逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

【P.S.F.等】ネット情報のみで完結しがちなAGA自宅治療だからこそ忘れたくない思いがある

 

※2015年7月31日追記で、その後のフィナステリド製剤についてのetc‥

kaminoblog.hatenablog.jp

 

f:id:shl77yuqdi4v:20150213180735j:plain

 

どんなきっかけでミノキシジル・フィナステリドを知ったのか?

‥もありますけどね。

 

 

自分の場合は過去記事にもしていますが、

数年前にシャンプー比較をしていたとき。

 

 

ネットで気になる、

シャンプーの口コミ情報をチェックしていた時に、

日々のミノフィナ治療を報告しているブログに、

出会ったことでした。

 

 

気になるシャンプーの銘柄を検索してたら、 

 

日ごろミノフィナを使っていて、シャンプーはこれで洗ってます。

という記事が引っかかって‥と。

 

 

当時は、

いまよりも「育毛シャンプー」という呼び方が、

疑いもなく定着していて、

 

自分にあった高品質なシャンプーで洗えば、

また髪が生えてくるんだと信じてました。

 

 

元々、自分は乾燥肌というよりも脂性なので、

シャンプーで毎日洗っていても頭皮の脂が多すぎて、

それが悪さしているから、すぐ髪が抜けるんだと思ってました。

 

 

過去記事にも書いてますが、

とうぜん薬用スカルプDも買いました。

定期購入して長い間継続してましたね。

 

 

スカルプDシャンプーはぶっちゃけ値段は高いものの、

悪い物とは思いません。

 

 

個人的に、スカルプDはもとより、

高品質なアミノ酸系シャンプーが好きなんですね(苦笑

 

 

市販されているシャンプーすべてがダメとは言いません。

シャンプー成分については、これも深い話になっていきますし。

 

 

‥ちょっと脱線しかけてるので、次に行きます。

 

 

シャンプーについての口コミを探していたら、

ミノキシジル・フィナステリドというもので、育毛できるらしいと。

 

 

そして自分の場合は、AGA(男性型脱毛症)なんじゃないかと。

 

 

AGAのホームページにてかんたんなチェックをして、

AGAである可能性が‥という結果だけで確信しちゃいました。

 

 

ですので、本当に自分がAGAなのか?は不明です。

クリニックにも行ってませんし。

 

 

でも上記のような判断の度合いって、

けっして自分だけではないハズ‥!?

 

 

髪が抜けて悩んでいる、

多くの男女が「思い込み」で、

自分はAGAだと判断し、

 

オオサカ堂などの個人輸入代行サイトから、

海外のAGA治療薬を取り寄せて、ネットの情報を

主に参考にして自己流で治療をしている‥

 

 

※書いていてナンですが、自分も同じです。

 

 

で、この便利な世の中ですから、

多少は、誰もが、ミノフィナやAGA治療について、

ネットで調べたことがあるでしょう。

 

  • AGAとはどんな症状か?自分があてはまるか?
  • AGA治療にはどんな方法・手段があるのか?
  • ミノキシジル・フィナステリドとは?
  • ミノフィナの副作用ってどうなの?
  • 実際に治療に取り組んでいる人の成果は?

 

他にも、人それぞれの思い・考え方がありますので、

上記に挙げたケースだけではありませんが、

とりあえず、こんな感じでしょうか。

 

 

自分の場合は、

こんなブログをやっているぐらいですから、

ミノフィナの副作用について大きな不安がありました。

 

 

たいていの人は、ブログで日ごろの治療の成果を報告し、

治療薬のアフィリリンクを貼っているのもあり、

 

副作用についてもちろん取り上げるものの、

やっぱり「書き方・説明の仕方」があります。

 

 

仕方がないことです、自分もあまり言えません。

特別、売ろうとはしてませんが、記事にリンクを貼ってますから。

 

 

‥まぁこの話題も長くなりそうなので、次へ。

 

 

ミノフィナを知り、副作用・なんらかの症状を知る。

 

 

髪か身体か、どちらをとるか?と

言われたら、もちろん身体をとります。

 

 

キッカケを知り、

さらにネットで副作用について、

症状や事例を調べる日々。

 

 

副作用について、色々情報が集まってきます、

軽度のものから、「P.F.S」といった後遺症と呼べる重いものまで。

 

 

特にPFS(ポストフィナステリド症候群)については、

「ネット」でそれなりに多くの情報が入手でき、

 

AGA自宅治療系のブログなどでも、

たびたび議論の対象になっている症状です。

 

 

現状では、PFSの存在はどうとも言えない、という印象です。

 

 

自分は「ネットの情報」という、とらえ方もしていますが、

国内と海外では温度差も感じる気がします。

 

 

もちろん、自分は海外の言語は理解できませんので、

国内の情報だけを仕入れて、精査するしか手立てがありません。

 

 

大半のAGA治療薬が「向うの製品」なので、

その国の言語が理解できたら、海外のAGA治療法事情が

より理解できるのにと。

 

 

それでブログ作ったらかなりの人気ブログになれそうです。

いま把握しているだけでも、その方向性のブログは皆無です。

 

 

お金の話は敢えてしませんが、

ヤフカテには余裕で通るでしょうね。

 

 

自分も翻訳できるライターさんに記事を外注して、

ある程度費用をかけて作ってみようかと検討しています。

 

 

某SEOブログになぞらえて、

海外AGA情報ブログみたいな感じで(鈴木さん、すいません‥)

 

 

とりあえずYahoo!で「Post Finasteride Syndrome」を検索してみると、
Yahoo!検索 - Post Finasteride Syndrome(Yahoo!の検索結果です)

 

 

実に約372,000件の情報がヒットする状況です。(2014.11.21現在)

 

 

もちろん、言語が言語ですから、

大半が向うのページです。

 

 

そして、この全ての件数が、

PFSについての有益な情報ではありません。

 

 

自分は性格柄もあって、ミノフィナは外用剤、

そして少し前にフィナ自体中止しました。

(今は急きょつなぎでNR-11使ってますが)

 

 

ネットからの情報だけで、

完結しがちな自己流AGA治療ですから、

 

自分はポストフィナステリド症候群は「ある

として、フィナをやめる決断しました

 

 

自己流でAGA治療するなら臆病さと覚悟が必要だと思います。

 

 

覚悟とはすなわち熱意かも知れません。

自分はすこし欠如しています。

だから防御の姿勢なんです。

 

 

でも何事も「気持ち」なんでしょうね。

自分が言えたことじゃないですが。

 

 

ミノフィナを知ってまずしたことは?

 

「ネット検索」ですね。

 

きっと、みなさんもそうじゃないですか?