逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

L-リジン1,200mg300錠入りが人気な理由

 

タイトルにしてナンですが、管理人が日ごろ愛飲しているのは、オオサカ堂のL-リジン1,200mgではなく、↓画像のナウフーズ製のL-リジン1,000mg。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20141025214018j:plain

 

100錠入りを2本組みで購入、安かったけどこちらは1,000㎎。

 

L-リジンは1日の上限1,500mgを守りながら、500㎎を2~3回にわけて服用するのがいいんだとか。※あくまでもネット調べ。

 

自分はこのナウフーズのを1日1錠(1,000mg)飲んでいます。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20141123104303j:plain

 

「さし」 の右隣の白い錠剤がリジン。

 

ご覧の通り1錠の大きさが200mm程度ありますので、飲みづらいことこの上ないのですが、噛める柔らかさなのでピルカッターや万能ハサミなどで、切って飲む方も多いです。 

 

噛んで飲み込むという方もオオサカ堂のレビューをみると多いようです。ちなみにオオサカ堂取扱いのL-リジン製品でレビュー件数No,1は以下の製品。100粒と250粒があり、それぞれレビュー合計数1,000件です。※リジン1,000㎎。

  

L-リジン1000mg[SourceNaturals社製]

 

 ナウフーズL-リジンの味の感想は、ひと言でいうと「しょっぱい」ですね。なんていうか「濃い味」食事しているときに味が薄いと感じたときに調味料代わりにリジンどうですか?と勧めたくなります。 

 

亜鉛と並んでリジンが育毛に人気なのは、やはり、ミノキシジルやフィナステリドのブースター的な効果を期待して、でしょうね。一節にはミノキシジルの吸収を高める‥とも(あくまでネット調べ) 

 

オオサカ堂のレビューをみていても、ミノキシジルタブレット・フィンペシア・亜鉛とL-リジンを同時併用されている方が多いです。 

 

ミノタブとの併用で髪が太くなったという声や、ミノタブと亜鉛とリジンで、高校生の頃の毛量を維持している、といった方の声がレビューとして聞かれます。 

 

L-リジンはざっくりいうと、いわゆる必須アミノ酸というもので、人間が生きていく上で、必要な栄養素。つい不足しがちになる。

 

自分もリジンの存在を知って、亜鉛と一緒に買おう!と決めたサプリメント。 値段も安いし、これまで書いてきたメリットもあるし、初心者にもはじめやすい育毛グッズです。 

 

※オオサカ堂の取り扱っているリジンは豊富にありますが、値段と内容量で判断すると1,200㎎のL-リジンがお得に思えます。以下の記事でその魅力をまとめています。

 

Hi-Techi製L-リジン1200mgが飲みやすいらしい - 逃げのAGA自己治療録