逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、ご了承ください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が外用ミノキシジル+サプリメントを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復ができるか?挑んでいます。このブログではAGA自宅治療法について管理人自身が考え、実行し体感したことを記事に記しています。AGAについて知識を深め、自身の薄毛という悩みを克服すべくこのブログを立ち上げました。2016年2月下旬から実感型サプリメント・モサインを導入し服用しています※モサインはノコギリヤシ系のサプリではありません。

ポラリス×ジェンヘアーが最強の組み合わせ!?同時併用で副作用リスクを減らせる!?管理人の場合

f:id:shl77yuqdi4v:20150110203137j:plain

 

いま現在メインで使用しているミノキシジル育毛剤は、

ポラリスNR-08とジェンヘアーミノキシジル15%ローションです。

 

ミノキシジルタブレット5㎎も買いましたが、すでに過去のもの。

いまだに使う気が起きません。もしかしたら‥と思いますが、

いまはまだその気がないので、無理して使わずにそれでいいと思っています。

 

 

さて本日オオサカ堂にて2万円分のAGA治療薬を発注しました。

 

額も額でしたし本日の購入に関して、改めて自分でふり返っていたのですが、

つまるところ、自分にとっての外用ミノキシジル育毛剤は、

ポラリスとジェンヘアーなんだと感じました。

 

そう思うのは、やっぱり「副作用」の面ですね。

 

あくまで主観、自分の体質なのでしょうが、

ポラリスNR-08とジェンヘアーM15の併用は自分のとって、

ある種「鉄板」のようです。

 

単体で1日2回使っていたら、どちらも使い始めで息苦しさを感じたのですが、

どちらも併用という形にして、1日1回ずつの使用にしたら、動悸的な症状は

感じなくなりました。疲労感もないですね。

 

自分にとって、外用ミノキシジル育毛剤の副作用的な症状は、

動機と疲労感が主に感じた症状でした。あとは頭皮のかゆみかな。

 

頭皮のかゆみははじめてポラリスNR-08を使った数日間は、

それなりにかゆかったですね。よく覚えています。

 

でもいま思えば、はじめて外用ミノキを使ったことによる、

という気もしないでもありません。いまは慣れてしまったのかも‥?

 

オオサカ堂のポラリスNR-08などの購入者レビューにも、

使い始めは色々と感じたけど、慣れたみたい、という声もけっこうあります。

 

まぁ、頭皮のかゆみぐらいなら慣れるのがいいかも知れませんが、

もうちょっと辛い症状の動悸とか浮腫みとか、そういうのに慣れてしまうのは、

個人的には怖いなって思ったり。

 

とりあえず今はポラリス・ジェンヘアーの同時併用で何ら問題なく、

ミノキシジル育毛剤をつかえています。

 

結果的に、ポラリスとジェンヘアーという2種類の同時併用が、

副作用回避へつながっているのかも?と自分は受け取っています。

 

その分費用はかさみますけどね(汗、

でも、いまのところ問題なくミノキを使えているので、

自分は「それで良し」とします。

 

完全に1日1回というのは今までありませんが、

そのペースなら副作用は特に心配しなくてよさそうに思えます。

 

※あくまで自分の主観・体質で、の推測です。

他の方はどうなるかはわかりません。

 

副作用についてはこれぐらいにして、

これからのミノキシジル・フォーメーションとしては、

 

ポラリスNR-08とジェンヘアーM15の「柱」は変わらずに、

生え際部分へのピンポイント爆撃としてNR-10を投入します。

 

個人的にNR-10にはかなり期待を込めてます。

なんてったって業界最高濃度であるミノキシジル16%ですから。

 

3種類を同時併用という展開になりますが、まぁ1本使っただけでは

変化は感じられないかもしれないし、副作用のリスクも高まるかも知れません。

なにせ外用剤といえどミノキシジル16%が追加されるのですから。

 

費用もけっこう掛かるなぁ、フィナでも内服でも構わないという方なら、

自分のように生え際回復目的でAGA治療薬を選ぶなら、

 

フィンペシア+ポラリスNR-10+ミノキシジルタブレットで、

十分効果が期待できそうな予感がします。

 

副作用もかなり強そうな組み合わせですが(汗

自分の場合、フィナステリドがまずダメなので。

 

実は、またパントスチンも始めようかと思ったのですが、

いいお値段するのでね‥でもやはり人気なんです、パントスチンって。

 

これからAGA自宅治療をはじめたい初心者の方で、

フィナの副作用にどうしても不安がある方は、

このパントスチンからはじめてみるのも一つの方法ですよね。

 

フィナと比較して効果は緩やかですが、

成分や方向性がフィナステリドとは違うので、

副作用のリスク回避としてのメリットは大きいです。

 

パントスチンは本来、女性向けの治療薬ですし。

 

管理人もパントスチンを使いながら、抜け毛報告をしてましたが、

自分の場合、しっかり効果は実感できたとおもっています。

 

※AGAには度合いがありますので、特に自己責任で治療をされる方には、

AGA程度の判別がつきにくい・自己流の判断となりますので、

まずはパントスチンからはじめて、様子を見てみるのが確実な方法に

感じます。もちろん、クリニックの検討も忘れずに。

 

※さらに抜け毛抑制の詳細な結果が知りたいかたは、こちらからどうぞ。

kaminoblog.hatenablog.jp