読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、ご了承ください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が外用ミノキシジル+サプリメントを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復ができるか?挑んでいます。このブログではAGA自宅治療法について管理人自身が考え、実行し体感したことを記事に記しています。AGAについて知識を深め、自身の薄毛という悩みを克服すべくこのブログを立ち上げました。2016年2月下旬から実感型サプリメント・モサインを導入し服用しています※モサインはノコギリヤシ系のサプリではありません。

ミノキシジル育毛剤の選び方・今の経験から考えてみた

 

たいしたことは書けませんが、ふと思い立って記事にしてみます。

 

 

さいきんのミノキシジルタブレットの件もあり、

なんというかブログの方向性もふり出しに戻った感が自分の中にありました。

フィナステリドはいまでもやる気が起きませんし、過去の物と踏ん切りがついてます。

 

目次

 

これだけはいいたい!

 

なぜミノキシジルは内服に手をだし、フィナステリドはNGなのか?

 

はじめて当ブログにご訪問される方に向けて今回の記事を書きますが、

やっぱりフィナステリド特有の副作用に大きな不安・恐れを抱いているから。

 

 

自分としてはひと月程度でも外用剤でフィナは経験済みで、

効果は実感できたものの(ブログトップの抜け毛のまとめ参照)P.F.Sといった

重大な後遺症の存在や、今年初めにメディアで報じられたこの件もあり、

自分の中では完全にフィナステリドはNO!という結論に達したと。

※くれぐれも個人的な主観・感想です。

 

じゃあミノキシジルは⁉

 

‥というと、やはり「発毛セクション」を担っているからです。

 

安易・乱暴な書き方をすれば、

フィナといったハゲ止めで抜け毛を抑制できずとも、

結果ミノキで生えていればいいか、ということ。

 

 

もちろん、ミノフィナどちらにも特有の副作用、

なんらかの症状が起こる可能性は大いにあります。

医薬品ですからね、それを自己責任で毎日使うわけです。

 

 

当ブログの常連さんのコメントにもありましたが、

「風邪薬」とは違うんです。しかもミノフィナは毎日飲む・使うもの。

 

 

一度手を付けたら継続しなければ、

効果は得られませんし、効果を維持できません。

 

 

ミノキシジル育毛剤の選び方」というキーワードで訪問される方にとっては、

いきなり釘を差すような文面からはじまって恐縮ですが、

 

人体に影響がある薬を自己責任で使う、

ということを軽々しく考えないで欲しい、そう思います。

 

 

どうしても不安ならAGA専門クリニックも選択肢に加えるのがいいかと思います。

 

ミノキシジル育毛剤の選び方。

 

当ブログは個人輸入代行サイトのオオサカ堂から、

海外製のAGA治療薬を購入しています。

 

 

オオサカ堂で入手する場合の「てい」で話をすすめますと、

 

ミノキシジル育毛剤(外用剤)にはいくつかのメーカーがあり、

そのほとんどが海外製です。日本国内ではミノキシジル育毛剤というと、

「リアップシリーズ」が一番知名度がある医薬品扱いの育毛剤だと思います。

 

 

ですが、ネットでミノキシジル育毛剤の選び方、なる語句を検索して、

当ブログに訪れるユーザーさまは、すでにリアップX5を経験しているか、

それ以上のミノキシジル濃度の育毛剤に非常に興味がある方が多いのではないかと。

 

 

いまやPCorスマホを活用しネットでAGA治療についての基本的な情報が、

手軽に入手できる時代。いまこの記事をご覧いただいている方の中には、

 

電車で移動中の方や、仕事の休憩時間といった「空き時間」に、

記事を読んでくださっている方も多いことかと思います。

 

 

すでにある程度webで検索し、リアップよりも高濃度なミノキシジルを配合した

海外製の育毛剤の存在を知っていて、興味がある。

 

 

↑いまはこの段階かと。AGA治療としては初心者という書き方はどうかと

思いますが、これから始めようと考えている方。

 

 

で、お悩みの箇所は「頭頂部」という方に絞って記事を書いていきましょうか。

まず管理人の最新の頭髪状況(頭頂部)をご覧ください。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150207080012j:plain

 

‥管理人はご覧の通り「てっぺん」は別段薄毛ではありません、

悩みの部位は「生え際・M字部分」です。

 

 

‥が、ミノキシジル育毛剤を頭皮に吹く際に

はえぎわからテッペンまでまんべんなく液を噴射します。

 

生え際のみならずなぜ?育毛剤を頭部全体に使うのか?

