逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

キャピキシルの謎が明らかに

 

たいそうな記事タイトルにしちゃいましたが、

個人的な キャピキシルの謎が本日解明されました。

 

‥というか、キャピにあまり興味がなかったので、自分が単純に、

ザ・スカルプ5.0cやディパー3Dについての情報をあつめてなかっただけ、

というオチでした(汗、怒らないでくださいね(汗

 

個人的に「?」と思っていた、

ザ・スカルプ5.0cのLP(商品説明ページ)の、パーセンテージ表現。

 

有名医薬品育毛成分が52%

キャピキシルが154%

 

‥というくだりです。これって何のこと?

 

‥「3倍」って言いたいんだろうけど、

いきなり154%といわれてもどういうことなの?

 

‥と。キャピ系の育毛剤って、アフィリ報酬高いけど、

過去記事にも書いたとおり、今はアフィリする気もないし‥で、

上記のくだりについては特に裏付けをとらずにいました。

 

販売元のメーカーさんより、昨日営業があって、

そのメール内にその件について書いてありました。

 

以下、丸々抜粋です。

メーカーさんより、以下は自由に使っていい内容です。

 

効果に関しても、キャピキシルの原料メーカーが、
人の毛包細胞に対して、アセチルテトラペプチド-3を添加した後、
8日間の拡張を測りました。


また、ミノキシジル配合医薬品育毛剤との育毛効果も比較しました。

その結果どうなったかと言いますと、

 

・毛包の拡張効果
無添加に比べ、+35%の拡張効果が見られました。

 

・育毛効果
ミノキシジル配合医薬品育毛剤⇒ +52%
アセチルテトラペプチド-3 ⇒ +156%

アセチルテトラペプチド-3の添加によって、
目覚ましい育毛効果が見られました。

 

つまり、ビオカニンAとアセチルテトラペプチド-3を配合したキャピキシルは、ミノキシジルの3倍に相当する育毛効果が確認されているのです。

 

なんだそうです。

 

‥というか、上記の文面って、まんまみたことある!

という方もいらっしゃるでしょうね。まぁそういうことです。

自分はこのメールで初めて知りました、遅いですか?(汗

 

それに、自分がリサーチしていた時は、

ハッキリ「ミノキシジル」と販売ページに表記していたのですが、

今はミノキシジルとは書いてませんね。

 

※楽天にも公式ショップがあって、ついこないだまで

楽天の方にはミノキシジルと出していたんですけど。

こっちの謎は解明されてませんが、まぁいいです。 

 

でも、人それぞれですけど、

ディーパー3Dもスカルプ5.0cもそろそろ発毛結果報告があってもいい頃‥?

まだ早いかな?年明けには期待したいですね。

 

もちろん効果があったらチカラいれますよ、

やっぱり副作用にビビってるくらいですから。

 

それに女性にもウケが良さそうですし。

 

とりあえず、もう少し様子見ですね、キャピキシルは。

それとディーパーは知りませんが、

スカルプ5.0cは医薬品でもなんでもありません。

 

まぁ、生えりゃ、モノの区分が医薬品だろうが、

医薬部外品だろうが、化粧品だろうが、構わないですけど。

 

※本記事の内容は記事作成時の情報です。ご了承ください。

 

※育毛経験者41人にアンケート!!自身が経験した一番辛い思い出は○○‥