぼえておいてください。

 

このP.G.C.D.製品に限ったことではなく、ほかのブランドでもこういったお試しセットや初回購入時の特典は「そのブランドの公式サイト経由での購入」時に限られるのがほとんどです。

 

ここでユーザーの方がおちいりやすいミスを紹介します。

 

それは、スマホやPCで検索をしてその検索したキーワードの結果で上のほうにあったショップ(Amazonや楽天市場、ヤフーストアなど)で買うのが安くてお得なんだという思い込み

 

「サボンモーブ」とネット検索をして上の方にアマゾンがあったからそこで買う、というケースです。

 

しかしこれはほとんどの人がやっています。盲目的に。

 

モノは同じものが買えても、場合によってはその製品の公式オンラインショップから注文をするほうが安価だったり、購入者が得られる特典があったりします。

 

※今回のサボンモーブのお試しセットで言うと、

 

・30日間の返品保証


・3月4日に発売予定の育毛美容液カンテサンスのお試し(あるいは製品版購入)

 

これらの上記特典がP.G.C.D.公式オンラインショップで注文することで得られると。

 

念を押していいますが、損をしないために上記のことを頭に置いてから決断をしてください。

 

※2018年4月2日追記で、お試しセットの購入特典として美容液プレゼントがありましたが、ざんねんながら美容液プレゼントは三月いっぱいで終了しました。

 

それにしても非常にフランスの風を感じるブランドです。P.G.C.D.というそのブランドネームや世界観からも如実に表れています。(P.G.C.D.とはフランス語で「最大公約数」とのこと)

 

スカルプケアソープ+新作育毛美容液のお試しキャンペーン

 

そんなP.G.C.D.がいまスカルプケアソープのお試しセットのキャンペーンを展開しています。

 

「セット」なので製品はたったひとつではありません。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180319210141j:plain

 

P.G.C.D.の看板ソープでもあるスカルプケアソープ「サボンモーヴ」、そして育毛美容液「カンテサンス」をいっしょに体験できるお得なお試しセットです。

 

サボンモーヴ+カンテサンスお試しセット内容は、

 

  • サボンモーヴ45g(約ひと月分)
  • カンテサンス(20ml、カンテサンスは初回特典のプレゼント品。2018年3月4日受注開始の新製品です)

 

さらに初回購入者さんの特典として美容液がもらえ、30日間の返品保証もついています。

 


届くカンテサンス登場篇 ※新製品の育毛美容液カンテサンスの詳細動画。P.G.C.D.公式CHの動画です。

 

2014年6月4日に発売されたサボンモーヴ。公式サイトから単体購入でき、サボンモーヴのみ購入なら今回のセット品よりお安く購入できます。

 

前述したセット購入ですと、

 

サボンモーヴ45gサイズ

 

に加え、

 

  • P.G.C.D.新作の育毛美容液カンテサンス
  • 30日間の返品保証

 

上記2つの初回購入特典がつき、お得な価格で購入できます。

 

※P.G.C.D.サボンモーヴ公式サイトで価格をみる

 

サボンモーブ&カンテサンスお試しセットを購入

 

男性ながら管理人もこのビッグウェーブ?に乗るベく、このサボンモーブ&カンテサンスのお試しセットをP.G.C.D.公式オンラインショップより注文。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180321193129p:plain

※商品IDは修正しています。

 

記事更新時には品物はまだ手元にありません。無事に到着したらその旨の追記をおこないます。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180328192626j:plain

※2018年3月28日追記でサボンモーブ&カンテサンスお試しセットが到着。

 

上の画像の左側がスカルプケアソープのサボンモーブ45g。右側が育毛美容液のカンテサンス20ml。下にあるのは初回購入特典でもらえる美容液になります。※美容液プレゼントはすでに終了。

 

サボンモーブ、思ったよりもサイズは小さめ。45gですから予想はできましたけどね。3か月分とされる大きめサイズ(145g)もあります。

 

男性がなぜサボンモーブを購入したか?その理由

 

偏見的な書き出しにくわえ私事で恐縮ですが、なぜ管理人がサボンモーブ&カンテサンスのお試しセットを買ったのか?

 

定期的に画像をブログにアップしているとおり、管理人は薄毛です。

 

ふつうの液体シャンプーで洗髪すると仕上がりがペタっとしがち。それを嫌って石鹸で洗っている節もある。(ヘアボリュームを稼ぎたい)それがまずひとつ。

 

ふたつめ。ストレートな気持ちとして興味本位での購入です。ここしばらく「これ!!」というアイテムを購入したり、愛用してこなかったので久しぶりに‥というのが本音。

 

なにもサボンモーブじゃなくても‥と思いますし、育毛美容液のカンテサンスなんて100パー女性向けな製品に感じますが、久しぶりだしこの際いってみようかと。

 

それらにくわえて、ここ三カ月ほどずっとアルカリ性の石けん洗髪をつづけている背景もあり、このままサボンモーブを使ったらどうか?という興味もあります。

 

※サボンモーヴとよく比べられるRush(ラッシュ)のシャンプーバーも迷っています。あとでラッシュも使ってみたいです。

 

そんなノリも含め、サボンモーブ今回いってみました。のちほどサボンモーヴで洗ってレビューします。

 

※P.G.C.D.サボンモーヴ公式サイトで価格をみる