逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

ミノタブは買ってはいけない!?購入してみた

スポンサーリンク

 

もくじ

 

f:id:shl77yuqdi4v:20180123151232j:plain

※購入したノキシジルタブレット5mg。

 

この記事をご覧になる方はミノキシジルタブレットへの興味がかなり高まっていることでしょう。

 

もう購入の一歩手前かも知れませんね。いま最後の情報集めでこのブログに来られてるのかもしれません。

 

育毛を成功させたくミノタブに関心を抱くのは自然なこと。

 

AGA専門クリニックだってミノキシジルタブレットを処方するのだから。

 

「生やしたい!!」その気持ちはたいせつです。←私もミノタブを買ったものとして言わせていただきます。

 

‥ということでわたしもミノキシジルタブレットを買いました。

 

安かったですし、なんの問題もなく入手できました。あとは服用するだけです。

 

わたしはすでにローションタイプのミノキシジルは経験済です。

 

よりいっそうの効果を求めてローションからタブレットへ進化しました。

 

ミノタブはローションタイプの外用剤より効果の面で期待が大きいと聞きます。

 

最近、検索ワードのトレンドなのか?「○○ 買ってはいけない」というようなキーワードでの訪問がチラホラあります。

 

なのであえてその流行?に乗ってミノタブ購入記を書いていきます。よろしくお願いいたします。

 

さっそくですが略して「ミノタブ」とも言われるミノキシジルタブレット。ズバリ購入は可能です。

 

現時点ではオオサカ堂などの個人輸入代行サイトを介して海外から購入する、という方法でミノタブは買えます。

 

ミノタブはおもにAGAクリニックで処方される医薬品(錠剤)ですが、このように個人でも入手できます。

 

ここでひとつ大切なことを。 

 

「ミノタブ=毛生え薬」的なイメージを先行される方も多いようですが、ミノキシジル自体は発毛のために開発されたものではありません。

 

2017年末に更新された日本皮膚科学会による男性型脱毛症診療ガイドライン(AGAガイドライン)では前回2010年発表時と変わらずミノキシジルは推薦度Aランク(行うよう強く勧める)です。

 

しかし、あくまでこれは「外用剤での話」です。内服を想定し評価したものではないことも頭に入れておいてください。

 

次項でミノタブ購入について具体的にいきます。

 

ミノキシジルタブレットを購入する

 

さきほども述べたとおり個人輸入代行サイトを利用してミノタブを購入できます。

 

わたしが利用したのはオオサカ堂です。

 

なぜオオサカ堂を利用したかというと、これまで自身が利用してきたからです。

 

ミノタブを買うまえに亜鉛サプリやミノフィナ配合シャンプー、外用剤ミノフィナ‥など、それなりの点数をオオサカ堂で注文しておりました。

 

支払いはクレジットカードと銀行振り込みが選べ、わたしはネットの支払いでクレカを利用するのが不安なため銀行振り込みで支払いをしました。

 

購入に際し不安な方はオオサカ堂に注文に関しての詳細なフローチャートページがありますので、そちらをどうぞ。

 

オオサカ堂の対応の良さ、注文の仕方の把握、トラブルが一度もなく利用できていたこともありミノタブを買いました。

 

ミノキシジルタブレットはおもにシートタイプとボトルタイプがあり、価格と発送国が異なります。内容量は100粒入りがほとんど(記事更新時)

 

濃度は

 

2.5mg

5mg

10mgとあります。

 

わたしが買ったのは冒頭の画像の5mgです。

 

このようにいろいろな違いはあれどミノタブは価格的な差はどれも大きくなく、コスパが悪いものではありません。

 

個々の頭髪状態や治療内容、クリニックの違いもありますが、クリニックにお世話になるとだいたい月に1万円〜3万円ほどは治療費がかかるでしょう。

 

最初から高濃度のミノタブはさける

 

薄毛を改善したいというはやる気持ちはわかりますが、10mgといった高濃度なミノタブをはじめから選ぶのは絶対にさけてください。理由は副作用の可能性です。

 

10mgだからといって副作用がおこる可能性が高いとも言えない節もありますが(低濃度、あるいは外用剤でも副作用がおこる可能性はある)はじめから最高濃度の10mgを選ぶのはやめましょう。

 

わたしの決断は間違っていた!?

