逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

今流行りのグロースファクター(成長因子)2%配合のポラリスがあった!

 

「成長因子」ってさいきんよく聞くキーワードですよね。 

 

みんなだいすき、キャピキシルにも、この成長因子ってワードがクローズアップされていたように思います。

 

Yahoo!で成長因子・グロースファクター?について検索してはみたんですが、正直よくわかりませんでした。「成長因子」の検索結果 - Yahoo!検索

 

でもなんとなく解釈はしています。なにせ「成長因子 発毛」という関連ワードもあるぐらいですから。まぁそういうことだろうかと。 

 

そんな話題の成長因子が2%も配合されている、ポラリスシリーズがあったことに気がつきました。 

 

そういえば、という感じよりも、ああそうだったの!?という感じですけどね(汗、自分的には。 

 

そんなポラリスにも配合されている成長因子とは、サイモシンb4ポリペプチドという成分です。それが2%入っているそうで。オオサカ堂の

 

商品説明ページによると、

 

f:id:shl77yuqdi4v:20141213221330j:plain

 

なんだそうです。 成長因子・ポリペプチドについてはYahoo!で検索するとこうです。ご理解いただけたでしょうか?自分はまだあまり理解できていません、よさそうなのが入ってるんだね!‥と。

 

‥というわけで、ご紹介が遅れましたが、そのサイモシンb4-ポリペプチド成長因子が2%も配合されているポラリスとはあのポラリスNR-09です。

 

海外のミノキシジルでは2番目に高濃度な、ミノキシジル15%配合のローションタイプの外用剤であり、オオサカ堂で一番売れているポラリスシリーズがNR-09です。

 

※このところ、当ブログでNR-09推してますけど、特に意図はありません。

 

ただ、Genhair M15のスプレーが詰まりやすいクソだったので、頭きてM15は継続せずNR-09に移行しようかな‥という興味はあります。何気なくそんなNR-09について復習していたら、「成長因子配合」という事実を再認識したので、記事にしてみた次第であります。

 

今日も夜にM15使ってますけど、もうスプレーは諦めてスポイト使用です。個人的にはあまりスポイトの使用感は好きじゃありません。

 

そうそう、年末年始の休みをもらったら寒いですが、頭を丸めようと思っています。

 

坊主ならスポイトでもやりやすい気がしますが、スプレー派なのは揺るぎないので、そのどうでもいい決心はかわりません。あのスプレー噴射のワイドに行きわたる感覚が好きなのです。 

 

当初大絶賛していたGenhair M15もわずかな使用にとどまりそうです。スポイト使用ならなんの問題もないので、そこ「大人」になって、スポイトでもいいよ、と考え直したら継続使用しますが。

 

※2017年10月31日追記で、オオサカ堂のポラリスシリーズの取扱いは終了する方向です。この追記時、オオサカ堂でのポラリス以外の外用ミノキシジルスプレーはドクターゼロ、フォリックスがあります。

 

・ドクターゼロはミノキシジルに加え、デュタステリド他の配合の外用スプレー。ミノキは5%と7%が現在ラインナップされています。デュタステリド配合の外用ミノキスプレーは数少ないです。⇒[ドクターゼロ]5HP/7HPの製品詳細ページ

 

・フォリックスは現状、ミノキシジル12%、15%、16%(クリーム)の3種類のラインナップ。内容的にポラリスシリーズを彷彿とさせる外用剤(スプレー・クリーム)となっています。⇒フォリックスFR12ローションをはじめとしたフォリックスの製品詳細ページ

 

ポラリス終了の件は残念ですがユーザーにはどうすることもできません。すでに外用ミノキを愛用されている側にとっては次なる製品を使うしかありません。やめたらこれまでの努力も水の泡ですからね‥つらいです。