逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

20歳@薄毛で悩むのは悪いことじゃない‥大切なのは悩みから「行動」に気づくこと

 

前回の続きになりますが、薄毛の悩みは年齢とは関係ないと思い切って書きましたが、ハタチのように若い世代であるほど、後の世代と比べて悩みの深さ・大きさは異なるってことです。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150822102233p:plain

言うならば、現在置かれている状況・環境が影響してくると。

 

  • 家庭環境。
  • 職業。
  • 社会的(会社的)地位。
  • 人間関係。

‥ざっと挙げてみましたが、もちろん人それぞれの「違い」が

ありますからこの限りではありませんが考えられるポピュラーな例を挙げてみました。

 

 

そしてそれらの環境に「薄毛という悩み」が巧妙に絡んでくると。

f:id:shl77yuqdi4v:20150822104013j:plain

これまでの書き方だと20歳という年齢よりも、

30代以降の世代に向けている感じがしますけども、若い世代でも一緒だと思います。

しかし冒頭にも書いたとおり、悩みの深さが異なる‥。

 

 

イメージとして後の世代の方が悩みが深くなる気もしますが、

20歳には20歳という年齢なりの悩みの幅があります。

 

 

それらは、ご自身が置かれている環境や状況でその幅が異なります。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150822103415j:plain

わかりやすい例だと20歳の学生さん。

予備校生・専門学生・大学生といった学生さん。

 

 

学生といった環境ではほぼ同世代の人たちと行動を共にするわけです。

授業・講義とかでね。サークルに所属されている方もおられるでしょうし、

同世代が多く働いているバイト先でバイトしている人もおられるでしょう。

 

 

そういった環境に身をおいたときに、こんなときに、

薄毛の悩みが大きくのしかかってくる‥。辛いですよね。

 

 

その辛さがうしろめたさに変わっていく、

そして頭の中でいらんシュミレーションをするようになるんです。

 

 

そんなシュミレーション、

多くの場合「被害妄想」とか「考え過ぎ」ですよ。

だって自分の頭の中で考えていることだからある種「正解」がない。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150822104635j:plain

 

薄毛であることは事実だから自分で「正解」が出せないんですよ。

まだ若さという面もあるでしょうし。

 

 

でも、薄毛で悩んでいてもキリがないんですよ、

悩むだけならだれでもできるし、いくらでも悩める。

もう好きなだけどうぞって感じで。

 

 

それによくいわれてるじゃないですか、

考え過ぎ・ストレスは髪の毛に良くないって。

 

 

科学的な根拠は自分にはわからないけど、

悩むだけってのは身体にもよくないですよね。

顔つきやその人が持つ雰囲気にも悪影響がでそうです。

 

 

そしたら「今よりも」色々と自身が抱えている悩みは

深くなっていきますよね。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150822150324p:plain

20歳‥まだハタチですよ。時間はまだまだたっぷりとあります。

悩むだけ悩んだら次へ進みましょう、=行動するってことです。

‥言うのはカンタンですけどね(汗