逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

プリゲインシャンプーをレビュー!!

 

オオサカ堂でもらう予定の「プリゲインシャンプー」ってどんなの?

 

連日紹介していて恐縮ですが、

ただいまオオサカ堂では育毛祭りというキャンペーンでして、

対象商品3,000円以上のお買い上げでL-リジンかプリゲインシャンプーが

もらえます。

 

管理人は先日ボントレスローションプラスαをオオサカ堂で注文し、

お題のプリゲインシャンプーをもらいました。

 

正直、管理人としてシャンプー剤は、

ミノフィナ配合のポラリスNR-02か、ケトコナゾール配合のニナゾルシャンプー、

あるいはキャピキシル配合のharuの3つしか興味がありません。

 

なぜかというと、育毛に有効とされている成分が配合されているから。

 

  • ミノキシジルorフィナステリド
  • キャピキシル(キャピに至っては流行りもありますが)

 

管理人も過去シャンプージプシーでしたので、色々な銘柄のシャンプーや

石けんで頭皮・髪の毛を洗いました。

 

良くないとされる成分もネット中心に勉強しました。

いわゆる高品質とされる高額なシャンプーを継続しましたが、

当然、髪は生えてきません。そういうものですシャンプーは。

 

もちろん、シャンプーに育毛効果を期待するのは、

荷が重すぎるのは承知していますし、過度に求めていません。

ですが、我々の目的は髪の毛を生やすことです。

 

どうせならシャンプー剤にも「有効」とされている成分が配合されているものを

使いたい。ただでさえ当方、ミノフィナは内服よりも効果が小さいとされる

外用オンリーですからね。(フィナステリドはやめましたし)

 

せめてシャンプーからもチカラをわけてくれ!という意味合いで、

NR-02、ニナゾルシャンプー、キャピキシル配合haru‥といった銘柄を使いたい。

 

くどいですが、フィナ配合のNR-02はもう使えません、

女性がおられる家庭の方もNGですよ。

 

‥とまぁ苦しい胸の内!?があるわけです、

前置きが長くなりましたが、プリゲインシャンプー。

 

オオサカ堂やネットで調べてみると、予想通り、

マイナーな商品らしく、情報自体が少ないです。

 

その中でかいつまんで取り上げてみると、

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150307194224j:plain

 

オオサカ堂だとこのような区分の商品です。低刺激で抜け毛防止‥

 

1本の容量=200mlで男女兼用で使えます。

 

値段が微妙です、本日は1,501円から、ですが、同梱発送に限ってのみ。

この値段ならニナゾルシャンプーを選びますね、ぶっちゃけ。

今回は無料でもらえるのでお得ですが‥

 

以下オオサカ堂のプリゲインシャンプーの商品説明。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150307194623j:plain

 

よくある育毛効果を連想させるようなシャンプー‥といった感じ。

そのあたり気になる方は、成分にも着目してください。

 

頭皮や肌質に合う合わないあると思いますので、要注目です。

 

ただ、自分も過去解析サイトなどで、シャンプーの配合成分について

色々調べましたが、実際のところ使ってみるまでわからないし、

成分ありきで選んでよかった、と思った銘柄はありませんでした。

 

シャンプーは成分以外の要素も非常に大切だと実感したからです。

 

※逆にミノフィナ・キャピキシル配合シャンプーは使い勝手が

多少悪くともガマンして使う‥というスタンスです。

 

いま使ってるウーマシャンプーも独特のヌルヌル感が苦手で、

1本限りで、継続しようとは思っていません。

 

プリゲインシャンプーもらえるのでウーマの跡継ぎとして

使っていこうと思っています。+ニナゾルシャンプーですね、

こないだ2本オオサカ堂から買いましたし。

 

ただあまり期待はしていませんね、あまりにも自分にとって合わない物

だったら即刻使用を中止し、キャピキシル配合のharuシャンプーを買いますね。

そろそろ買おうか、と迷っていたし。

 

オオサカ堂のプリゲインシャンプーのレビューも12件ほど、

評価内容は悪くない印象です、星5つのところ平均して4つですね。

 

結論としては、お金だして買わないけどもらえるなら使う、

という実にストレートな結論、ということです。

 

