読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、ご了承ください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が外用ミノキシジル+サプリメントを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復ができるか?挑んでいます。このブログではAGA自宅治療法について管理人自身が考え、実行し体感したことを記事に記しています。AGAについて知識を深め、自身の薄毛という悩みを克服すべくこのブログを立ち上げました。2016年2月下旬から実感型サプリメント・モサインを導入し服用しています※モサインはノコギリヤシ系のサプリではありません。

【グロ!?画像あり】ブラックポムトン(クリーム)を実際に塗ってみた

 

ブログに画像としてアップするならもう少し体裁を整えてからアップするのが礼儀でもあり、常識でもある気がするのですが、当ブログはリアルを追及していますので、生え際に塗りたくったまんまの画像をあえてアップしてみようと思います。

 

ブラックポムトンはスプレーもありますが、先日オオサカ堂から買ったのは塗り薬(クリーム)のほう。

 

アップする画像からしてギャグに思われるかもしれませんが、ウチはギャグを入れ込むブログではないのでウケる必要は全くありません。 

 

画像はさきほど記事を書くまえにシャンプーして、バリアスルー・Genhair M15を吹き、仕上げに生え際M字にブラックポムトン‥という流れです。 

 

それではブラックポムトンを生え際に塗った画像をご覧ください。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150626211439j:plain

 

なんというかその、マリリン・マンソン的な!?‥もう顔全体に塗りたくってみたら?と思っちゃいそうな仕上がりでした。 

 

鏡も何もなしで塗ったのでかんなりワイドにブラックポムトンがいきわたってますが、こんな感じになりました。 

 

ちなみに記事書くまえにYahoo!画像検索でブラックポムトンを検索してみましたが、記事作成時にこのような生え際に塗った画像は皆無でした。 

 

さすがにのせられませんね、特にアフィリエイト目的でブラックポムトンを紹介する場合、このような画像はタブーでしょう。 

 

このブログは売る気はないのでぜんぜんこういうの掲載しちゃいます。これがリアルですから。買った人が「え~!?」ってならないようにね。 

 

ぶっちゃけブラックポムトン‥使いづらいです。 

 

さすがにこの記事を書いたあとに余分なオイリー箇所はティッシュで拭き取ろうかと。 

 

万が一、明日の朝にどなたか尋ねてきたときにこの頭じゃね‥ですから。とまぁ辛口なブラックポムトンレビューとなってますが、他にいくつか。 

 

ブラックポムトンの匂いなんですが、評判通り「お香?」みたいな匂いはしてます。 

 

でもこと匂いに関しては個々の感覚のことですので、なんとも言えない要素ですけど、自分は〇か×か聞かれたら△‥ですかね。 

 

画像の通りの仕上がりなので、流石にお出かけ前の朝にブラックポムトンは使えません。 よって自宅のみ(特に就寝前)の使用になると思います。

 

外出するつもりはないので、匂いについては常軌を逸していなければ大丈夫です。自分は気にしません。 

 

それとブラックポムトンの使用感についてですが、乾かないそうなのでこのまま寝るとえらいことになるようです。※シーツや枕が汚れそうです。 

 

ですので、せっかくつけたのにもったいないですが後ほどティッシュで拭き取ります。 

 

‥とまぁ、踏んだり蹴ったりな管理人のブラックポムトンのファーストコンタクトですが、つけた感触はなんというか、早くも頭皮がムズムズしている‥感が。皮膚があったまってるような感覚があります、そんな気が。  

 

ブラックポムトンは髪の毛だけでなく、「全身の毛」に対しても塗れるらしいので、部位によっては使い勝手は向上するかもしれません。 

 

でもご覧の通り、まっ黒なので

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150625230756j:plain

 

やはり「朝」には使えない‥でしょうね。主に夜、就寝前あたりになるでしょう。それならばつけた様子があんな画像の感じでも全然かまわないですよね。寝返りは気を付けたいところですが。 

 

※今回の記事内容はあくまで主観です、なにとぞご了承ください。現場からは以上です。

 

ブラックポムトン(クリーム)