逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

一気にハゲた…ネットで原因を探る

 

※本記事中に広告リンクは一切ありません。


この世の終わり的なキーワードに感じる「一気にハゲた」というワード。

 

この一気に禿げた記憶、管理人はたしか十代の終わりごろだったと思います。ハゲた~というより、シャンプー後の抜け毛が一気に増えたことの記憶。

 

もうだいぶ前なんで詳細は忘れましたが、抜け毛が増えたなぁ‥という記憶は鮮明にあります。頭をてぐしでバサバサするとパラパラ抜けるし、軽く髪を引っ張ると抜ける…シャンプー後もしかり。最悪の気分です。

 

10代終わりからハタチごろにかけての経験だったのでいわゆる「若ハゲ」なのかと意識しました。でもこの抜け毛が一気に増えた事例はネットで検索してみると20代前半でも十分ありえるようです。某知恵袋サイトでは、中高生が中心の悩み相談のケースがコンスタントに寄せられています。

 

思春期という多感な時期。身体の変化に対して不安感が先にたってしまうことと思います。そう感じたら抜け毛のケアをすることを検討しましょう。一気にハゲたぁと悲観するよりも先に。すぐに始めましょう。(若い世代の方はミノフィナは絶対にNGです

 

若ハゲの悩みは若いだけに大きな悩みになる。将来を悲観するくらい。どのくらいの進行で若ハゲとするのかは本人を見ないとわかりませんが、まずは冷静になって情報収集をすべきです。

 

一気にハゲたと思う理由は人それぞれ。その人その人で生活する環境も大きく異なる。

 

よく挙げられるケースとして、

 

  • 食生活
  • 不規則な生活パターン
  • 過度なストレス


この3つは鉄板です。若いうちから乱れがちなこの3点。無理もありません。かくゆう管理人も上から目線で「規則正しい生活を保ちましょう」なんて言えません。

 

ただあくまで管理人のケースとして、たしかに十代終わりごろにシャンプー後の抜け毛がドッと増えました。しかしそれから10年ほどはあるレベルを保ったままそれ以上増えませんでした。

 

いまはむしろ抜け毛どうこうより発毛させる方に注力すべきと感じています。まぁ、弱い自身の判断で発毛セクションを自らやめてしまったのが大きな要因だと思うのですが‥

 

考えてみれば矛盾しています。髪の毛を生やしたくて育毛をし、ブログも書いてきたのに、その目標すらも自分で見切りをつけてしまったのだから。育毛するのが怖くなったと思われても仕方ない。

 

抜け毛が気になる若い世代の方は、管理人のように途中で挫折してはいけません。自身の髪の毛のため、強いてはこれからのためですから。

 

さて食生活。これはある種改善が難しい課題です。人によっては不可能かも知れないし、奥さんとの仲が悪くなってしまうかもしれない。

 

不規則な生活パターン、これもそうですし、ストレスだってそう。

 

‥というか、先に挙げた3つのケースはどれもこれも改善が難しいものばかり。育毛だけに言えたことじゃないんですよね。

 

身体にまつわることならあの3つのケースが対外関わってきます。そして脱毛の仕方によってはキチンと病院の診察を受けた方がいいかもしれません。これは申しておきます。

 

管理人の最新の頭頂部

※管理人の最新の頭頂部画像。

 

管理人の場合もあの時なぜ一気に抜け毛が増えたのかは謎のまま。たしかに上記3ケースはすべて当てはまります。…だから抜け毛が増えたの!?という疑問もある。考えても仕方ないですけどね。(ウチの場合は遺伝も影響ありそうです。)

 

管理人の当時のケアはとくにありませんでした。いまみたいな状況とは違うし、育毛ケアするとしたら花王サクセスの薬用トニックと薬用シャンプーで洗うくらい。

 

育毛剤もありましたが、若かったので当時の金銭事情からバカ高い育毛剤を毎月継続できなかったです。(サクセスシリーズはまだ安めですが)

 

一気にハゲたと悩むなら、まずは育毛ケアをしましょう。とうぜんシャンプー後の排水口はチェックしてますよね!?シャンプーからまずは変えてみましょう。理由は、髪の毛と頭皮を洗うからです。

 

シャンプーは育毛には関係ない、髪の毛はシャンプー変えても生えない。それでもシャンプーにはこだわるべきです。育毛する人はシャンプーにもこだわります。

 

シャンプーだけで終わってはいけません、それに付随する要素は他にもあります。育毛剤もしかりです。…というか、先に挙げた3ケースの改善を優先するより、シャンプーと育毛剤で育毛ケアをする人がほとんどです。

 

食生活、生活パターン、ストレス問題をキチンと改善できる人なんてホンの一握りの人。

 

考えても見てください、これらの要素を改善するなんて最低でも今の職場やその地位を捨てることになるでしょう。人によっては奥さんと離婚しなければならないかも。これは売れっ子芸能人や政治家、社長さんでも厳しいと思います。

 

一気に環境を変える。これほど大変なことはありません。それならお金をだして育毛ケアをするほうがラクだし現実的な方法です。無責任な言い方に聞こえそうですが、モノを変えましょう、買いましょう。そして今日から始めましょう。