まぁ、のっけからこき下ろすような書き方もアレですが、

管理人の正直な感想です。実際に使ってみて、これまでの高品質なシャンプー

より使い勝手や、洗い上がりの良さを感じたら素直に「良い!」とお伝えします。

 

※当ブログのポラリスNR-02のレビューはこちら。「最強⁉」とWebで噂の育毛シャンプー「ポラリスNR-02」を愛用中! - 逃げのAGA自己治療録

 

※ニナゾルシャンプーのレビューはこちら。ニナゾルシャンプーが最強の育毛シャンプー!?その威力と効果を検証してみた - 逃げのAGA自己治療録

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150315213506j:plain

 

‥ということで続きです。ホントに謎!?のプリゲインシャンプーについてです。

 

一応オオサカ堂の商品ラインナップにあったのはおぼえていますが、

特徴も特になさそうだし、

 

このプリゲインシャンプー買うんだったら、ポラリスNR-02

ニナゾルシャンプーorニゾラルシャンプー買ったほうがええやん、

と思ってたので、これまで記事で取り上げることもしませんでした。

 

なぜ手元にあるのかというと、

最近話題のオオサカ堂の育毛祭りキャンペーンでプレゼントとして頂いたからです。

キャピキシル5%のボントレスローション購入で、

キャンペーン当初はこのプリゲインシャンプーがついてきました。

 

前々からボントレスローションが欲しかったし、

別に欲しくはないけど無料ならもらおうかという感じで。

 

今はプリゲインシャンプーの在庫が終了したそうで、

別の商品がプレゼント対象になっています。

 

髪を太く濃くする効果が期待できる

「トコトリエノール」というサプリメントが、

プリゲインシャンプーの代わりにもらえるみたいです。

詳細はオオサカ堂のこちらからどうぞ。

 

‥ということで、プリゲインシャンプーの到着レポ、遅くなりましたがどうぞ。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150315213534j:plain

 

記事冒頭の画像は外箱の表面でしたが、こちらの画像は裏面になります。これってどこ語でしょうか?‥調べたらタイ製みたいですね。

 

どうやら育毛系のシャンプーはタイ製品が熱いようです。シャンプーじゃないけど某タレントさんで有名な育毛剤「ブラックポムトン(グ)」もたしかタイ製品でしたっけ。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150315213605j:plain

 

外箱の表面の一部に寄ってみました、主にタイ語になるのでしょうか?読める方に。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150315213637j:plain

 

プリゲインシャンプーの本体容器です。容量は200ml。まだ未使用品です。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150315213709j:plain

 

本体容器の裏側。読める方に。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150315213741j:plain

 

容器のキャップを外してみました、

ちょっと見えづらいですが液の色味はクリアーですね。

 

容器に「GEL」とあるように液は粘度が高めです。

だいぶねっとりしている印象。

 

まだ実際に手に取って洗っていませんが、そんな印象を持ちます。

それと匂いはそれなりにしますね、主観ですが不快な匂いではありません。

 

なんというか‥バスクリン?そんなような匂いに感じます。

子供のころに嗅いだバスクリンの匂い、分かり辛くてすいません(汗、

外国製の妙な匂い、という風には感じません。

 

プリゲインシャンプー(Pregaine Clear Gel Shampoo)

 

管理人はプレゼントで頂きましたが、オオサカ堂には今でも販売しています。

値段はぶっちゃけ高めです。

 

自分がもらったのは使用期限が迫ったものなんです。

それとご覧のように外箱のデザインが違いますね。

 

‥という感じですかね、まだ洗っていませんので、

プリゲインシャンプーの使用感についてはまた後で。

 

ということで以上です、EDテーマいってみましょうか。


Metallica - Enter Sandman Live Moscow 1991 HD - YouTube

 

メタリカです、エンターサンドマン。91年のモンスターズ・オブ・ロックから。

パンテラと迷ったんですが、カオスな雰囲気を重視してメタリカにしました。

 

異様な光景が広がっています、時代と世界情勢がそうさせたんでしょうか。

 

いまの「野外ロックフェス」のそれとは根本的に違います。

もの凄いエネルギーが映像から伝わってきます。

 

やってることは野外の大規模ロックフェスなんですが、

阿鼻叫喚、狂気の沙汰‥言葉で表現するならこの二つじゃないかと。

さすが91年のモスクワです。