読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、ご了承ください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が外用ミノキシジル+サプリメントを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復ができるか?挑んでいます。このブログではAGA自宅治療法について管理人自身が考え、実行し体感したことを記事に記しています。AGAについて知識を深め、自身の薄毛という悩みを克服すべくこのブログを立ち上げました。2016年2月下旬から実感型サプリメント・モサインを導入し服用しています※モサインはノコギリヤシ系のサプリではありません。

ポラリスNR-11or10!?@2015年7月29日の見解

 

※今回はポラリス育毛剤の比較のみならずAGA塗り薬の仕上がり比較も画像込みで紹介しています。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150730113423j:plain

 

ポラリス育毛剤、NR-10かNR-11かどっちがいいか?

 

これは、その人その人でチョイスの仕方が当然異なってくると思います。まずNR-10とNR-11に共通していることは、

 

  • ミノキシジル10%オーバー
  • フィナステリド0.1%配合

 

の2点がまず頭に思い浮かびます。 


ミノキシジル濃度は11%がNR-10、そして業界最大濃度である16%がポラリスNR-10になります。 


外用剤ミノキシジル濃度で現在最高濃度がポラリスNR-10‥になりますね。 (記事作成時) 


そしてNR-10とNR-11で決定的に異なる点があります、それは

 

塗り薬(クリーム)とローション(液状)の違い

 

です。念のため記しておくと、ポラリスNR-10はクリーム(塗り薬)ポラリスNR-11は液状(ローション)になります。 

 

管理人はどちらも使用経験ありますので、あくまで主観ながらの感想ですが、

 

ポラリスNR-10は主なアプローチ箇所は「生え際部分」

 

ポラリスNR-11は頭部全体に及ぶが、主観の感想で言うならば主に頭頂部‥かな?

 

NR-11はローション、スプレー使用ですので容易に頭部全体がカバーできる、とおもってください。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150222191423j:plain

 

いっぽうNR-10はクリームタイプ・塗り薬。使い勝手や塗れる箇所が限られてきます。

 

※髪が生えている箇所には塗り薬って使い辛いですよね。

 

しかし、使い辛くても、どんな仕上りになっても自分は構わないというのなら僕は何も言いません。ご自身がそれでいいならいいと思います。 


快適に、性質上商品の性質を発揮しやすい箇所というのは、やっぱり毛が生えてない箇所になるのかなと。 

 

例に出すと、ハゲてしまった頭頂部、あるいは生え際・M字部分‥など。 

 

その人にとって髪がない箇所、すでにハゲてしまった箇所はどうしても発毛してもらいたい箇所でもあるわけです。 


そこに業界最高濃度であるミノキシジル16%を誇るNR-10が強力にアプローチすると。


育毛経験者41人にアンケート抜け毛の原因と対策を公開 のページ内にある、オオサカ堂のみんなの発毛コンテスト第二期にはこのポラリスNR-10を用いて、みごと第二位・三位に輝いた方がいらっしゃいます。 

 

結果発表ページにはわかりやすい画像がちゃんとありますので、NR-10を検討されている方は一度、目を通しておくとよいでしょう。 


ちなみに第二期発毛コンテストのNR-10使用者は3名。ポラリス育毛剤の中で最も多いです。ミノキシジル16%に賭けてみた、と読み取れます。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20141019100448j:plain

 

‥とまぁ自身の経験をふまえて言うならば以上のような感想です。ちなみに自分は二つ目のポラリスとしてNR-11を購入しました。 

 

理由は、高濃度だしスプレータイプで使いやすいから。 

 

NR-10は塗った箇所が白く目だってしまうので、仕事や外出前にはちょっと‥ですね。気にしないなら構いませんが‥。

 

※下の画像は平日休みの朝っぱらに生え際にNR-10を塗ってみた図です。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150708203153j:plain

※PCの方は画像をクリックで拡大。

 

まぁこの上の画像の仕上りも個々の感じ方・受け取り方次第なんですが、ポラリスNR-10ならびにブラックポムトンの使用は、

 

就寝前やこれから外出する予定がない、

 

という方向け‥というのが、一般的な捉え方かな‥と思います。 

 

塗った後の仕上がり具合がどうしても気になるという方は、ボントレスローション があります。 

 

ボントレスローションは今話題のキャピキシル育毛ローション。※下の画像は夜にボントレスローションを生え際に使用して撮影したもの。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150623210014j:plain

 

※クリックで拡大します。よくみるとM字両サイドが「にじにじ」とテカっているのがわかると思います。仕上りもいい感じですよね。 

 

ちなみに ボントレスローションは現在キャピキシル育毛ローションで最安です。

記事作成時の時点で1本あたりの価格は5,774円(送料無料) 

 

フィナステリドが入ってなかったらジェンヘアーミノキシジル15%ローションをやらずにNR-11を続けてたでしょうね。

  

※当ブログ初訪問の方に、管理人はいま現在フィナステリドをやめています。 

 

‥ということで最後は自分がこれまでつかったAGA塗り薬の画像比較になってしまいましたが、自分がわかることはこんな感じです。AGA塗り薬購入のご参考になれば幸いです。 

 

※今回の記事は管理人の主観、経験からの感想です、その旨ご理解ください。商品価格は記事作成時の段階での情報です。

 

それと効果うんぬんは書きたくても書けませんのでご了承ください。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150217131459j:plain

 

ちょっとズレるけど、僕はポラリスNR育毛剤の中で迷ったのは11か10ではなく、11か8か、で迷いましたね。 

 

結論としては最初にNR-08を購入して1本丸々使い切り、次にNR-11を購入しました。購入先はもちろんオオサカ堂。

  

参考までに理由を書いておくと、

 

NR-08を最初に選んだ理由はオオサカ堂のレビュー件数がぶっちぎりで多かったから、です。

 

たしかにその当時はNR-11が発売されて間もなかったのでオオサカ堂のNR11のレビュー件数も少なかったのもありますが、 

 

もうすでにNR-08は1,000件ちかくレビュー・体験談があったので、ここまで売れているってことはいいものなんだろうと思って買いました。

 

オオサカ堂のポラリスNR-08のレビューはこちら。