逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

ミノキシジル・キャピキシル・タイの育毛剤‥3種類のAGA塗り薬ここがいい・悪いを主観で挙げてみる

スポンサーリンク

 

いま現在の手持ちのAGA塗り薬は以下の3種類。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150628083742j:plain

 

左からボントレスローション(キャピキシル5%)

ポラリスNR-10(ミノキシジル16%フィナステリド0.1%)

ブラックポムトン(天然成分のタイ製育毛剤)

 

この3種類、同時に併用はしていませんがオオサカ堂から購入し使用経験があるもの。※NR-10とブラックポムトンは一度のみ使用。

 

フィナステリド配合NR-10は一度だけ使用。ブラックポムトンは先日の記事も記憶に新しいですが、使用感が好みでなく今後の使用は見合わせるつもりです。

 

上に挙げたAGA塗り薬の中で「使用感」はそれぞれですが、なかでもボントレスローションとポラリスNR-10は良好に感じます。

 

あくまでわたしの勝手な推測ですが、塗り薬って「塗る箇所は生え際(M字)に集中する」ものと思います。

 

M字部分という場所が場所だけに人目につきやすいため「塗った後」が自然にならなければとても使えません。

 

そうするとブラックポムトンはどうしても候補から除外されてしまう‥と。

 

なにせこの仕上りですからね。 

f:id:shl77yuqdi4v:20150626211439j:plain

 

画像は少しオーバーに、広範囲にわたって塗り塗りしましたが、ご覧のように塗った箇所は「黒くなる」‥

 

人目に付きやすい生え際がこれでは、さすがに人前には出れません。

 

前の記事にもそこを推して書きましたが、ブラックポムトン‥お出かけ前の朝に使うはどうしたって不向きです。

 

使うなら自宅在宅時、それも就寝前‥でしょうか。 

 

ポラリスNR-10は塗った後の画像は以前撮影しなかったのでアレなんですが、例えると某ニキビ治療薬を塗ったかのような仕上り。(ク〇ア〇シルとか) 

 

自分の主観ではNR-10は「自然な仕上り」に思えました。

 

これならお出かけ・出勤前の朝にも使えるんじゃないかな‥と。

 

塗った後も自然な仕上りに思えるし、現時点で最高濃度のミノキシジル16%。 

 

それに加え、フィナステリド0.1%配合ですので、個人輸入で入手できるAGA塗り薬の性能としてポラリスNR-10は「かなり強力」な部類にはいります。 

 

ゴルゴ13の名言でNR-10を表現するなら、さしずめ「一人の軍隊」という所でしょうか。わかる人にしかわかりませんが(苦笑)

 

自分はフィナステリドはやらないという主義なので購入したものの、一度使ってそれ以来使っていません。

 

まぁNR10もブラックポムトンもそれだけしか使ったことがないので効果のほどは薬事法のからみで書けませんが、それらの特色を生かす、受け入れることができれば‥とわたしの主観ですがこう思ったりも。

 

人それぞれ「好み」や「考え」がありますからね。 それに書けないことだらけですから。 

 

最後にボントレスローションですが、塗った感じ、使用感は申し分ありません。いまの坊主頭でも「塗った後」が目立たないので満足しています。使いやすいです。

 

※それなりに生え際の毛量がある、もしくは髪の毛が長い方ですとボントレスローションを塗り込むとその箇所がハゲ散らかる印象になるというか、かえって目立つんですよね。バーコードハゲっぽくなるというか。 

 

それを嫌って朝は使わず夜・在宅時に愛用しています。坊主くらい髪が短いなら上記で挙げた難点はクリアされます。

 

ボントレス~、匂いはほぼ無臭だし、色味もクリアーで目立ちません。

 

少量でもよく伸びますので生え際部分には少しの量で十分、コスパに優れます。さすがいま流行のキャピキシル育毛ローション(塗り薬)です。

 

キャピキシル育毛剤(育毛ローション)で生えた!という具体的な声が聞きたいです。文章ではWebでみかけますけどね。※生えたって書いちゃダメだと思うんですが‥

 

※追記で、ボントレスローションが新しくなりボントレスヘアセラム(BontressHairSerum)という製品になっています。

 

ポラリスNR-10もポラリスブランドが終了しフォリックスFRシリーズとなり、フォリックスFR16クリーム[ミノキシジル16%]という製品になっています。