逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、ご了承ください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が外用ミノキシジル+サプリメントを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復ができるか?挑んでいます。このブログではAGA自宅治療法について管理人自身が考え、実行し体感したことを記事に記しています。AGAについて知識を深め、自身の薄毛という悩みを克服すべくこのブログを立ち上げました。2016年2月下旬から実感型サプリメント・モサインを導入し服用しています※モサインはノコギリヤシ系のサプリではありません。

2015年3月13日の管理人の髪の毛の生え具合状況を3ショットでみて下さい!

※頭頂部画像を撮り忘れたのを記事をアップする時点で気づいたので(汗、

のちほど撮影しこっそり追加しておきます。

 

この生え具合画像考察の記事も総括記事同様、遅れにおくれてしまい、

13日の金曜日(汗、までズレこんでしまっています、なにとぞご了承ください。

 

ということで、さっそくいってみます。まずは正面からどうぞ。

f:id:shl77yuqdi4v:20150313083507j:plain

スケジュールの都合で朝シャンしたあと撮影したので、逆光が‥ですが、

こんな状況です。かなり光の影響があるのに地肌がスカってない写りに安心

しました。これでもコツコツと5カ月ほど外用ミノキシジル育毛剤でがんばってきた

成果であると思うんです。これで生え際両サイドが生えそろってくれれば、

自分としては満足です。願いが叶うかはわかりませんが。そしてこちら。

f:id:shl77yuqdi4v:20150313082015j:plain

今日はちょっと写りがよくないというか髪の立ちぐあいもあってか、ワサワサ感はありません。ホント髪の毛の自撮り?は撮影の仕方で、かなり表情がかわるんです。誤魔化しはききます、まちがいなく。

f:id:shl77yuqdi4v:20150313082032j:plain

こっちの方が写り方は良さげです、サイドバック的な感じで。こちら側の方が、AGA発症が早く、回復率は低そうです。ミノキシジル吹いてもあまり変化を感じませんし。

 

‥という状態です、てっぺんは冒頭に記載した通り後ほどアップしておきます。

5か月ほど外用剤(ミノキシジルメイン)でやってきての感想は、

 

・ひどくなってない、現状維持+α

 

‥かな?と。もう正直な感想です。良い様に書きようもありますが、

AGAの進行は防いでいる‥?というのがわかりやすい表現かなと。

 

※あくまで主観の表現です、自分がやってきている内容がAGA進行を防ぐ、

遅らせている、とは言えないと思います。

 

内服だったらどうだっただろう?という思いもあります。

 

自分は内服もフィナステリドもやりませんけど、

定番のミノタブ+フィナステリド錠剤でAGA自宅治療に取り組んでいたら、

これよりは効果があったんじゃないかって単純に思います。

 

やりませんけどね、よくあるパターンでしょう、こういう流れ。

でもこれが自分の取り組んできた結果です。

 

これを参考としてブログをみてくださっている方が、

自身がこれだ!と思う方法・治療薬でAGA自宅治療をされればいい、と思います。

 

でもまだ5か月、オオサカ堂のレビューには半年から年単位で取り組んだ結果を

述べている方が多いです。そちらもぜひ参考にされてください。

 

※オオサカ堂の外用ミノキシジル育毛剤の中で一番レビュー件数が多く、

売れているミノキシジル育毛剤はポラリスNR-08です。レビューはこちら

 

 

 

‥ということでED曲、前回忘れてましたね。今日はガンズです。

直撃世代なので自分が知らない映像が手軽に観れるようになった今って

すごいです。


Guns N Roses - Dead Horse Live Rock in Rio 2 DVD Part 13 - YouTube

 

この映像は海賊版で昔買いました、ロックインリオ。

イジーもいます、エボニーのカスタムが似合っていて非常にカッコいいです。

ドラムはマットですね。

 

この「Dead Horse 」何気なくはじまるのがマッチしていてとても良いです。

途中思いっきり曲名間違えてテロップがでてますけどね。

 

イジー・スドラドリン、この人がいなければガンズはここまで成功しなかった、と言われてますよね。事実アペタイト‥のほとんどの作曲クレジットに名前が入っていたと思います。スラッシュも雑誌のインタビューでイジーの作曲センスは相変わらず素晴らしいと、Velvet Revolver始動のころ語っています。ギタリストでデビューしましたが、ソングライティングの比重が大きい人です。

 

アクセル・トレイシーガンズらと共に、Guns N' Rosesを結成したにもかかわらず、

肥大化したガンズの居心地が悪くなりイジーは脱退。

 

ちょこちょこ復帰したり、現在のガンズにもゲスト出演したりしてますが、

完全な復帰はしてません。

 

ソロを作ったり、レースをやったり、他のミュージシャンとコラボしたり、

好き勝手に生きています。

 

「なれる人生」ではないかもしれませんが、ミュージシャンの人生として

イジー・スドラドリンが一番好きです。

 

ドラッグで死なないで欲しいと思います、歳も歳ですし。