逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

2015年9月1日のblog管理人の頭髪4ショット@モンゴ流シャンプーEXで洗ってみた

 

気付けば今日から9月に突入、早いものです。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150901132047j:plain

 

‥ということで前置きは置いといて、恒例の4ショット記事、すぐに始めましょうか。 

 

本日9月1日の朝にシャンプーしてドライヤーでブローさせた直後に管理人の頭髪をデジカメにて撮影。

 

生え際正面

エム字両サイド

頭頂部へ‥という順で撮影しています。

 

ちなみに今日の朝はモンゴ流シャンプーEXの400mlで洗っています。それではいきましょう、まずは生え際・正面からです。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150901123842j:plain

 

このような感じとなっております。モンゴ流シャンプーEXの洗い上がりもいい感じです。髪のボリューム感アップも期待できます。 

 

次はエム字両サイド、こちら側から。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150901124012j:plain

 

このような感じです、いかがでしょうか?続きまして逆サイドへ。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150901124151j:plain

 

相変わらず肌が白く写ってますが、同じ撮影です。光の影響と思われます。撮影は苦手ですので‥。最後は頭頂部ですね。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150901124313j:plain

 

自然光がよりリアリティを増している‥という感じがする現在の頭頂部。いかがだったでしょうか?‥という感じの2015年9月1日火曜日の頭髪4ショット記事でした。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150823183244j:plain

 

モンゴ流シャンプーEXの洗ってみたレビューまた後でも書いてみますが、今回の4ショット記事で言うならば、モンゴ流シャンプーEXは買って正解でした。

 

今回挙げた画像をご覧になった方がどう思うかは、自分にはわかりませんが、

 

管理人の頭髪状況(髪の毛の量とか髪質など)にはモンゴ流シャンプーEXがハマっている。

 

と捉えています。

 

うまく表現するのが難しいのですが、管理人がこの手のスカルプシャンプーに求めているのは、

 

  • 洗っている最中と洗ったあとの洗い上がり感。
  • 髪のボリュームアップ。

 

まぁ上記の二つはシャンプーの仕方や、ブローの仕方で大きく左右されそうですが、いままでの自分の洗い方・ブローの仕方を変えることなく、自分が満足する仕上がりになったのがこのモンゴ流シャンプーEXだった、という感じ。

 

さらに言うなら、 

 

洗い方だとかブローの仕方だとかそういう小難しいことを気にせずとも、シャンプーをこのモンゴ流に変えただけで満足できたって事。

 

満足=薄毛がごまかせた、って事かな。

 

モンゴ流シャンプーEX、2本目は400mlサイズを購入したのでこのまま1本丸々使い続け、定期購入で継続するか後で判断します。※モンゴ流シャンプーEXの感想は、あくまで個人の主観です。 

 

現行の薬用スカルプDも気になるんですけどね、「遺伝」というテーマに。最近アンファーは動きが活発ですね、北野武さんが登場するとは思いませんでした。

 

※追記で、本記事からほぼ一年後に、新製品のスカルプDストロングオイリーを購入し洗ってみました。※画像あり。スカルプDストロングオイリー到着!!2016年9月9日の髪の毛の状態 - 逃げのAGA自己治療録

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150901172551p:plain

 

‥でも、ホントにシャンプーとか育毛とか、お金になる市場だけに「髪の業界」は色んな説・事例が飛び交います。 

 

何を、誰を、信じていいのか?みなさん一度は経験していると思うんですよね。

 

AGA治療薬を例にしても、ブログを見ていてあの人には効果あったけど自分には効果がなさそう‥なんてことも普通にありますし。 

 

そういう背景がわかってると、中々「こうだ!」と理由づけするのが難しいなって思います。ですので、ウチのブログはそういう理由づけをすることは避けてます。 

 

※理由づけをした方がモノは売れるでしょうけどね、だからウチはぜんぜん売れないし、広告あるけど売る気もないです。

  

ただ、「リアリティ」はすごく大切にしています。 

 

書き過ぎちゃうのも色々うまくないんですが、そこら辺大切にしてます。ただその分費用がかかるのがネック(泣、趣味として楽しんでやっているのでまだやってられますけど。 

 

とにかく誰かの何かしらの参考になればいい、ってスタンスです。選ぶお手伝いっていうか。 

 

‥でも、自分のブログやTwitterが荒れてもいい、炎上してもいい、自分がいいたいことはこうだ!という姿勢も、素晴らしいと思いますけどね。