逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

健診時に医師からある宣告-2016年10月10日〜16日の総括記事

 

※本記事中には広告リンクは一切ありません。 

過去記事へのテキストリンクが2本あります。

 

 

こんばんは、ブログを更新します。

気温もだいぶ先月より下がってきて寝るときは掛け布団が手放せない今日この頃。

みなさまもうっかり風邪などひかないようお気を付けください。

 

 

そしていつものように私事で恐縮ですが、

今週の火曜日に健康診断に行ってきました。

 

 

市内の大き目な病院内で予約をして健診を受け、

医師の診察を聞いてきました。

 

 

手早く結論から言うとなんら問題なしでしたが、

医師の方から前回のデータも合わせて言われたのは、

なにか飲んでるでしょ?と。

 

 

パントスチンは健診のために約ひと月前に止め、

サプリメント類も少々控えていたのですが、

血液の赤血球・白血球の値に医師は着目し、自分に聞いてきました。

 

 

本来ならばサプリもきちんとある程度の期間、

服用をやめてから健診を受けるべきなのですが、

前回(去年)はやめずにそのまま飲んで健診を受けてました。

そこで前年度との赤血球と白血球の値のズレに気付いたと。

 

 

正直に当時はサプリを飲んでいたことを話したところ、

医師の方いわく、その赤血球と白血球の基本となる値?は

変わりがないので特に問題はないが、年齢もあるし、

なんらかの大きな変化が毎年あるようではあまりよろしくはない、

とのことでした。

 

 

※医学的な事を含みますし、細かな説明を忘れてしまったので

上記のような書き方で申し訳ありませんが、このような事を言われました。

 

 

医学の素人がこのような件について、あれこれネットの情報をくっつけて

信憑性があるかのような文を書くのは控えたいと思いますので、ここまでにします。

サプリに頼りすぎるのも考える必要がありそうです、自分の場合。

 

 

こう書くと、サプリメントはやばい!!‥と安易に受け取られそうですが、

やはり栄養の知識と使い方の適切さが大きいと感じてますので、

今回の件で、その辺りもちょっと考える予知がありそうです。

 

 

くどいですが、上記の件は問題はないとのこと。

 

しかしながら、自分もけして若くはないので、

なるべく自分から不安を抱えたくないのが本音です。

ミノフィナだって内服を一切やらずにきましたしね。

 

 

‥ということで、本題の総括記事に移りましょうか。

2016年10月10日~16日の抜け毛報告。

f:id:shl77yuqdi4v:20150323114748j:plain

f:id:shl77yuqdi4v:20150928141223j:plain

 

※毎度毎度恐縮ですが、上記の注意事項よろしくお願いいたします。

 

 

‥ということで発表します、

2016年10月10日~16日の抜け毛本数は‥41本でした!!

 

前回42本に対し、今回41本。ほぼかわりませんね。

 

前述した通り、今週18日の健診を見据えてパントスチンを

約ひと月間控えていたのですが、現状はこの41本という数字がでてますが、

最近、抜け毛が増えたなぁという実感はありません。

 

 

しかしながら、昨年は12月初めから抜け毛ペースが突如倍増した

経緯がありますので、油断できないっていうか、今から不安がいっぱいです。

 

 

まぁ、不安を恐れてストレスを溜めても良い事は全くないので

忘れることにします。

 

 

‥というか、今の時期限定で記事を書くときのみ、

あの不安がよみがえるんですが。あの地獄の12月が近づいてきたっていう。

世間的に言う抜け毛の秋はいまだ訪れてないようです。もしかしてこれから⁉

 

2016年10月10日~16日の生活面etc

f:id:shl77yuqdi4v:20150817140258j:plain

 

前述した通りです。とくに問題ありません。

少し前に寝つきが悪かった時期があり記事にもしてましたが

いまは問題なく寝れてますね。

 

 

改善策としてYouTubeにアップされている快眠系の音楽や周波数、

呼吸法など色々と試しましたが、一向に効果を感じませんでした。(自分には)

 

 

そうした中で寝れるようになった改善策、あくまで自分のケースとしては

睡眠時間をズラしたこと。(早めた)

 

 

日中は仕事をしているので大幅にはズラせませんが、

これまでだいたい0時過ぎに横になり、寝付けないであえいでいました。

そこで横になる時間を早めて21時頃に布団に入るようにし、朝6時に起きてます。

 

 

こうしようと思ったきっかけは、

いつもの0時すぎの就寝では、もはや心身ともに受けつけなくなってるのでは?

と思ったこと。いつもの悪循環から脱却しようと思ったのです。

 

 

0時すぎといういつもの就寝時間、

実は横になる前から精神的に参っている。

 

ああ、今日も寝れないかも‥?と。

 

その今日も寝れなくてやばいかも⁉、と思っているワナに、

自分から律儀にハマリにいく必要はありません。

 

 

それならある程度余裕を持った時間から横になっておこうと。

なぜか、それが功を奏したようで不思議と寝れています。

※今日はこの記事をアップしたらすぐ寝ないと時間的にキツイ。

 

 

起きるのも早くなりましたが、早起きは実に気持ちいいものです。

この就寝ペースが慣れたら朝起きてジョギングしようと思ってます。

 

 

ちょっと夜間に運動することが偏ってたのもアレだと思ってましたし。

‥という感じです、今回は以上です。

 

 

※今回の医師の件ならびに睡眠の件はあくまで自分のケースでのお話です。

どちらも自分に起きた事実を書いてますが、必ずしもこれらの事が全ての方に

当てはまるとは言えないと思います。ご了承ください。