逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、ご了承ください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が外用ミノキシジル+サプリメントを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復ができるか?挑んでいます。このブログではAGA自宅治療法について管理人自身が考え、実行し体感したことを記事に記しています。AGAについて知識を深め、自身の薄毛という悩みを克服すべくこのブログを立ち上げました。2016年2月下旬から実感型サプリメント・モサインを導入し服用しています※モサインはノコギリヤシ系のサプリではありません。

【3月12日~3月18日】抜け毛・副作用まとめ・ボントレスローションって‥

f:id:shl77yuqdi4v:20150318213936j:plain

次回は日数が少なくとも従来通り月曜日にご報告いたします。

 

2週続けて水曜日までズレこんでいる抜け毛および副作用総括記事、

いってみたいと思います‥が、AGA自宅治療界のゴッドの最新記事を読んで

とある事実に気づきました。それは後ほど、それではいってみましょうか。

 

・【3月12日~3月18日】の抜け毛本数まとめです!

 

※いつもの注意書きも今回は省略します、

それでは3月12日~3月18日の抜け毛は‥48本でした!

 

えっと前回は86本で、今回は48本でした。

 

本数でいうと減っています、

シェンミンのDHTブロッカーの恩恵なんでしょうかね?

たまたまのような気がしますけどね。

 

この抜け毛の減少にかけて、

鬼の首とったように抜け毛本数の因果関係と

DHTブロッカーの効果を結び付け、

アフィリエイトに持っていくようなことはしません。

そこまで腕ないですし。

 

でも大幅に増えるよりは減るほうがいいに決まってますよね。
そこは素直によかったと思えます。

 

そういえばそのDHTブロッカー、

15日・日曜日の夜で終了しました。
継続はいまのところ考えていません。

 

使ったのも1箱・ひと月分なんで日が浅く、効果を実感した‥?

自分でも思えないです。


3か月~半年程度は使ってみて抜け毛の様子をみたいです、
この手のDHT抑制のサプリメントは特に。

 

もうDHTブロッカーは終了したんで、ハゲ止めは一切ありません。
次回からさらに抜け毛本数がどう変化するかこうご期待です。

 

※そしてハゲ止めを中止して、坊主頭になってからの

抜け毛の推移は以下の通りとなっています。

 

・2014年12月29日~2015年1月4日が51本。(29日より2度目の坊主頭に)

 

・2015年1月5日~11日が89本。

 

・2015年1月12日~18日が70本。

 

・2015年1月19日~25日が65本。

 

・2015年1月26日~2月1日が80本。

 

・2015年2月2日~8日が50本。

 

・2015年2月9日~15日が69本。

 

・2015年2月16日~22日が49本。

 

・2015年2月23日~3月1日が78本。

 

・2015年3月2日~3月11日が86本。

 

・2015年3月12日~3月18日が48本。←いまココ。

 

そして副作用について、こちらも特にありません。

 

たしか先週の土曜日くらいから マキシマムストレングス・3in1・カーボブロッカー で炭水化物ダイエットに取り組んでいて、マキストも日に2錠ほど飲んでいますが、異常はありません。

 

マキシマムストレングスもオルリファストのような医薬品ではなく、

サプリメント区分です。だから絶対安心!とも言えませんが。

 

特別体調をくずすことはなかったですね、運動も変わらず続けています。

マキストの実践もありますので、以前より運動ペースを上げています。

 

‥ということで、冒頭に書いたこと。

 

たしかに自分もボントレスローションの外箱や、本体容器を再確認する限り、

キャピキシルと記載はあれど、「キャピキシル5%」というような記載は見当たりません。以下の2枚の画像はボントレスローションの本体容器です。

f:id:shl77yuqdi4v:20150312185623j:plain

f:id:shl77yuqdi4v:20150312185613j:plain

「Capixyl」とはあるけどパーセンテージ表記はなく、

向うの言葉が読めませんがそれらしい表記は見当たりません‥

 

自分の過去のボントレスローションの記事も5%配合と書いています、

それはネットの情報を参考にしました。

 

アイドラッグストアにはボントレスローションは「キャピキシル5%」とあります。

ボントレスローションの通販・個人輸入 | アイドラッグストアー

(アフィリリンクではありません)

 

ですがオオサカ堂のボントレスローションの商品説明には書いてないんですよね。

f:id:shl77yuqdi4v:20150318221140j:plain

成分表記は「キャピキシル」のみ。

アイドラかオオサカ堂に聞いてみるしかないんですかね‥?

 

ともあれ、勉強になります。ブログで情報発信させてもらう立場、

いい加減なことは書けないなと。もう少し「なぜ!?」を持って書かないと

いけませんね。

 

ゴッドのレビュー記事も自分が追記してレビューする必要がないほどの記事。

+オオサカ堂のカスタマレビューで、ボントレスローションの基礎知識は十分得られると思います。あとは自身で使ってみるしかない‥ですね。

 

どのくらい塗ったらいいのかわからないので、自分は生え際にぬりぬりして、

気になる箇所に対して十分に液が行きわたったらそれでやめています。

 

何プッシュ、何mlという縛りはありません。

自分の場合はプッシュ回数でいうと、

1回あたり2プッシュを生え際両サイドに塗りこんでいます。

 

自分がボントレスローションについて言うならこれくらいです。

それにしても何%なのか‥?そこ大きなポイントですよね。

 

‥ということで恒例のEDテーマへ。

 

今回は「曲」ではないのですが、ヌーノ・ベッテンコート本人の

ギターレクチャー動画をご紹介。

 

本人がエクストリームのデカダンス・ダンスをプレイしています、

まぁヤングギター誌の付録DVD企画でもあるんですが、自分はこの動画を

気に入っていて、何度この動画を見返したかわかりません。

 

座ってプレイしていますが、左手のミュートテク(もちろん右手も)

右手のスナップ、単音・コードの弾き分け。どれもヌーノ独特のものです。

 

自分はそれらのテクうんぬんよりも、

リズムキープに重きをおいてよく動画と合わせて練習していました。

 

動画でもプレイしているヌーノの代名詞でもある愛器ワッシュバーン・N4。

自分は中古品ばかりですが4本弾きつぎました。

 

走り屋のハチロク何台乗り継いだ?みたいなもの‥でしょうか。

いま手元にないのでまたN4欲しいです。

 

自分は人気のパデュークよりもN4オリジナルが好みですね。

年式によっても微妙に仕様が異なるようですが。奥が深いんですN4道って。