逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

【ブログ方針でのお詫び】2015年2月18日現在の管理人の髪の毛の状態を3ショットで考察!

 

昨日のオオサカ堂にボントレスローション入荷の記事で、

3ショット記事を書く、としておきながら、今日にズレこんでしまいました。

まいどの事なんですが、申し訳なく思っております。

 

ですので、ササッと報告しちゃいます、

3ショット画像で本日の管理人の髪の毛の状態をお伝えします。

まずは正面、生え際部分からどうぞ。

f:id:shl77yuqdi4v:20150217100240j:plain

だいぶモサモサ感あふれる写り方になりましたが、順調ではないでしょうか。

やはり「写し方」は重要です、これはちょっと光の関係もあり、地肌がスケて

いますが、実際は透けていません。自分はこれで十分満足であります。そしてM字両サイドへ。

f:id:shl77yuqdi4v:20150217100304j:plain

ちょっと寄りめで写しました。この状態からミノキシジル最強の塗り薬ポラリスNR-10が投入されるわけでした。←過去形である理由は後述。そしてこちら側。

f:id:shl77yuqdi4v:20150217100327j:plain

こちらはあまり変化感じませんね。AGA発症はこちらが古く、10年くらい経過している‥と思います。でも周囲の毛の密度は濃くなってきた‥?どうでしょうか?そして頭頂部、てっぺん部分。

f:id:shl77yuqdi4v:20150217100356j:plain

つむじら辺もやはり光の都合でスカっているように写ってますが、

問題ないと思います。

 

全体的に毛髪の密度がもう少し増加して、生え際・前頭部あたりが

もう少し前進してくれれば、自分としては満足‥ですね。

 

これは勝手な推測なんですが、今の状態をもう少し続ければ、

全体的な髪の密度は今よりも増えると睨んでます。

 

肝心なのは、M字部分ですよね。

ミノキシジル育毛剤でも難儀な箇所です、生え際は。

 

もう少し腰を据えてM字回復に努める必要があります。

まだまだ旅は終わりません、というかAGA治療は終焉はないですよね。

 

終わりなき旅に出てしまった、けど、

旅にでることで得るものがある。

 

仮に効果があって髪が生えたとしても維持しなくてはなりません。

維持することはすなわち治療を継続するということ。

 

治療薬=治療とは言いませんが、ドラッグに頼らない生活習慣や

食生活の改善で維持できればなぁ、と考えています。

 

そうすると副作用リスクの少ないとされるキャピキシル5%の

ボントレスローション、オオサカ堂についに入荷しました。

 

気になるなぁ。つまるところ、AGA治療薬って副作用とガマン比べ、

みたいな局面もあります。キャピシルよさそうだなぁ、ボントレスは安いし。

 

‥ということで、本日2015年2月18日現在の管理人の髪の毛の状況、

ならびに生え具合をご覧いただきました。

 

そういえばつい昨日、注文していたポラリスNR-10が到着したのですが、

ミノタブの件もそうでしたが、ここに来てNR-10はお蔵入りにしようと思います。

 

ブツが到着して冷静に考えたら、フィナステリドは一切やらない、

と過去大体的に宣言したこと、やはりそれは守らないといけません。

 

外用剤だし0.1%だし、ちょっとだから大丈夫、そういう甘えがありました。

 

当ブログのポリシーである、内服は一切やらない、

そしてフィナステリドもやらない、と自分で決めましたので、

 

この後のNR-10は紹介はしますが、使用は見合わせます。

買って満足、と納得します。

 

ここまでブログを継続し300記事を超えてきて、

色々な事がブレはじめたと気づいてはいました。

 

ミノタブに手を出そうとしたり、

フィナはやらないとしておきながら、買ってしまったりと。

 それらの事でお金もムダになりましたが、それは自分への戒めとします。

 

今一度、初心に戻り、

このブログをさらに発展させるためにはどうするべきか、考えたいと思います。

 

ですので、これまで通り、外用ミノキシジル育毛剤はポラリスNR-08と、

ジェンヘアーミノキシジル15%ローションの併用で今後も頑張っていきます。

 

キャピキシル5%のボントレスローションもぜひ、追加したいですね。

 

これは当ブログに集うみなさんが興味ある成分じゃないかと。

キャピキシル成分の性質が、当ブログにもバッチリとハマるので、

興味は以前からありました。

 

本来、ブログポリシーに沿ってチョイスするなら、

ミノキシジル育毛剤より、キャピキシル育毛ローションを使うべきです。

 

ですが、ディーパー3Dならびにザ・スカルプ5.0Cは値段が高すぎる、

というデメリットが非常にネックでした。

 

紹介はしてもいいけど、自分が期待して購入する価格ではないな、と。

 

それにアフィリエイト紹介だけして、自分は使ったことがない、

というのは、あまりにもお粗末ですし、品物自体も売り辛いです。

 

そういう訴求をみるとすぐわかっちゃいますから、

ああ知らないで言ってるなって。

 

そうこうしている内に、つい数日前に、

キャピキシル5%配合のボントレスローションがついにオオサカ堂に入荷。

 

ボントレスローションは、

ディーパー3Dならびにザ・スカルプ5.0Cと同じキャピキシル5%配合。

 

キャピキシルがどんなもんか、とりあえず試してみるなら、

あの2種類より値段が半額以下というボントレスローションが最適だと思います。

 

ちなみにキャピキシル配合の「育毛剤」って、今のところないそうです。

ディーパー3dやザ・スカルプ5.0Cもm実は育毛剤ではありません。

 

販売当初はそう明記していたような気がするのですが‥違うかな?

それに今は「ミノキシジルの3倍」とうたってませんね。