逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

2015年6月9日バリアスルー・ジェンヘアーM15・ボントレスローション4ショット画像!

 

こちらの企画も予定通り9日火曜日にお伝えできることをうれしく思います。

よろしくお願いします。

 

 

先週に引き続き、

夜なので今回も記事タイトル通りの組み合わせとなっております。

 

 

これが朝だったら

ポラリスNR-08、ボントレスローションは夜のみ使用、という事になります。

 

 

ボントレスローションは塗り薬ですので、

外出前にはちょっと適さないように思います。

 

 

いま現在はみての通りの坊主頭ですので、

外出前や出勤前にボントレス~を塗っていっても分かり辛いと思いますが、

汗もかく仕事なので塗り薬は汗かいたとき不安だと思いますので、

朝はやめています。

 

 

※今回も仕上げにボントレスローションを生え際に塗った画像をアップしてますので

その塗り薬を生え際にぬった場合のイメージをつかみたい方の参考になれば幸いです。

 

 

ではいきましょうか、2015年6月9日火曜日の管理人の頭髪画像、

まずは生え際部分から。

f:id:shl77yuqdi4v:20150608205451j:plain

五分刈りの坊主にしてまだ10日ほど、生え際というより

M字部分両サイドにボントレスローションを塗っています。

画像はクリックで拡大しますので、アップで確認したい方はどうぞ。

 

続きましてM字部分まずはこちらから。

f:id:shl77yuqdi4v:20150608205518j:plain

まぁこんな具合ですね。

夜撮影したのでライトの光の影響で見えづらくてすいません。そしてこちら。

f:id:shl77yuqdi4v:20150608205543j:plain

こちらもライトの影響で地肌がテカってしまってすいません。

 

 

くどいですが、ボントレスローションを塗った後で撮影しています。

 

 

まぁこれくらいの髪の短さなら出勤まえとか朝から使ってもバレるとか

塗ったあたりが不自然ということはない‥かな?

 

 

自分は冒頭に書いたとおり汗をかいたときが不安なので

夜在宅時のみしかボントレスローションは使っていませんが。

‥というわけで最後は気になる頭頂部へ。

f:id:shl77yuqdi4v:20150608205629j:plain

ライトの光も影響してますがまぁこんな感じ。

薄毛具合がわかりやすいと思います。

 

 

誤魔化そうとしたり隠したりはしません。

じゃなきゃ画像アップ自体しないし。

 

 

髪の密度がどうしても欲しいですね、

そのためにモンゴ流スカルプエッセンスDeeperバリアスルーで

ミノキシジルおよびキャピキシルを浸透しやすくしているわけですが。

 

 

実を結ぶといいですね、育毛剤に求める要素はもちろん効果と安全性ですが

(値段の安さも!?)期待感も重要です。これなら効きそう!使ってみたい!‥という。

 

 

そういえばモンゴ流スカルプエッセンスDeeperバリアスルー。

ジェンヘアーミノキシジル15%ローションの空容器に移しかえて使ってますが、

10日ほど使ってみてスプレーつまりは一切ありませんね。

 

 

ジェンヘアーM15のスプレーの詰まりやすさは

純正の容器・スプレーが原因ではなさそうです。

 

 

たぶん気温によるものと(冬場に経験)

ミノキシジル15%というM15の液‥が詰まりの原因になるのでは‥!?

と自分は考えています、あくまで勝手な推測ですが。