逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

学生でAGAを発症したらどうすればいい!?

 

学生さんということは、高校生から予備校生、大学生‥といった年代の男性‥と過程します。あくまで管理人の予想ですが。 

 

10代後半から20代前半‥という範囲ですね、やっぱりその若い時分にAGA、若ハゲに悩むということは非常に酷、です。 

 

ブログ管理人は、十代後半からシャンプー時の抜け毛がひどくなり、排水溝にたまった抜け毛をみるのが怖くて仕方ありませんでした。 

 

幸運なことに、それからずっと継続して抜け毛が続いていたわけではなく、数年前からまた抜け毛が気になって、どうやら生え際部分からキてるなと、気づき始めました。 

 

学生さんでAGA発症となると、昔に比べいまは便利な時代ですので、その気になれば皮膚科やAGA専門クリニックといったところで治療が可能です。 

 

近場に評判の良いAGAクリニックが皆無、と言う方は、まず最寄りの病院の皮膚科のお医者さんに相談してみましょう。

 

専門のクリニックは医師の適切な診察を受けられますので、安心感が高いですが、治療に掛かる費用は保険が適用されないので基本的に全額負担、になります。 

 

費用については、治療される本人の経済状況が大きく影響すると思いますが、ネットでリサーチした結果、1か月あたり2~3万円程度は掛かりそう。 

 

成人男性ならばミノキシジル・フィナステリド(プロペシア)といった、海外のAGA治療薬を個人輸入という形で取り寄せて購入し、自己責任で治療に取り組んでいる方も世の中には沢山います。 

 

とにかく若いうちから若ハゲとなると、年齢も若いだけに、女性からの視線が気になって仕方ありません。 

 

この女性からの視線というのは、一切面識のない、街での通りすがりの女性からの目線です。何よりこれがキツイのです。薄毛人間には。

 

モテたい盛りなので、そんな状況にハゲている場合じゃない!?ってなります。