 

管理人の好みとしてローションタイプのミノキシジル育毛剤が好みなので、

単純に全体的にスプレーしているのと、ポラリスNR-08を日ごろ愛用しているから。

 

 

※オオサカ堂のポラリスNR-08の説明より、NR-08はオールマイティーに使えます。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150208083051j:plain

 

そしてさらに別のポラリスNRシリーズとの併用で、

頭部全体への効果がより促進されるそうです。

 

 

オオサカ堂のポラリスNR-08のカスタマレビューは

現在900件以上の投稿があります。

 

その中には同時に2種類のポラリスを愛用されている方も多くいらっしゃいます。

 

 

かくゆう自分のミノキシジル育毛剤のお気に入りは、

ポラリスNR-08とジェンヘアー15%ミノキシジルローションの併用です。

昨年12月はじめより、このフォーメーションで育毛に取り組んでいます。

 

※ジェンヘアーミノキシジル15%ローションは、

生え際より頭頂部に特化したミノキシジル育毛剤。

 

 

生え際は問題なくて、つむじ付近の薄毛に悩んでいる方は、

ジェンヘアーも選択肢に入ると思います。

 

 

ジェンヘアー15%も売れている人気のミノキ育毛剤、

オオサカ堂のレビューは500件あり、ポラリス派ジェンヘアー派、

ハッキリわかれるようです。

 

※ミノキシジル育毛剤選びにとって大きなポイントとなる「匂い」

ジェンヘアーは匂いはだいぶ少ないので、朝の出勤前の使用にも最適です。

 

 

自分はジェンヘアーはミノフィナどちらも経験あります。

ジェンヘアー製品はポラリスNRよりも値段がだいぶ安いのも魅力です。

 

  • オオサカ堂、ポラリスNR-08送料込み一本あたり4,480円
  • オオサカ堂、ジェンヘアー15%ローション送料込み一本あたり3,035円

 

※記事作成時のオオサカ堂のお値段です。

 

 

ご覧の通りだいぶ値段に開きが生じています。

どちらも60ml入り、1回の使用にあたり6プッシュ必要=1ml。

 

どちらも1本で30日持ちます、

コスト的にはポラリスNR-08が1日あたり約149円。

ジェンヘアーミノキシジル15%ローションが約101円。

 

だいたい500mlのペットボトル飲料程度のコストで済みますね、

リアップX5で計算してみたいけど、それはご想像にお任せします(苦笑

 

 

ミノキシジル容量はNR-08が7%で、ジェンヘアーが文字通り15%!!

 

 

ジェンヘアーは頭頂部向けですが、生え際にも効果を感じた方の投稿を

読んだことがありますし、効果の度合いは「その人」によるものがあると思います。

 

 

別に優越をつける内容にするつもりはありませんが、

ミノキシジル濃度が業界2番目に高くて(外用剤でMaxは16%)

お値段も安いのがジェンヘアーですね。

 

 

ここまではジェンヘアーベタ褒めな展開なので、

ポラリスNR-08にもフォローを入れると、やっぱり

ミノキシジル育毛剤業界でなんだかんだ利用者が多いのがポラリスでしょうね。

 

 

シリーズ化していてミノキシジル容量も豊富にあるし、

オススメしている媒体も多いのが背景にあるとも言えますが、

オオサカ堂でもっとも人気で売れているポラリスNRはこの「NR-08」なんです。

個人的には2本継続してますし、なんだかんだ気に入っています。

 

どんな経緯でNR-08に至ったか?選び方は?

 

‥それは次回の記事にしましょうか(笑、

記事の計画性を立てずにつらつらと書いてきてしまって

ちょっと長くなってきたので、ここで一旦CMです。