逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

ブラックポムトンを生え際に塗ってみた!!

スポンサーリンク

 

※本記事内容・情報は記事作成時のものです。本記事内容は管理人個人の主観による感想が多くを〆ています。その旨ご了承ください。

 

テレビで話題のタイ製育毛剤「ブラックポムトン」を購入し頭に塗ってみました。画像もあります。お楽しみに。

 

まずはブラックポムトン購入についてから。

 

もくじ

 

いま気になっている3つの育毛アイテムがあります。

 

ミノタブ2.5mg(ミノキシジルタブレット)
ポラリスNR-10(ミノキ16%クリームタイプの塗り薬)
ブラックポムトング(TVでも人気のタイの育毛剤)

 

この中から今回はブラックポムトングに焦点を当ててみます。かんたんな「Black Phomthong」のまとめ記事的なものでいきます。

 

ブラックポムトングは2種類ある

 

さっそくですが、現状ブラックポムトンには2種類あります。

 

・クリームタイプ
・ローションタイプ

 

※以下の画像はクリームタイプ(80g)

 

テレビで紹介された話題の育毛剤 ブラックポムトンクリーム

 

容量が少ない方が安いです。容量には開きがあるものの、値段的にはそれほど両者に差がありません。買うなら80gがお得です。

 

国内では某タレントさんが、かねてからブラックポムトンを愛用していました。

 

その方はご自身が出演されたテレビ番組で2回ほどブラックポムトンを紹介しています。※記事作成時の時点です。もしかしたら今後3回4回‥と増えていくかも知れません。

 

わたしはつい先日1月9日放送の某番組内でブラックポムトングを紹介しているのを観ました。

 

番組内で「スプレー」と言ってた気がしますが、ブラックポムトングはスプレーのほかにクリーム状(塗り薬)のタイプもあります。

 

ローションタイプ(スプレー)は100ml入り。クリームタイプよりもお値段が若干高いです。

 

わたしがネットで調べたかぎりではブラックポムトン=クリームタイプという図式を感じました。チェックできた口コミ・レビューの数からしてもそう感じます。

 

しかし、どちらが使いやすいのかは一概に言えません。個々で感覚や使用する環境が異なります。

 

クリームが適している人もいればローションが適している人もいるハズです。

 

ブラックポムトン(グ)についてのおさらい

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180123152006j:plain

※画像はオオサカ堂から実際に購入したもの。ちなみにクリームタイプをチョイス。

 

‥ということでブラックポムトンをかるくおさらいします。

 

・タイ製品の育毛アイテム。

 

・タイのニューハーフさん達にも人気。(愛用の某タレントさんもタイのニューハーフ仲間に教えてもらったそうです)

 

・2012年2月と2015年1月に日本国内のテレビ番組で紹介されている。

 

・クリームとオイルローションタイプの2種類(某タレントはローションを愛用!?)

 

・オイル系の天然成分で作られており、副作用のリスクは低そうです。天然成分であるため、刺激の面でお肌が弱い方にも使いやすそうです。※あくまで予想です。

 

髪の毛のみならず、髭(ひげ)やもみあげ、眉毛、局部的な部分にも効果が期待できる。

 

・楽天市場やアマゾンでも購入できるが、値段がマチマチだったり取扱いがないときもある。安定供給されていて一番安いのがオオサカ堂。(記事作成時)

 

用法

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180123152001j:plain

 

使い始めて3~1か月は1日2回、朝と夜に使用。

 

クリームタイプは黒っぽい色をしていて、塗り込むとだいぶ目立ちます。乾かないので、つかったまま就寝すると布団や枕が汚れます。

 

ローションタイプも青っぽい色をしている。

 

‥という、ブラックポムトンにまつわる情報は上記のような感じです。

 

やっぱりテレビに出演される有名人が実際に愛用し、額に産毛がたくさん生えたと見せていたので、効果は期待して良いものと思われます。

 

