逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

髪が油っぽいならすぐシャンプー変えよう-おすすめ2本も

 

※本記事内容は管理人個人の主観による感想が多くを〆ています。その旨ご了承ください。本文中に広告リンクは一切ありません。記事文末にスカルプ系シャンプーランキング記事へのテキストリンクがあります。

 

実際に購入したスカルプ系シャンプー群

※過去画像です。

 

髪が油っぽい(脂っぽい?)んです。もうこれはずっとですね。たぶん中学生のころから。いまでもそうなんである種髪の毛がオイリーになるのは悩みの一つであります。

 

髪の毛が油っぽい、ベタつく感触がする。髪が、というより頭皮もという感じです。

 

もちろんシャンプーしたてはベタつきはありません。洗っても洗っても髪がのベタつきが収まらないわけじゃないけど、洗髪をして数時間後にはもう‥という。

 

過去記事でも書いてますが、ブログを始めてしばらくは1日2回(朝・晩)シャンプーをしてました。もうしばらく2回も洗髪をしてませんが、長い事やってましたね。

 

一日2回も髪を洗う理由は、これも記事で何度も書いてますが、髪の毛のボリュームを稼ぎたかったから。

 

洗っても髪がすぐ油っぽくベタつくことで、髪がペタッとしてしまいボリューム感がなくなるんですよね。

 

これがまだ毛量が多い、ぜんぜん薄毛じゃない方ならまだいいけど、管理人みたいな薄毛で髪の毛のボリューム感がない側にとっては死活問題になります。

 

管理人の最新の生え際画像

※管理人の最新の生え際画像。

 

ホントに微妙な毛量なのですごくボリューム感が気になるんです。自分くらいの髪だと。なので苦肉の策としてボリューム感を出すために1日2回もシャンプーしてたんです。夜お風呂に入って洗う、翌朝起きてシャワーを浴びるという。

 

でも、なぜ2回洗うのをやめたのか?


それは、朝シャンが髪によろしくない都市伝説?を考慮してと、洗いすぎは頭皮の皮脂分泌のサイクルを乱すということで、そちらを考慮したのが1日2回洗髪するのをやめた理由です。

 

でも4ショット記事の場合は朝にシャンプーしてますけどね。あれは洗髪してドライヤーブロー直後の画像を撮影したいのでそうしています。普段は夜のお風呂だけです。


そうそう、管理人の頭皮と髪のケースはさておいて、髪の毛が油っぽい悩み。

 

よく言われる対策法としては、食生活から油物を極力廃すこと。わかりやすくいうと食べた物が出る、ということ。油物が多い食事をとっているならばオイリーになるのは当然という見方です。

 

これは自分も感じていて、たしかにそういう食事をとりがち。実家暮らしで帰宅すれば家のご飯がありますが、食卓にでるメニューも油物が多いですし、外食をした際にはそういうものを食べがちです。

 

良くないなと思いますが、これまで長らく続けてきたので今すぐに!!という決心ができずにズルズルきています。でもタバコや飲酒と同じでスパッと線をしかなければならないんですよね‥

 

油(脂)は体臭とも密接なカンケイ。なんとかしたいところであります。年齢も若くないしで。ミドル脂臭、加齢臭と歳を取るごとに身体のニオイの悩みが若いころより大きくなってきますから。


あとはシャンプーを変えるのも一つの対策法

 

たぶんこのシャンプーを変えることにみなさん意識が向くと思います。やはりカンタンですからね。いまのと違うのを買うだけだし。

 

シャンプーの場合はスカルプシャンプーを選ぶのがコツ。育毛シャンプーと呼ぶ方も多くおられますが、スカルプとは頭皮を差すようです。頭皮ケアに向けたシャンプー剤。スカルプシャンプーにしましょう。

 

スカルプシャンプーならではの魅力として「毛髪および頭皮を清浄にする」が挙げられます。※上記「」内のことはたいていのスカルプシャンプーのボトル背面に記載がされています。

 

スカルプシャンプーは頭皮のアブラに着目。皮脂分泌のサイクルの適切化を狙います。

 

頭皮の皮脂・アブラは取り過ぎてもNG。取り過ぎると過剰に頭皮が反応しさらに皮脂を分泌する。頭皮環境の乱れるきっかけです。シャンプーするごとにこうなるのですから、ある種永久パターンに入ります。

 

スカルプ系シャンプー独自の成分配合で皮脂・アブラを取り過ぎず、適切な皮脂分泌のサイクルを保つようにするのがスカルプ系シャンプーの魅力です。

 

このスカルプシャンプーも市販品と通販系の二つにわかれます。市販品と通販系の大きな違いはまず価格です。

 

市販品は数百円から2千円台が相場。一方の通販系は2千円~高いもので1万円オーバーのものまで。

 

このように価格の開きがある両者ですが、何が違うのか?一般的に言われているのは配合成分の違いです。

 

わかりやすくというと、通販系は配合成分にこだわり手間とコストをかけて製造されている。それが価格にも表れています。

 

まぁ、そう書くとなんか市販品がいい加減に造られているようなイメージを抱く方もおられるかも知れませんが、両者の明確な配合成分の違いはネット上でも取り上げられ、シャンプー解析や口コミ情報として目にします。

 

スカルプ系シャンプーはこれまで愛用してきた銘柄より割高に感じるかも知れません。しかし頭皮の油っぽさに悩むなら一度は試すべきシャンプーでもあります。

 

個人的におすすめな銘柄は、

 

市販品ですとカロヤンプログレシャンプー、通販系ですと薬用スカルプD、カダソンスカルプシャンプー(皮膚科医師開発)です。

 

※当ブログでもこれまでいくつものスカルプシャンプーを買い、試し記事にしています。こちらの記事⇒【全て購入】スカルプシャンプーランキング1位~6位(番外編)を発表!! - 逃げのAGA自己治療録