逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

ハタチのAGA@自己責任でやることの不安感は消えない

 

何かのタイトルみたいな感じになってしまいましたが、20歳という年齢で自己責任でAGA治療に取り組む方へ。 

 

薄毛の段階、たとえ年齢的に若い20歳であっても、その人によって薄毛の具合は異なるし、その薄毛が進行していくスピードも異なるでしょう。 

 

みんながみんな一定のハゲ方、同じようなハゲ方をしないことくらい容易に想像できますよね。

 

AGAは病気、いや病気ではない、という論争もときおりネットで見受けられますが、進行していくものにはかわりません。 

 

あれ、おかしいな‥?と思ったときに迷わずAGAへの対策をしていくのが基本。 

 

仮にAGAが放っておいて回復するなら、それほど世間的にも大きく、深刻に取り上げないでしょうが、薄毛対策をスタートさせるタイミングを見極められず、気付いたときにはもう‥。なんてパターンは十分考えられます。 

 

‥というか、自分もこんな上から目線でモノを言えません。いまもミノフィナを抜きにしてがんばっていますから。 

 

いまはこの薄毛・AGAを取り巻く環境が一昔まえよりも進み、パソコンやスマホなどでネットから髪の毛の悩みについて調べることができ、さらにAGA治療薬を用いての体験談がチェックできたり、AGA専門クリニックも全国各地に展開されています。 

 

いまはお医者さんで薄毛相談・治療ができる時代です。 

 

髪の毛で悩んでいるならお医者さんに相談だ、と、かつてのテレビCMでもあったとおり、医学的に薄毛治療ができるって改めてすごい時代になったものだなと思います。 

 

前にも書きましたが、AGAが病気かそうでないかは自分には決められないことですが、薄毛は進行していくものだということは事実ですし、理解していること。 

 

迷ったり、悩んだりする時間が多いほど、決断が遅れるほど、自身の薄毛の進行を許すことになる。 

 

いきなり自分に最良の答え、方法を探そうとせずにまずは手軽な方法、入手しやすいものから始めてみることがスムーズな第一歩を踏み出せることにつながると思います。 

 

かくゆう管理人も実践するまえに情報収集ばかりやっきになり、おかげでそれなりのAGAまわりの情報・知識は得られたものの、副作用や初期脱毛などマイナスな面ばかり恐れて、最初のミノフィナに行きつくまで数か月間かかりましたね。 

 

でも、そのおかげでいきなり上から始めるのでなく、まずは下から積み上げる、という方法に気がつきました。 

 

身体への負担をなにより考慮して、まずはノコギリヤシと亜鉛からはじめたんですね。最初からミノフィナはすごく高いハードルに思えたんです。 

 

ゆくゆくはそこに到達するだろうけど、色々不安が大きいし、他にも方法はあるだろうと。くどいけど、ホントに副作用・初期脱毛が怖かったですからね。 

 

自己責任でAGA自宅治療をする、なんら違法ではない行為ですが自己責任って重いですよ。けっして軽くない。でも、それでもやってみると男は思うもの。 

 

自分が思い立っていまの計画を発動させたのがこちらの記事。懐かしいです。

 

kaminoblog.hatenablog.jp