逃げのAGA自己治療録

「※当ブログに書かれている内容はすべて管理人個人の主観です、当ブログ内容はあくまで参考程度に留めてください」副作用が怖いチキンなブログ管理人が主にサプリメント+αを用いて、どこまでAGA・薄毛の回復が望めるか挑んでます。

今までの常識を覆した男女兼用育毛剤パントスチンとは!?成分は?副作用は?

 

ボクシング山中選手、

防衛成功はよかったですが、

記録更新ならず残念です。

 

 

相手選手も実績もあり、

ランキング1位だけあって、

とてもいい選手・イヤな選手でした。

 

 

自分は、挑戦者のような、

前の手を下げ、身体を左右に振って、

距離を上手くはかりながら、

様子をみる・かいくぐるタイプの選手は苦手です。

 

 

なにより、ダウンしても、打たれても、

前に出て、強烈なパンチを放つ、

気持ちの強さ・スタミナに関心しました。

 

 

選手同士のファイトスタイルの違いがあり、

いかに距離を制すかのせめぎ合い、

が、最終ラウンドまで続き、

記事書くのをそっちのけで試合を観ていました。

 

 

山中選手、最終ラウンド倒すか、

という場面がありましたが、

惜しかったですね。

 

 

なによりも、山中選手のミスで

カウントが止まってしまった場面は悔やまれます。

 

f:id:shl77yuqdi4v:20160805210657j:plain

 

さて、ここ最近、同じ志を持った方と

コメントで育毛法についてやり取りしています、

いつもありがとうございます。

 

 

その中で話題になっている、
外用育毛剤のパントスチンが気になっています。

 

オオサカ堂には192件のパントスチンのカスタマレビューがあります。

 

このパントスチン、存在自体は把握していました。

 

ですが、自分は副作用が怖いとしておきながら

一度はフィナステリドを試したい、という気持ちが

少なからずあったので、

 

外用フィナステリドのジェンヘアーFIN025を、

オオサカ堂でみつけて購入し、初フィナ・デビューをしました。

 


‥とその時に、最後までジェンヘアーと購入を迷ったのが

このパントスチン(Pantostin)でした。

 


この手のAGA治療薬って、

圧倒的に、フィナステリドとミノキシジルが人気、

というか、知名度が高い印象を持ちますが、

 

※ミノフィナについては、やはり日本皮膚科学会の

男性型脱毛症診療ガイドラインの結果報告が大きいでしょう。

医学的に認められている成分ですから。

 

 

それ以外のAGA関連の外用品を調べていくと、
今回挙げた、パントスチンのほかに、

 

  • ジェンヘアー スピロノラクトン5%クリーム
  • プロフォリカプロテクトリキッド
  • スペクトラルF7

 

‥など興味がある・使ってみたいものはまだまだたくさんあります。

 


名前を挙げといてナンですが、

これらの効果のほどは、

自分が使ってないのでどれも未知数です。

 


いくらネットで、生えた!、とか、効果があった、

という感想や体験談レビューを目にしたところで、

それが、自分にも効果があるのかどうかは、

やってみるまでわからない。

 

実際に使ってみて、効果があった物が、自分にとっての正解

 

なので、やはり使ってみるしかないんですよね。

他の外用剤についてはまたの機会に。

 


‥ハナシがズレましたが、気になる育毛剤のパントスチン、
どんなモノかざっとあげてみます。

 


オオサカ堂での商品説明によると、
パントスチンは、女性向けの脱毛症治療ローションになります。


※女性用という「てい」ですが、男性も使用可能だそうです。

 

 

パントスチンの主な成分は「アルファトラジオール」です。

?‥どこかで聞いたような成分名だな、と思ったら、先日届いたポラリスNR-11にも、

このαトラジオールが配合されていました。


※Polaris NR-11に配合されているアルファトラジオールは0.05%です。

 


この謎の成分アルファトラジオール、

一体どんな働きをするかというと、

(同じくオオサカ堂の説明から)

 

局部的に5αリダクターゼを阻害し、テストステロンから毛根を傷めるDHTへの変換を阻止する作用があるとされています。

 

だそうです。主成分のアルファトラジオールが、

あの悪名高き、DHT(ジヒドロテストステロン)

を抑えてくれるそうです。

 

 

気になるパントスチン使用による副作用、については、

いま現在、調べている状況では、

 

フィナステリドやミノキシジルのような症状が

出たという口コミは目にしていません。

 

 

そもそも、パントスチンのアルファトラジオールという成分は、

女性ホルモンのくくりに入るらしく、フィナステリドやミノキシジルとは

別の働きかけをするそうです。

 

※パントスチンの詳細や、

副作用の可能性については、

まだまだ調査中です。

 


なにより実践された方が少ないので、

情報も限られている印象を受けます。

 


パントスチンは内服ではなく外用育毛剤ですので、

その点からも副作用回避の利点は期待できそうですが、

もう少し情報が欲しいところ。

 

 

2014.11.3追記で、パントスチンをオオサカ堂から注文しました。

まだ到着していないのでレビューはまだです、今しばらくお待ちを。

kaminoblog.hatenablog.jp

 

 

 それとNR-11を昨日から夜限定で使用しています。

もう少し使ってからレビューしたいと思います。

 

2014.11.5追記で、

パントスチンようやく到着しましたので詳細レビューしました。

kaminoblog.hatenablog.jp

 

オオサカ堂には192件のパントスチンのカスタマレビューがあります。