その方の産毛が生えた箇所は実に黒々としていました。

 

番組内で「スプレー」とタレントさんご本人が言っていたので、オイルローションタイプを愛用しているのでは?と推測します‥が真相はわかりません。

 

それにクリームタイプは夜使ってそのまま寝ると布団や枕が汚れる、との声が多く聞かれたので、自分は使うとしたらローションタイプですかね。

 

髭etc‥

 

あと男性の方で髭(ひげ)を生やしたいとの目的でブラックポムトンを購入した、という感想もありました。

 

そしてオオサカ堂の説明には「局部的にも」とあります。(クリームタイプ)

 

自分は髪の毛(生え際)目的しか考えていませんが使う人によっては用途の広い使い方ができそうです⇒テレビで紹介された話題の育毛剤 ブラックポムトン

 

ブラックポムトンの気になるところ

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180123151953j:plain

 

やはり、布団や枕が汚れやすいというのはいただけませんね。

 

クリームタイプは黒っぽい色、ローションは青っぽい色をしているというのも、個人的に違和感をおぼえます。

 

そして匂いも独特でアロマ系な匂いらしいので、合う人には合う、合わない人には合わない‥?そんな印象を持ちます。

 

しかしこれは人の感覚によるところ。かならずしも残念なポイントになるとは言えません。

 

ですが、なんといってもそこは「天然成分」ですし、テレビで観た効果が自分にも得られるなら、という期待があります。

 

※ブラックポムトンを愛用されている方には、フィナステリドと併用している方もおられるようです(ネット調べ)

 

天然成分ということでお肌にもやさしそうだし、ブラックポムトンは男女兼用というのもうれしい点ですね。

 

男女兼用かつ天然成分ということから、「自身にとって使いやすい」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

値段的にもクリーム・ローションともに、ポラリスNRシリーズやミノタブ2.5mgを買うくらい。タイの育毛剤って珍しいなって思いましたので、興味あるんですよね‥

 

ブラックポムトンオイルローションタイプ

 

ヘアオメガ・ブラックポムトン(グ)が到着

 

‥してました。

 

郵便できたので再配達してもらい先日荷物が到着しました。

 

発送手配完了が先週の17日の水曜日‥到着までだいたい一週間程度ですか。ヤマト便なら3日~5日程度で到着しますが郵便なのでこれくらい普通ですかね。

 

※ヤマト便でも一度、昨年末に注文したときに到着まで6日くらいかかった気がします。過去記事でも書いているかも知れません。

 

さっそく到着レポートです。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180123152010j:plain

※画像は修正しています、見づらくて恐縮です。

 

届いたのは小包が3つほど。右隣のは郵便局の不在通知表です。

 

荷物一つに対し不在通知表が1枚‥ということですね。

 

仕事で在宅できず受け取りに応対できなかったので局員さんがポストに不在通知表を残してくれた、ということです。親バレ・家族バレが不安な方はこういう流れになります。

 

この後はWeb経由あるいは電話連絡で再配達してもらうか、この不在通知表と身分証明書・印鑑を持参して直接郵便局へ出向き窓口でうけとる‥という流れになります。

 

オオサカ堂で注文するときに局留めも選択できたと思います。※以下の画像参照。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150620205649j:plain

 

詳しくはオオサカ堂のFAQをご参照のほど。‥ということでレポ続きです。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180123152006j:plain

 

ご覧のようにビニール袋に入ってました。今回はブラックポムトンのクリームタイプをチョイス。

 

クリームタイプを開封、ブラックです

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180123152001j:plain

 

それにしてもだいぶ見くびってましたね、TVや雑誌などで噂であの「タイの育毛剤」ブラックポムトン(グ)

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180123152406j:plain

 

タイトルちょっと攻めすぎたかもですが、正直に自分はそう感じてしまいました。

 

言うてもそない黒くないやろ?とおもてたら、名前の通りまっ黒でしたよ、ええ。

 

デジカメ撮影ですが、このまっ黒加減‥伝わりますか?イカ墨!?お歯黒!?黒いものって言ったらこれくらいしか思い浮かびませんが、とにかくブラックなんですよ。

 

さぁ、これを生え際に塗りましょう!と言われたら‥貴方はどうします!?

