読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、ご了承ください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が外用ミノキシジル+サプリメントを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復ができるか?挑んでいます。このブログではAGA自宅治療法について管理人自身が考え、実行し体感したことを記事に記しています。AGAについて知識を深め、自身の薄毛という悩みを克服すべくこのブログを立ち上げました。2016年2月下旬から実感型サプリメント・モサインを導入し服用しています※モサインはノコギリヤシ系のサプリではありません。

発毛への執念が結果を導いた!?‥たまに見て元気もらうページがこちら

AGA 思ったこと 育毛を成功させよう

先日の記事を書くにあたり、

久しぶりにオオサカ堂の発毛コンテストのページをみて、やはり

発毛への執念が強い・大きい人がより良い結果を手にする‥と、

改めて感じました。

 

 

※オオサカ堂の発毛コンテストとは、

f:id:shl77yuqdi4v:20160329110403p:plain

 

オオサカ堂が取り扱っているAGAグッズを用いて

実際に発毛させるまでを追ったドキュメントタッチのイベント。

 

 

発毛された順にランキング付け、さらに愛用グッズの発表もあります。

発毛コンテストページをみれば、どのグッズが生えるのかわかります。

 

 

ちなみに記事冒頭の先日の記事とはこちらの過去記事です。

kaminoblog.hatenablog.jp

 

しかし、発毛への執念が強い=単純に高濃度のミノキシジル、

内服フィナステリドを使えばいい、とも言えないと思うわけです。

 

ここではある程度決めつけて書きますが、やはり副作用のこと。

 

 

人によっては耐え難い症状に悩まされ、

それらミノフィナを継続することが難しい状況になるかも知れません。

 

 

※その人の体質も大きく影響されることと思います。

 

 

‥まぁ、ウチのブログの方向性として、

攻めより防御の姿勢に重きをおいてますので、

冒頭からマイナスな流れで恐縮ですが、「ない」とも言えない。

 

 

AGA自己責任の道をたどるなら、

f:id:shl77yuqdi4v:20160222123015j:plain

 

このあたりの「判断」も自身でしなくてはなりません。

 

なんどもブログで書いてますが、そういうことです。

 

 

‥言うても「発毛への執念」は、

成功への大きな原動力になるハズ。

 

 

成功への具体的な方法は、自己責任なら自身で模索しなくては

なりませんが、やってみなくてはわからない世界でもある。

 

 

これが仮にAGAクリニックに通い、

医師の診察・処方を受けても、やることはほぼ同じでしょう。

ミノフィナをやるんでしょうから。※症状にもよるでしょうが。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20160220163804p:plain

 

先日の記事で久しぶりにパントスチンを取り上げましたが、

クリニックでの診察でパントスチンを処方されるケースもあるようです。

 

 

かくゆう管理人も外用フィナ・ジェンヘアーFIN025を止めた後に、

代用としてパントスチンを1本愛用していた時期がありました。

 

kaminoblog.hatenablog.jp

 

※記事作成時の時点では、希少な外用フィナステリドであった

ジェンヘアーFIN025、オオサカ堂の取扱いはありません。

非常に残念であります。当ブログの層の方々には性質柄、人気でしたので。

 

 

発毛への執念が強いからといって、

f:id:shl77yuqdi4v:20160225205443j:plain

 

過去の自分みたいに人柱的にアレコレやるのはオススメしません。

※内服は一切やってません。

 

 

しかし、これだけ情報やAGAクリニックの存在など

発毛への方法としては、年々具体的になってきている感があります。

より整備されてきている‥みたいな。

 

 

言うほど長い歴史があるブログではありませんが、

1年経過するだけでも、AGAを取り巻く環境は

流れが早くなっていくものだと感じています。

 

 

その流れに自身がもつ、発毛への執念をうまくシンクロさせ、

より良い結果に導く‥偉そうに言えるほど結果はでてませんが(汗

 

 

そのお手伝いができたら本望です‥が、

やっぱり自分のためなので生やさないと。

 

 

これまで書いた内容がすべてドキュメント、

それなりに費用も投じてきました。

 

 

生えませんでした、すいませんみたいなね。

それじゃ悲しすぎますのでね。がんばります。

 

 

 

スポンサードリンク