 

あくまでわたし個人の結論としてミノタブはまさに「買ってはいけない」でした。

 

なぜかというと、ブログを運営するにあたり取り決めたポリシーを自分でくつがえしてしまったからです。

 

このブログは外用剤のみでAGA自宅治療に挑戦するという方向性。

 

しかしブログの方向性を模索している運営当初、自分の勝手な思い込みもあって、

 

フィナステリドには大きな不安を抱くけど、ミノキシジルに関してはミノタブ2.5mgなら大丈夫じゃないか‥?

 

と思ったのも事実です。

 

※詳細はこちらの記事⇒【ついにデビュー!?】ミノキシジルタブレット2.5mgを選ぶという事 - 逃げのAGA自己治療録

 

ミノキシジルタブレットへの期待感は半端ない

 

上記リンク先の記事内でも少し書きましたが、当ブログへのアクセスをまとめてみると、思いのほかミノキシジルタブレット、それも2.5mgに対してはみなさんつよい関心があるようです。(2.5、5、10とありますからね)

 

自分の場合は、2分割してコストを下げるという名目もあり、冒頭の画像のノキシジルタブレット5mg100錠入りを購入しました。

 

※1錠あたり5㎎、それが100錠入っています。2分割すれば単純に1錠2.5㎎、200錠になる計算です。分割‥錠剤を割るにはピルカッターを使います。

 

…で、ここまで書いておいてナンですが、製品のままで成立している錠剤を割る行為は良い事とは思えません。

 

結局わたしはミノタブは使えなかったのでそもそも錠剤を割っておりません。

 

しかしながら、購入前に思ったことは、できる限りコストを下げ、なおかつ外用剤よりも効果を優先したい。

 

その思いが叶うのがミノキシジルタブレット2.5mgだったと。※これはあくまで個人の主観による判断ですが。

 

鉄板の組み合わせは?

 

今のところ、コストが掛からず効果も望めるという組み合わせは、フィンペシア+ミノキシジルタブレットが鉄板。※フィンペシア(フィナステリド)

 

それはわかってはいるものの、副作用が怖くてフィンペシアは買ってないし、ミノキシジルタブレットも服用していません。

 

自分がミノタブを買ってはいけなかったという理由はこんな感じです。

 

最終的には‥

 

つまるところ最終的には「本人次第」でしょう。 

 

どうしてもハゲを治したい!‥もはや発毛へのその気持ちが強いかどうか。ミノキシジルタブレット、および内服剤を選ぶということは。 

 

これだけAGAやミノキシジルに関しての情報がネットで氾濫していて、スマホからネットにすぐ接続でき、情報が手軽に入手できる時代。

 

ミノタブを飲むということはどういうことか‥?わかるハズです。

 

ですが悲しいかな、劇的に改善している例をWebでみるとたいがいミノタブを服用していますよね。 

 

この記事を読んでいるご自身もこれまでWebで育毛に成功したブログやクリニックについての情報を調べてきてそれはわかっているはずです。

 

‥それらを全く理解してなくてこの記事を読んでいるわけではないでしょ?

 

ミノタブは買ってはいけない?‥ええ、自分はそうでしたね。

 

まったくもってお金のムダでしたよ。

 

※ミノタブについてのコストについて⇒頭頂部ハゲはミノキで生える!?そう確信した方へ半年間のミノタブ費用を考えてみた - 逃げのAGA自己治療録

※画像のミノタブ購入~到着の過去記事⇒ミノキシジルタブレット5㎎が到着詳細をレビュー - 逃げのAGA自己治療録

 

※とりあえずオオサカ堂のミノキシジルタブレット2.5mgのレビューだけみる。