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180123152402j:plain

 

う~ん、ちょっと考えますね(苦笑)

 

しかしタイのニューハーフさん達を中心に絶大な支持を誇るこのブラックポムトン。

 

日本でも某タレントさんが愛用しているとテレビでも紹介していました。自分も2度ほど番組を観たことがあります。

 

髪の毛のみならず髭目的の方や脇目的の方、そしてシモ(陰毛)目的の方‥使う場所は人それぞれ。

 

それだけオールマイティーに使えるということで、とくにタイのニューハーフの方にはよろしいのかなぁ、という勝手な憶測が。

 

管理人は生え際部分へのアプローチとしてブラックポムトンをオオサカ堂より購入。

 

非常に気になりますね。まぁ肌質や色々な点は個々によって違いますので、自分の使用時はどうなるかはわかりませんが、今回買っちゃいました。

 

クリームタイプを生え際に塗ってみた

 

ブログに画像をアップするならもう少し体裁を整えてからアップするのが礼儀でもあり、常識でもある気がしますが、当ブログはリアルを追及しているため、生え際に塗りたくったまんまの画像をあえてアップします。

 

ブラックポムトンはスプレーもありますが、先日オオサカ堂から買ったのは塗り薬(クリーム)のほう。

 

これからアップする画像からしてギャグに思われるかもしれませんが、ウチはギャグを入れ込むブログではなく、ウケる必要は全くありません。

 

画像はさきほど記事を書くまえにシャンプーして、バリアスルー・Genhair M15を吹き、仕上げに生え際M字にブラックポムトン‥という流れです。

 

それではブラックポムトンを生え際に塗った画像をご覧ください。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180123152359j:plain

なんというかその、マリリン・マンソン的な!?

 

‥もう顔全体に塗りたくってみたら?と思っちゃいそうな仕上がりです。

 

鏡も何もみないで塗ったのでかなりワイドにブラックポムトンがいきわたってますが、これがリアルです。

 

とまぁ辛口なブラックポムトンレビューとなってますが、他にいくつか。

 

匂いについて

 

ブラックポムトンの匂いなんですが、評判通り「お香?」みたいな匂いはしてます。

 

でもこと匂いに関しては個々の感覚のことですので、なんとも言えない要素ですけど、自分は〇か×か聞かれたら△‥ですかね。

 

画像のとおりの仕上がりなので、流石にお出かけ前の朝にブラックポムトンは使えません。よって自宅のみ(特に就寝前)の使用になるでしょう。

 

それとブラックポムトンの使用感についてですが、乾かないそうなのでこのまま寝るとえらいことになるようです。※シーツや枕が汚れそうです。

 

ですので、せっかくつけたのにもったいないですが後ほどティッシュで拭き取ります。

 

‥というわたしのブラックポムトンのファーストコンタクト。

 

実際につけた感触はなんというか、早くも頭皮がムズムズしている‥感がします。

 

皮膚があったまってるような感覚です。はやくも効いている‥?

 

ブラックポムトンは髪の毛だけでなく、「全身の毛」に対してもいけるらしいので、部位によっては使い勝手は向上するかもしれません。

 

朝はちょっとキビシイ

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180123152402j:plain

 

お世辞抜きに「朝」は使えない‥でしょうね。おもに夜、就寝前あたりになるでしょう。

 

それならつけた様子があんな感じでも全然かまわないですよね。寝返りは気を付けたいところですが。

 

※今回の記事内容はあくまで主観です、なにとぞご了承ください。現場からは以上です。

 

 

 スポンサーリンク